勤続年数が短い人でもカードローンでお金を借りられる?

勤続年数が短いほどカードローンの審査に通りづらくなる

カードローンの審査では、勤続年数の長さが非常に重要となってきます。勤続年数が長いほど、審査に有利に働く傾向があります。ではどうして勤続年数が長ければ長いほど、カードローンの審査が通りやすくなるのか、といえば「きちんと返済できる人を選びたいから」です。勤続年数が長ければ、今後もその仕事を続けることが見込まれて、継続的な収入が得られる、つまり十分な返済能力を持ち合わせていると判断することもできます。しかし一方で勤続年数が短いと、転職することが多かったり、リストラされやすいのではないか、と考えられて審査に通りづらくなることもあります。

●審査の目安となる勤続年数は?
このように、カードローンの審査で勤続年数がとても重要になることが分かりました。ではどれくらいの勤続年数だと審査に通りやすいのか、あるいは通りづらいのか気になるところです。もちろん勤続年数はあくまでも審査項目のひとつであり、さらにそれぞれのカードローン業者によって項目ごとの審査のウェイトが異なるので明確には言えません。あくまで目安として次の表を参考にしてみて下さい。

勤続年数 審査への影響
3年以上 勤続年数が3年以上あれば、まず問題無いと言われています。これ以上になってくるとプラスの評価に繋がることも。
1年以上 審査の合格ラインだと言われているのが1年です。これはサラリーマンの場合で、自営業者はもう少し必要になることも。
半年以上 最低ラインとして設定するカードローン会社がほとんど。短いと判断されることの方が多いかもしれません。
半年未満 勤続年数が短いと判断されます。他の項目は合格ラインを保っていてもこれが原因で審査落ちする可能性もあります。

この表のように、最低でも半年は勤続年数が欲しいところです。1年以上の勤続年数があればカードローンの審査も比較的安心できるラインだと判断できます。3年や5年の勤続年数があれば審査でプラスになることもあるので勤続年数の長さはとても重要だと言えます。

●勤続年数が短い人はどうすれば良い?

カードローンの利用を検討しているけれど、残念ながら勤続年数が短い人はどのような対策を取るのが良いでしょうか。もしも1年未満や半年未満の場合は次のような点を考えてみましょう。

・時期を見送る
最も有効なのが時期を見送ることです。もちろん「今すぐにでもカードローンが必要!」という方は厳しいかもしれません。ですが勤続年数が短い状態で無理をして審査の申込みをしても、通らないだけでなく信用情報機関に記録が残ってしまうことになり、デメリットの方が大きくなってしまうかもしれません。とりあえず、まずは勤続年数半年を目指して、あるいは1年を目指して働き続ければ審査をパスする可能性が高くなります。

・希望額を低くする
勤続年数が短いと審査に通りづらいのは間違いありませんが、希望額が少なければ審査に通ることもあります。勤続年数が短いのに「100万円借りたい!」と言うのでは厳しいかもしれませんが「3万円借りたい!」というケースなら通ることもあります。必要最低限の希望額を設定してみましょう。

・短期間に多くの申込みはNG
勤続年数が短いうちはカードローンの審査に落ちてしまう可能性が高いです。そのため、落ちたらすぐに他のカードローン会社に申込み、あるいは一度に複数のカードローン会社に申し込む人もたくさんいます。しかしこれは絶対にNGなんです。申込み情報や審査結果は信用情報機関に残ってしまい、これは消費者金融ならいつでも好きなときに閲覧できます。つまり「どこにも審査が通らないのに余程お金に困っているのか」「多重債務にならないか注意が必要」と警戒される可能性も出てきます。多くても1ヶ月に2~3件まで抑えるようにしましょう。

このように、カードローンの審査では勤続年数の短さが重要な鍵となってきます。もしも通るか不安に感じる人は、各消費者金融のホームページなどに用意されている仮診断を利用してみてはいかがでしょうか。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。