借りたお金の使い道にはどんなものがある?

住宅ローンとフリーローン イメージ格差はなぜ生じるか?

「住宅ローン」と聞いて、悪いイメージを抱く人はあまりいないですよね。しかし、「フリーローン」と聞くとなんだかよい感じがしないのは、私だけではないはずです。

こうしたイメージの違いは一体なぜ生じるのでしょうか。実際のところ、「フリーローン」と「住宅ローン」はどのような違いがあるのでしょうか。イメージにとらわれず、実際の違いを理解するなら、賢くローンを利用することができます。では具体的に、この二つのローンにはどのような違いがあるのでしょうか。すこし見てみましょう。

「使用目的が明らかなローン」と「使用目的が明らかではないローン」の違い

ローンにはたくさんの種類があり、それぞれが持つイメージもさまざまです。「住宅ローン」や「教育ローン」などは堅実なイメージを持ちます。しかし、「フリーローン」「キャッシング」または「カードローン」などはあまりイメージが良くありません。

その理由として一つ挙げましょう。「住宅ローン」などは使用目的が明らかにされています。
それに対し、「フリーローン」は使用目的が明らかにされていません。「フリーローン」は「住宅ローン」とは違い使い道に制限がないので、無計画に融資してしまいがちになり、結果イメージもダウンするわけです。

想像しやすいと思いますが、どんなものでも使用目的がはっきりしているものであれば、私たちもそれを使用するときに不安を感じることは少ないはずです。しかし、使用目的がわからないものを用いるときどうでしょうか?「何に使うの?」「どのように使用するの?」などと一抹の不安が生じるものです。

「フリーローン」という商品にそうしたイメージがついてしまっているのは事実でしょう。ではイメージとは別に、実際にはどのような違いがあるのでしょうか。

イメージと異なる実際の違い

【融資額】
「住宅ローン」と「フリーローン」の最大融資額を比べると、圧倒的に「住宅ローン」の方が高く設定されています。銀行の「フリーローン」の融資額は最大で数百万円までです。

【金利】
「住宅ローン」の金利のほうが「フリーローン」の金利より安くなっています。これは、「住宅ローン」の方が金額が大きく、長期間をかけて返済しなければならないからです。

【審査・利便性】
「フリーローン」は審査が通りやすいという特徴があります。「住宅ローン」に比べると融資できる金額が低いからです。また、「フリーローン」は使い道に制限がないため、利便性が高いといえます。それに対して、「住宅ローン」は当然ながら家を購入するための金額にしかあてることができません。

違いを理解し、賢く利用する

このように、「フリーローン」は使用目的が限定されないという利便性を持ち、「住宅ローン」に比べて、比較的審査が通りやすい利点があります。その代わり最大融資額が「住宅ローン」に比べて低いことや金利が割高になることを頭に入れておきましょう。

例えば、入院、旅費、冠婚葬祭、飲み会の費用に至るまで、一時的に必要になった金額を融資できます。では、「住宅ローン」を利用しながら「フリーローン」を利用することは可能なのでしょうか。

「住宅ローン」と「フリーローン」の併用は可能なのか

住宅ローンを利用している人が、フリーローンを利用することは可能です。一定の条件を満たしていれば、融資をすることができます。しかし、「フリーローン」を利用している人の場合、「住宅ローン」の審査が通りにくくなります。「住宅ローン」の融資金額が多いので審査が厳しいのです。

「フリーローン」は「キャッシング」とも違う

もう一つ覚えておきたい点として、「フリーローン」は「キャッシング」とも違うということです。「フリーローン」の融資制限額は「キャッシング」より高く、なおかつ低金利です。そのため、審査には普通1週間ほどかかります。

また「フリーローン」は「キャッシング」とは違い、追加で融資することができません。「フリーローン」は追加したい場合、また審査を受けなければなりません。それで、ある程度まとまったお金が必要になった時、前もって返済計画をしっかり立てる必要があります。

「フリーローン」には担保が必要になることもあります。担保があるならより低い金利で融資が可能になります。

イメージにとらわれないで、自分に合ったローンを選ぶ

早くて便利な「キャッシング」に比べると「フリーローン」は審査に時間がかかりますし、「住宅ローン」などの目的がはっきりしているローンに比べるとイメージもあまりよくないかもしれません。

でも実際は、「フリーローン」は「住宅ローン」や「車ローン」など使用目的が限定されているローンと異なり、状況に合わせて対応できるという大きな利点を持っています。ローンをイメージで決めつけるのではなく、それぞれのローンの特徴をよく知る事が必要です。

そうするなら、用途に合わせて、自分にぴったり合ったローンを選ぶことができるでしょう。

0

お香典なしは常識はずれ。急な出費にはカードローンを利用しよう!

