自営業でもカードローンでお金を借りられる?

自営業はカードローンの借り入れが難しい?

一般的に自営業者はサラリーマンや公務員と比較してカードローンの審査に通りづらく、お金を借りにくいと言われています。それを聞くと「自営業者はみんなカードローン会社や銀行などの金融機関から嫌われているんだ」と思う人もいるかもしれませんが、そういうわけではありません。

あくまでも「返済能力」という観点から自営業者は全体的に収入が不安定な方が多いから慎重になっている、という理由からです。カードローンでは必ず申込者の返済能力を入念に審査します。ここでいう返済能力は「収入が安定しているか」「毎月決まった収入が得られているか」ということです。自営業のスタイルにもよりますが、ほとんどの人は決められた給料日があるわけでなく、月々の収入が一定でない、変動しがちなものです。カードローンを利用すると毎月決められた金額を返済しなくてはならないわけですので、自営業の審査が慎重になるのも仕方がありません。

●収入の多さより安定感が大事?
自営業者の中には一般的なサラリーマンや大企業に勤める正社員、公務員よりも収入があるにもかかわらず審査に通らないこともあります。しかし多額の収入がある月もあれば、ほとんど収入の無い月もあると審査が厳しくなることもあります。そうなると借り入れの審査が慎重になるのもうなづける部分があるのではないでしょうか。

●自営業は収入証明が必須!
自営業者がカードローンの審査を受けるときには収入証明が必要不可欠となります。一般的なサラリーマンやアルバイト、パートの場合だと「50万円以下の借り入れなら収入証明は不要」としていることが多いのですが、自営業に関しては借り入れ希望額に関わらず、必ず提出しなくてはなりません。収入証明には確定申告書源泉徴収票が必要となってきます。これらの収入証明証をチェックし、どれくらいの期間自営業として生計を建てているのか、安定した収入を得られ続けているのか、トータルでどれくらいの稼ぎがあるのかなどを審査しています。

●実績年数も重要に
自営業者がカードローンの審査を受ける際には実績年数も重要となってきます。一般的には「勤続年数」として見られる部分で、サラリーマンの場合だと1年以上の勤続年数があればまず問題は無いと言われています。状況がよければ半年以上の勤続年数があれば審査に通ることも。しかし、自営業の場合は半年の実績年数だけでは足りないと判断されることがほとんどです。合格ラインだと言われている1年以上の年数があったとしてもそれだけでは不十分だと判断されてしまうことも。ですので、少なくとも1年以上、できれば2年から3年以上自営業を続けられている人でなければなかなか審査に通らないかもしれません。

●事業者向けカードローンを考えてみる
自営業者のカードローンの審査は一般的な正社員と比べるとハードルが若干高いのですが、もちろん審査に通らない、というわけではありませんし、借入希望額を極端に大きくしなければ特に問題なく通ることも多いです。しかし、カードローン会社の本音としてはフリーローンを利用するのではなく、事業者向けのカードローンを使って欲しい、というところも多いです。こちらはフリーローンのカードローンとは違って使い道が自由、というわけではありませんが、自営業者でも審査に通りやすいですし、借入金額が大きく設定しやすいのもポイントです。状況に応じて最適なものを選んでいきましょう。

一般的なカードローン 事業者向けカードローン
借入金額 1万円から300万円程度がほとんど 10万円から500万円程度が多い
金利 ほぼ金利上限法のまま ほぼ金利上限法のまま
利用目的 基本的に自由で内容が問われることはほぼ無い 事業向けの利用目的のみ

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。