急な不幸ごとにはカードローンで賢く対応

 
人の不幸というのは、いつ訪れるかわからないものです。家族以外でも、友人や同僚など急な不幸があった時には、気持ちを伝えるためにお葬式に参加するのではないでしょうか?そんなときに困るのが“お香典”ではないでしょうか?突然やってくる不幸ごとには備えがない場合が多いです。そんなときに利用すると便利なのがカードローンなのです。
 
 

お香典は社会人としてマスト

お香典の心配をすることもなく葬式に参加できるのは、学生時代までです。社会人になるといくらお金がなくても手ぶらで葬式やお通夜で参加することはできません。手ぶらで参加しよう日には“なんて常識のない人”というレッテルを一生張られてしまいます。特に日本人は礼儀やマナーを大事にするために、お金がないからしょうがないでは済まされないのです。
また特に人の不幸ごとでケチるというのは、もってのほかです。急な出費に対応できるたくわえがなくても、不幸ごとがあった人には関係ありません。気持ちが大事なのは確かですが、気持ちはお香典という形でしか表せないとも言えますね。お香典は社会人として良い人間関係をきずくためにはマストなものなのです。
 
 

お香典の相場とは?

お香典は 血縁関係の濃さや普段の付き合いなどで左右されます。基本的には親しいほど、多めの香典となるでしょう。お香典の相場は、3,000 ~ 100,000円となっており、常識をもって対応するのが大人のマナーです。お香典の金額次第では今後の付き合いも変わってくることでしょう。
あまり親しくない相手なのであれば、お香典は3,000~5,000円程度、血縁者であれば最低1万円からです。知り合い程度であれば生活費からのやりくりも可能ですが、親族のためのお香典となるとそうもいかない人が多いことでしょう。
 
 

お金がないので香典は無し!はない!

いくら生活が苦しく手もお香典なしで済ませるのは、親族の方に失礼ですし、自分の立場も悪くなってしまいますね。通夜や葬儀は故人との最後の別れの場です。社会人として納得できる金額を包みたいものです。
お金がどうしても用意できないのであれば、カードローンが便利です。もちろん身内や友人に事情を話し、お金を借りることもできますが事情が許さない場合や他の人に頼りたくない時もあるでしょう。銀行のカードローンや消費者金融のローンであれば、即日で利用できることも多くお香典程度の少額であれば融資してもらえる可能性は高いです。主婦やアルバイトなどの収入が限られた人でも融資してもらえる金額です。
 
 

上手に無利息で利用する

お香典の金額の借入であれば、すぐに返済を行える場合も多いでしょう。そんな場合は 一定期間無利息でお金を借りられるカードローンも沢山あります。審査に通ることも大事ですが、返済のことも考えて賢く利用していきましょう。
お金がないので葬式には参加できない!という非常識な行為は避けて、カードローンを上手に利用して大人としての責任を果たしましょう。

0

お金がなくてもカードローンでご祝儀を出せる

ご祝儀が払えなくて結婚式に不参加は時代遅れ?!

 
友人や親族の結婚はうれしいものの、お祝金の出費に対する負担はかなりのものになります。しかも年に何回も結婚式に招待されることもあり、続けて結婚式があれば必要となるお金はかなりの額になります。お金はなくてもご祝儀を少な目に出すことはできませんね。そこで便利なのがカードローンです。
 
 

ご祝儀にかかるお金

結婚式1回に参加すると、ご祝儀が3万円。それに加えて交通費や衣装代、セット代などを合わせると軽く5万円は超すのはないでしょうか?さらに親族の結婚式となるとそれなりの金額が出ていきます。家族で招待されるとなると、かなり痛い出費です。結婚式のご祝儀のために貯金があればいいのですが、貯金が底をついてしまったり、生活費の中からねん出するとなると、生活さえできなくなることも。そんなときにカードローンでお金を借りると便利と感じる人も多いのです。

友人・同僚 3万円
従妹 3万円
甥・姪 5万円
兄弟 10万円

 
 

借入額が低いので審査に通りやすい

借入したいけど、審査に通るかどうか心配という人もいることでしょう。ご祝儀の分だけの借入であれば、何度か結婚式があったとしても10万円以下の借入で済ませることができます。カードローンの審査について心配する方もいるかもしれませんが、今は無収入でも借り入れができる時代です。過去にトラブルや現在借入しているカードローンがなければ、審査には通りやすいでしょう。
 
 

気軽に借入ができて便利

カードローンとなると申込みや審査のことを考えると面倒に思うこともあるでしょう。お金がないけど結婚式のご祝儀のために借入をするのは、面倒!と思っている人でも、気軽に借入ができるのです。
ネットの普及により申込みから返済までのすべてのステップをネットで行えるネット完結型を取り入れている金融機関は多いのです。来店する必要がないために、気軽に借入を行うことができます。さらにご祝儀程度の低い金額の借入であれば、一定期間内に返済できる可能性が高く、無利子で借入をすることができる可能性もあるのです。またカードローンはフリーローンであることが多いので、ご祝儀のほかにも生活費の足しとしても利用することができます。
 
 

賢くカードローンを使ってお金がなくて結婚式に行けない!ことは回避できる

結婚式には参加したいけど、先立つものがなく参加できない!と悩んでいる人もいることでしょう。これからの人間関係のことも考えるのであれば、招待された結婚式に断りは入れにくいものです。でもカードローンを利用することでお金がなくても、ご祝儀を準備することができます。お金がないからと結婚式への参加をあきらめる必要はないのです。
カードローンは借金ではあるものの、どうしてもお金が必要であるという時には救いとなるものです。ご祝儀への貯金がなくても、カードローンを上手に利用してご祝儀をねん出することができます。友人関係や家族関係も円滑にするためにも役立つのです。

0

先立つものはないけど結婚する!どうしたらいいの?

結婚には大きなお金が必要!カードローンの利用も検討を!

 
生涯に一度しかない結婚式だからこそ、自分が納得できるまで追求したいものです。でもそうなると結婚式の費用もそれなりにかかってしまいます。
最近の結婚式場ではまとまったお金を先に支払うことが求められるために、先立つものがなければ結婚式を希望のところで上げられない可能性もあるのです。そこで利用すると便利なのがカードローンです。
 
 

結婚式には多額の費用が必要

結婚式と一言に言っても、どの程度の式を挙げるかでかかる費用も違ってきます。一般的な毛混式であれば費用は350万円ほどかかるといわれています。それに加えて新居の引っ越し代、家具・家電代などと考えていくと、結婚すると500万円ほどの費用が掛かるとされています。貯蓄がある場合はいいのですが、それ以外であれば大金を用意するのは困難な場合が多いのです。でも結婚式をあきらめたくないのであれば、カードローンを利用してお金を借入することができます。

結婚式 343万円
引っ越し代(賃貸) 35万円
家具・家電 60万円
新婚旅行 50万円
498万円

 
 

結婚式専門のブライダルローンとは?

カードローンにはいろいろな種類があります。その中でも特に結婚式に特化したものがブライダルローンと呼ばれるものです。名前のままですがブライダルローンとは、結婚式のために必要な準備費用のために使われるローンです。銀行、信販会社、消費者金融会社などほとんどの金融会社によってローンを組むこともできます。または結婚式を挙げる予定のブライダル企業の金融部門がローンを持っていることもあります。
ブライダルローンは利息や返済条件、上限金額、限定用途などが組むローンによって異なってきます。ですので自分が希望する形のものを探すことが大切です。もちろん金利も気になるところですが、それだけではなくそのほかのサービスについても比較検討する必要があるのです。
 
 

ブライダルローンvsカードローン

ブライダルローンとカードローンのどちらを利用するのか?ということを迷っている人もいるかもしれません。基本的にブライダルローンは、使用目的が結婚式の費用だけに限定されています。そのために審査が厳しくされていることがあります。また結婚するとなると結婚式の費用以外でも物入りになります。結婚式の費用だけに使用目的が限定されているのは不便に感じることもあります。審査に時間がかかるために忙しい結婚前には、何かと問題になることもあります。
その点一般的にカードローンは、使途自由で限度額以内であれば何度でも使用できるタイプのローンです。結婚式の費用以外にも何か他にも必要なものがある場合には、ローンから支払うこともできるのです。また即日融資なども行われているために、ご祝儀が入ったらすぐに返済ができるなどの時には、できるだけ支払い納期まで引き延ばしてなるべく利子を抑えることもできます。キャンペーンなどを利用して金利が低くなることもあるので、要チェックです。

0

直葬の費用の捻出に困っているのであればカードローンを利用しよう

直葬は費用が抑えられているものの、急にはねん出するの難しいことも

 
最近の葬儀には色々なスタイルがあります。たくさんあるスタイルの中でも、多くの人が選択しているのが直葬です。とてもシンプルな葬儀で葬儀にあまりお金をかけたくないという人におすすめの葬儀法となっています。そんな直葬ですが、費用面で負担が少ないとはいえ、ある程度まとまったお金が必要となるために、費用ねん出のためにカードローンを利用する人もいます。
 
 

直葬とはどんな葬儀なの?

直葬とはお通夜や告別式など一般的な葬儀で執り行われていることを省いて、火葬のみを行うというものです。ただ火葬とは違う点は要望に合わせて、枕飾りなど必要なものをチョイスして執り行うことができるという点です。必要な分だけ支払うことができ、無駄がありません。
葬儀の中では最もシンプルなものと言ってもいいスタイルで、年末年始などの忙しい時期や後日葬儀を執り行うケース、親族だけで葬儀を済ませる、葬儀費用をかけたくないという場合に選択されている方式です。
 
 

直葬にかかる費用は?

直葬の最大のメリットが金全面での負担が少ないことです。一般的に行われている葬儀では、費用は200万円から300万円程度します。故人が保険金などで費用を用意しているのであれば、話は別ですがこれほどの多額の費用を急にはねん出できない人も多いのです。十分な蓄えがなければ一般的な葬儀をあげることは難しいといえます。
しかし直葬は、火葬に必要なお金と葬儀社のスタッフ代、骨壷、棺などの備品代だけで済ませることができ、合計で15万円から20万円くらいの出費ですみます。単純に見積もっても、一般的な葬儀の費用の10分の1以下というのは、金銭的な面から見ても負担の少ない葬儀スタイルです。今では全体の葬儀の中でも10%から30%ほどは直葬を選んでいるのも納得です。
 
 

急な不幸ごとにはカードローンで乗り切る

もちろん故人のために立派な葬儀を挙げたい!という願いは誰にでもあると思います。しかし、高額な費用のことを考えて直葬にする人も多くいるのです。葬儀を執り行う費用を準備するのは難しい問題です。たとえ直葬で費用の面で負担が軽くなったとしても、20万円前後のお金が必要となるとねん出が難しい時もあります。
費用の面に不安がある場合に利用できるのが、カードローンなのです。葬儀ローンとして専門的に取り扱っているところもあります。またはフリーローンで金融機関からの借入を行うケースもあります。いずれの場合にしても最近のカードローンは手続きや必要な書類なども簡潔になってきています。お金がないから葬儀を出せない!と考えるのではなく、まずは気軽に相談してみることができます。
直葬の費用ならば今までに事故を起こしていないのであれば、審査通過が難しいということはあまりないことでしょう。お金がなくて困っているのであれば、カードローンという方法もあります。

0

家族葬でも多額の出費になる

葬儀費用をねん出できなくてもカードローンを利用して葬儀は執り行える

 
葬儀の為には多額の費用が掛かるために、最近では一般的な葬儀・葬式を行わない人も増えてきているといわれています。
または葬儀を行うとしても、お金があまりかからない方法を選ぶ人が多いのです。
葬儀には思っている以上の費用が掛かることがあるために、最近ではシンプルに行える家族葬などが人気を集めています。
そんな葬儀代、自分でお金を用意できればいいのですが、それではない場合にはカードローンを利用するという人も増えてきています。
 
 

葬儀にかかる費用

葬儀には葬儀代だけではなく、それ以外のお金も必要とされているのです。たとえば墓石、仏壇などを考えると数十万~数百万円の費用が必要になります。墓石や仏壇がすでに準備できているというケースはいいのですが、そうでなければ多額の出費となります。
葬儀には思っている以上の費用が掛かるために、すぐにはお金を用意できない場合もあります。そんなときに利用できるのがカードローンなのです。カードローンを利用して故人を無事に送りだすことができるのです。
 
 

家族葬とは?

最近、人気が高まっていているのが家族葬です。家族葬は、家族や親戚、親しい友人など近親者のみで執り行う葬儀のことです。一般的な葬儀と同様に通夜、葬儀、火葬のすべてを行いますが、食事会などは行いません。食事代などをカットすることで、費用面でも抑えることができシンプルながらもすべての段取りを行えるために人気の葬儀スタイルとなっています。
費用は50万円前後が平均的なものとなっており、費用面でも有利ですし、煩わしい手間などがないため家族葬を選択する人も多くなってきています。
 
 

葬儀に使えるカードローン

葬儀ローン

一般的に葬儀に特化したローンを取り扱っているのは、葬儀会社などです。金融機関が葬儀ローンを取り扱っているケースはとても珍しく、葬儀に限定したローンを組みたいのであれば葬儀社に相談することになります。いくら家族葬で費用が抑えられているとはいえ、家族葬の費用も多額です。ローンを組んで支払うという人も多くいます。

フリーローン

一般的にカードローンと呼ばれている多目的ローンであるフリーローンであれば、使用用途を限定されていないために葬儀代として使用することができます。カードローンの中でも使いやすく、ほとんどの場合はこのフリーローンの利用となっています。比較的リーズナブルといわれている家族葬でも貯金がなければ支払が難しいこともあります。または保険金が入るまでの一時的な支払のために貯金を崩したくないケースもあるでしょう。最近のカードローンは金利も低く、申込みも簡単で、審査にも通りやすくなっています。
葬式の費用をねん出するためにカードローンを利用する人は増えてきています。どこの金融機関が自分に合っているか?をしっかりと考えながら、どこの金融機関を利用するか検討してみましょう。

0

シンプルな一日葬でも多額の費用が必要!カードローンで乗り切る

費用面で抑えられている一日葬でも費用ねん出のためにカードローンを賢く利用

 
一般的に葬儀に必要とされている費用は、200万円から300万円ほどすると言われています。そのために葬儀代は多くの方にとって負担となっています。もちろん故人のためにも家族としては立派な葬儀をしたいと思うものですね。そんな方に今人気を集めているのが一日葬です。一日葬にすることで費用の面で負担が少なくなりますし、費用をカードローンなどでねん出する際にも返済が楽になります。
 
 

一日葬とは?

一日葬は今までの伝統的な葬儀とは違って、すべてを一日で終わらせてしまう葬儀のことです。そのためにお通夜がなく、告別式だけの葬式になります。火葬をする日に親族、親しい友人という少ない人だけが集まって告別式を行うために、故人との時間をゆっくりとることができます。最大の特徴は今までの葬儀のような大掛かりな準備がなく、葬儀に家族が集中できるのです。大規模に葬儀を行わないために負担も少なく、費用のことを考えて一日葬にする人も増えてきています。

一般的な葬儀 200万円から400万円
一日葬 40万円から70万円

 
 

一日葬はどのように執り行われるの?

一般的に行われている葬儀と違うところは、打ち合わせから告別式の間にお通夜が入らないことです。お通夜がないので飲食費がかからず、その分だけ費用の面で負担が減るのです。それ以外は一般的な葬儀と同じなのです。
一日葬は一般的な葬儀よりもシンプルであるために、親族だけで葬儀を挙げたいという人に向いています。また無宗教の人にも向いています。仏式の葬儀はお通夜、告別式を行うことが必須となっているために、お寺とのつながりが深い人などには一日葬は適していません。一日葬にする場合には事前に一日葬のことについて良く知って、一日葬を利用するようにしましょう。
 
 

一日葬の費用がなくてもカードローンで葬儀を上げる

一日葬にかかる費用は一般的な葬儀よりも低いと言っても、40万円から70万円ほどかかります。一日葬にしたとしても高額な出費になるのです。もちろん故人が積み立てていた葬儀代などがあるかもしれませんが、申請から申込みまでに時間がかかります。そのために家族が最初は自腹で払うことになります。
金銭的に余裕があればいいのですが、貯金が無かったり、手持ちのお金は使いたくない、というケースもあることでしょう。そんなときに便利なのがカードローンです。最近のカードローンは申し込みや手続きが簡単にできるようになっています。さらに一定期間内の返済であれば無利子で借入できることもあります。保険金がすぐに支払われるのであれば、一括返済も可能ですので利子なしで借入できることもあるのです。
費用がなくてもカードローンを利用することで、葬式を出すことができます。特に一日葬であれば費用の面で抑えられているために、審査に通る可能性も高くなるといえます。

0

葬儀費用を急には用意できないのであれば、カードローンでお金を借りよう!

急な不幸ごとへの備えをしていない時には、葬儀費用はカードローンからねん出できる

 
不幸ごとは突然起こるものです。その時に備えがあればいいのですが、なければかなり慌てますよね?!特に葬儀は多額のお金がかかるために、悩みの種ともなりえます。貯金もない、貸してくれる人もいないとなると途方に暮れることもあるでしょう。葬儀費用のことで悩んでいるのであれば、カードローンを利用するという手があります。
 
 

葬儀費用がなくても葬式を執り行う方法

お金がない場合は、どうしたら良いのでしょうか?亡くなった方のためにきちんと葬式をしてあげたいと思う一方で。お金がないので葬儀はあきらめるべきなのか?と考えることもあると思います。お金がなくても葬式を執り行なう方法はないのでしょうか?
実は今現在、貯金がなくてもローンやクレジットカードを利用することで、葬式費用を用意することができます。いくらある程度のたくわえがあると言っても、葬儀費用は高額になります。そのために自分だけで用意するのは困難でしょう。そこで葬儀費用で足りないものを、カードローンやクレジットカードを利用して支払うことができます。
 

100万円以下 15%
150万円以下 25%
200万円以下 34%
200万円以上 26%
平均的な葬式の費用 196万円

 
 

葬儀費用のためにはどんなカードローンがあるの?

葬式のために使えるローンにはどのようなものがあるのでしょうか?いくつかの選択肢があるので、自分に合ったもので返済しやすいものを選びましょう。そうすることで、上手にカードローンを利用することができます。

葬儀ローン

銀行や信販会社、労働金庫などの金融機関では、“葬儀ローン”を取り扱っていることが多いです。使用する葬儀社と提携しているところもあるために、葬儀社の人に相談することもできます。

カードローン

カードローンのフリーローンは使用用途が定められていないものがほとんどです。ですので葬儀費用が足りない場合は、カードローンでお金を借りて葬儀費用をねん出することができるのです。カードローンであれば、即日融資も可能ですので突然起きてしまった葬儀費用にも対応しやすいのです。大手消費者金融などでは無利息キャッシングのサービスを行っている時もあります。このような時を利用すれば、無利息で借りられることもあります。

クレジットカード

クレジットカードでいったん支払を済ませておき、のちに分割などの返済方法で支払を済ませる方法です。ただしクレジットカードに対応していない葬儀社もあるので、確認が事前に必要となります。
緊急の事態に対応してくれるカードローンがやっぱり便利
お金の借り方はさまざまですが、葬式などの急に起きてしまった費用に対しては融通の利きやすいカードローンが便利といえます。金利も低いものもあり、返済さえ早くできてしまえばそこまでの負担を感じずに済むことが多いのです。ネットなどで申込みができ、来店の必要がないのも葬式の忙しい時にはうれしいポイントとなります。

0

借りたお金は何に使ってもいいの?資金使途自由のフリーローンの構造

借りたお金の使途はどうなる?
カードローンは、目的自由のフリーローンです。
保証人も必要ないですし、担保もいりません。
ですので用途は自由です。生活費に使おうが、投資に使おうが、デートに使おうが、自由です。

用途はカード会社側では制限できませんし、フリーローンをうたっている商品ですので、自由な用途にお使いください。 続きを読む

0

太陽光発電の購入資金はソーラーローンがお得?カードローンを使うのもおすすめ

ソーラーローンは低金利で魅力的だけれどある程度自己資金があるならカードローンでも十分なことも

最近では自宅に太陽光発電システムを導入して、昼間に電気を発電し、余った分を電力会社に売るスタイルが人気を集めています。光熱費を大幅に抑えられるだけでなく、上手くいけば収入にも繋がり、さらに地球環境に優しいエコな仕組みで注目を集めています。特に最近の太陽光発電システムは電気の売買が自動的に行われ、自分自身でスイッチの切り替えなどの操作をする必要もないので非常に手軽です。

続きを読む

0

薄毛治療や自毛植毛は値段が高い!?カードローンを使ってフサフサの髪を取り戻そう!

薄毛治療は毎月1万円~1万5000円、自毛植毛は50万円~と料金が高い!

薄毛の悩みを抱えている人はたくさんいます。特に男性は3人に1人は薄毛に悩んでいる、とも言われています。これは男性ホルモンによる影響で、AGA(男性型脱毛症)と呼ばれています。市販されている育毛剤を使用しても良いのですが、実際に試してみた方ならなかなか効果が現われないのは経験済みだと思います。AGAの原因は随分とハッキリと分かってきました。そこで有効な治療方法として①「病院での薄毛治療」そして②「自毛植毛」が特に有効だとされています。

続きを読む

0

歯列矯正やインプラントは自由診察なので100%患者の自己負担!高額な費用はカードローンを賢く活用しよう

歯列矯正、インプラントは一生ものの歯を手に入れるための大事な治療

「健康は口から」というキャッチコピーを耳にしたことは無いでしょうか。現代の医学では永久歯が抜けてしまうと2度と新しい歯を生やすことができません。また、人から見られる部分だからこそ恥ずかしくないようにしたい、という意見も多いです。中でも「歯列矯正」「インプラント」は歯の健康を作る上でとても重要な治療です。
続きを読む

0

合宿免許や運転免許の費用にカードローンを検討してみよう

合宿免許や運転免許の取得には20万円~30万円前後の費用が必要!

運転免許を取得するためには大体30万円前後の費用が必要だと言われています。比較的安く運転免許証を取得できるAT車限定でも25万円ほどの費用がかかってきます。一生に1度のものだからそこまで高く感じない、という意見もありますが、運転免許証を取得する年齢の多くは高校生や大学生、新社会人です。つまり、お金の蓄えがある人のほうが珍しいと言えます。そのため、少しでも費用を安く抑えたい、どうにかして費用を捻出したい人も出てくるでしょう。そこでここでは、運転免許証の費用を安く抑えるポイントと費用のやりくりについて紹介していきます。

続きを読む

0

カードローンは介護ローンの代わりとしても使える!

高齢化社会を迎える日本では避けて通れない介護の問題の中でも経済的な負担が深刻

少子高齢化が急激に進み続けている日本では、介護に対する精神的、肉体的な疲労だけでなく、経済的な負担も大きくなっており、社会問題として取上げられています。もともと日本は「介護は家族がするもの」という考え方が根づいていました。しかし、少子高齢化や、核家族化の進行により「経済的・精神的負担が大きく、最悪の場合は無理心中や殺人に発展」「世話をする家族自身が高齢となる老々介護」といった問題が起こっています。つまり、家族だけで介護し続けるのはかなり厳しい状況にあると言わざるを得ません。

続きを読む

0

不妊治療に必要な費用は1000万円!?医療ローンやカードローンも視野に入れて

不妊治療は保険適用外なのでどうしても費用が高く付いてしまいがち

不妊治療=お金がかかるイメージがあります。そしてそのイメージはおおむね正解だといえます。中には不妊治療に必要な費用は1000万円近くなる、という意見もあるほどです。ここでは不妊治療の費用やそのやりくりについて紹介していきます。

続きを読む

0

医療ローンやメディカルローンが利用できないときはカードローンを検討してみよう

医療ローンやメディカルローンに通らなかった時を考えてカードローンを作っておくのもおすすめ

いつ何時、入院や手術をするか分かりませんし、検査を受けるのもお金がかかります。そして、中には保険適用外のものもたくさんあります。

基本的に私たちは保険に加入しているため、自己負担は3割で良いのですが、それでも支払いが大きくなってしまうことは多々あります。そのようなときに利用するのが「医療ローン」「メディカルローン」と呼ばれるものです。これらは、基本的には銀行側で融資している目的別ローンのひとつ。多くは病院を通じて申込みする形となっています。医療ローンやメディカルローンは次のような目的で使われることが多いです。

続きを読む

0

出産費用は50万円~100万円!足りない分はカードローンで補おう

出産費用+思わぬ出費が重なることもある!カードローンをあらかじめ作って備えておこう

出産やこれからの育児には多くのお金がかかってきます。基本的に妊娠や出産に関するものは健康保険が適用されず、妊婦健診、さらには出産費用を考えると50万円~100万円程度の費用が必要となってくる、と言われています。もちろん、公的な補助制度を有効活用することでかなり軽減できるので、その点もあわせてチェックしてみましょう。

続きを読む

0

美容整形は保険適用外?まとまったお金が必要ならカードローンが便利

簡単な美容整形でも10万円以上かかるかも!?カードローンを使って賢く支払い

最近では女性だけでなく男性も美容整形する時代になってきました。外見で仕事やプライベートが充実するのはもはや当たり前の時代に。

また、以前よりもずっと気軽に美容整形を利用できるようになったのも大きなポイントだといえそうです。とはいえ、美容整形は基本的に保険適用外となっており、それなりにまとまった金額が必要となってきます。 続きを読む

0

意外とかかる?入学式関係の費用はカードローンで整えよう

入学式関係の費用は5万円から8万円前後とそれなりに必要

小学校への入学式はそこまでお金がかからない、と思われがちです。特に公立小学校の場合は義務教育なので授業料や入学金は必要ありません。教科書の購入も必要なし。ですので、実質入学式前後でお金がかかるのは高校に入る時から、というイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、もちろん義務教育期間もしっかりとお金がかかってしまうものです。最近では多くの小学校が制服制度を廃止して、私服を導入しているため、あまりお金がかからないと思われがちですが、指定用品を購入したり、ランドセルを購入したりとお金がかかってしまうものです。入学式前までに揃えておかなくてはならないものもたくさんあるので、きちんとお金の準備をしておきましょう。

続きを読む

0

卒業式にかかる費用は意外と大きい!?カードローンを活用してやりくりしよう

卒業式には欠かせない袴のレンタル・購入費用はカードローンを使う

卒業式には何かと費用がかかるものです。特に、大学生の卒業式は「袴」を着用したいという方も多いでしょう。レンタル費用の目安としては袴、着物、長じゅばん、小物などがセットになっているものを選ぶと3万円から5万円前後袴単体だけの場合は1万5000円くらいになることが多いようです。 続きを読む

0

ちょっとした生活費の足しに!カードローンを持っていると便利

カードローンを上手に使って足りない生活費を補うのはひとつの賢い方法

生活費は大きく分けると「固定費」「流動費」に分かれます。

固定費 生活の最低限必要なものが多い。毎月定期的に発生する費用で、家賃や水道代、光熱費、医療費、交通費などが挙げられる
流動費 住宅や自動車の購入、予期せぬ病気による通院や入院、娯楽などが挙げられる

 

生活費は基本的に毎月ほぼ決まった金額になることが多いです。そして同時に毎月の収入も多くの方はほぼ決まっています。そのため、計画的にお金を使えば「生活費に困る」ことはあまり起こりません。

続きを読む

0

成人式にかかる費用は30万円近い!?カードローンを上手に活用

特に女性の成人式は費用が高くつきやすい

成人式は一生で1度しか訪れない、大事なものです。そのため、綺麗に着付けて晴々しく迎えたいもの。そこで成人式のために準備を進めている方も多いと思いますがこれが思っている以上に費用がかかってきます。成人式は予定がハッキリとしているので、それに備えてお金を準備しておけば良いのですが、直前になって出費が重なってしまったり、思うように貯蓄できないこともあります。その時はカードローンなどを上手に活用してやりくりしていきたいものです。 続きを読む

0

会社の付き合いのお金が足りないときはカードローンを活用する

会社の付き合いの飲み会や食事会でかかるお金は結構な金額に?

社会人として会社に属している場合、避けては通れないのが会社の付き合いです。例えば、食事会や飲み会などが挙げられます。もちろん会社によってはほとんど食事会や飲み会などの付き合いがないところもあるでしょうが、月に一度や、多いところだと毎週のように会社の付き合いがあることも。

特に、自分が上司側の立場にある場合、部下に食事をおごらなくてはならないこともあるでしょう。それが頻繁に続くと、どうしても出費が重なってしまい、手持ちのお金だけではなかなかやりくりできないこともあります。 続きを読む

0

引越し代の捻出が難しいときはカードローンが心強い

一人暮らしの引越しでも3万円は必要?家具の準備なども考えるともっと多くのお金がかかる

年度末から新年度にかけて、あるいは8月から9月にかけて引越しする人が増えます。そこで気になってくるのが「引越し代」です。

ただ単純に引越しするだけならそこまで大きな金額がかかるわけではないのですが、例えば新しく家具を買い換えたりすると思っているよりも多くの金額がかかってくるものです。 続きを読む

0

お金がなくてピンチ!家賃や更新料の支払いはカードローンを使おう

急な出費が続いて家賃や更新料の支払いが難しいときはカードローンを上手に活用する!

急な出費が続いたり、思うような収入が得られなかったとき、家賃や更新料が支払えないと家を追い出されてしまいます。そうなると生活ができなくなって仕事どころではありません。そこで、急な出費に対応するためにもカードローンを上手に活用することをおすすめします。

続きを読む

0

ショッピングに利用するにもカードローンが何かと便利

カードローンはショッピングだけでなく他の事にも使いやすい

これまではショッピングと言えば「クレジットカード」を使うことが多かったと思います。しかし最近ではカードローンの人気も高まっています。その理由として「ショッピングだけでなく、その他にも色々と使い勝手が良いから」という点が挙げられます。ここではショッピングでおなじみのクレジットカードと、カードローンの違いを紹介していきます。

続きを読む

0

カードローンで着工金を用意できる?つなぎ融資に頼らないマイホーム

注文住宅の場合は着工金が必要になるのでカードローンなどで資金を集めよう

夢のマイホームを手に入れるためには多くの方が「住宅ローン」を活用すると思います。しかし、実際に住宅ローンによって融資されるのは、ある程度住宅が完成してからなんです。
つまり、着工金などは自分で用意する、もしくは「つなぎ融資」を受ける必要があります。もちろん、すでに完成している住宅を購入する場合は最初から住宅ローンに頼ることもできるのですが、注文住宅の場合だと建築に取りかかる前の資金が必要になります。 続きを読む

0

資金難に陥った時に心強いカードローンを作っておこう

事業が順調に進んでいるときこそカードローンを作るチャンス

個人事業主や法人として運営していると、調子の良い時もあれば、なかなか収益が上がらず、資金難に陥ってしまうこともあります。もしも資金難になってしまったら、どこからかお金を調達して経営を立て直していかなくてはなりません。そこで多くの方が利用しているのがカードローンです。

資金が不足したときに利用し、再び調子が戻って収益を得られ、上手く返済できればこれほど頼りになるサービスはありません続きを読む

0

万が一の災害に備えてカードローンを作っておこう

災害で仕事が無くなってしまったり、出費が重なる時はカードローンが心強い

日本は災害の多い国として知られています。大きな地震が起こる可能性もありますし、夏は台風が、冬は大雪が降るなどの災害が考えられます。もちろん、インフラが整っているので多少のことでは問題無いのですが、想定以上の災害に見舞われることもあります。東日本大震災という例があることは言うまでもありませんね。またここ数年は大雨による被害が広がり、農作物が思うように収穫できない、といったニュースも問題視されています。

壊滅的な災害に遭った時、一番問題となるのはやはり「お金」です。十分な貯蓄があればどうにかやりくりすることもできますが、不景気の折、なかなか貯蓄ができない方もたくさんいます。そんな時に災害に遭ってしまい、それが原因で仕事が無くなった、早急に家を修理しないとまともな生活ができない、今日食べる分のご飯のお金もない、となると非常に困難な状況だと言わざるを得ません。そこで、災害をはじめとした不測の事態に備えてカードローンを作っておくことをおすすめします。

続きを読む

0

高額療養費の支払いにカードローンは使える?用途は原則自由なので問題無い

高額療養費は様々な制度を活用することで自己負担額を減らせることもある
年を重ねるにつれて健康のありがたみを感じるものです。病気になったら若い頃のようにはなかなか治りませんし、仕事にも影響が出るため家計に響くこともあります。また「医療費が高い」というのもかなりのネックです。

通院や入院、手術をした時にはそれなりのまとまったお金が必要となってきます。保険に加入していれば自己負担額は全体の3割で良いのですが、それでも医療費は高いですよね。 続きを読む

0

海外旅行の費用の調達にカードローンを上手に活用

学生でも利用できるカードローンが増えて海外旅行に活用しやすくなった

海外旅行と言えばかなり費用がかかるイメージがあります。以前と比べるとそれなりに利用しやすくはなったものの、どうしても事前にまとまったお金を用意しておかなくてはなりません。

最近ではパッケージツアーの海外旅行を利用する方も多いと思いますが、ある程度のお金が必要ですよね。特に大学生など「お金は無いけれど学生のうちに海外旅行に出かけよう」という方たちも多いでしょう。そこで利用しやすいのがカードローンです。

最近のカードローンは、利用限度額によって、収入証明書などを提出しなくても利用できるものが増えています。 続きを読む

0

車検代が足りないときはカードローンを上手に活用しよう

車検代に必要な費用は軽自動車でもおよそ15万円!
自動車を使用し続けるためには決められた期間内に車検を受けなくてはなりません。車検は車種によって代金が大きく変わってきます。車には様々な車種があり、それぞれ「車両重量」で分類されています。そしてこの車両重量を元にして車検時に納税しなくてはならない「重量税」の金額が変わってきます。

車種を大まかに分けると「軽自動車」「小型自動車」「中型自動車1.5トン以下」「中型自動車2トンまで」「大型自動車」となっています。 続きを読む

0

カードローンで借りたお金を現地通貨に両替!少しお得になる両替術

カードローンのお金を少しでも無駄にしないためにもお得な両替方法をチェックしよう
海外旅行に出かけるときは手持ちのお金を現地通貨に両替しなくてはなりません。海外旅行の資金調達としてカードローンを活用する方も多いでしょう。

しかし、せっかくカードローンでお金を借りたのに、両替で損をしてしまってはもったいないですよね。ただでさえ利息が発生するので損になることは極力避けたいところ。一般的には現地通貨への両替は銀行や空港にある両替所を利用する方が多いと思います。

しかし実はこれが手数料的には割高になっていることが多いんです。 ここではカードローンで借入したお金を少しでも無駄にしないための両替術を紹介していきます。 続きを読む

0

事業開始資金集めにカードローンは利用できる?専用の事業カードローンを検討しよう

事業開始資金目的でカードローンを利用できないことがある?
事業開始資金は自分で捻出しなくてはならない部分が大きいです。法人としてスタートするなら何人かで集まってそれぞれ出資し合ったり、出資者を募っても良いのですが、個人事業主の場合だと事業開始資金は全て自分自身で補う必要があります。

もちろん、銀行は事業開始資金目的の融資も行っていますが、こちらは誰でも審査に通るわけではありませんし、優れた事業計画書を提出して初めて審査が受けられる、というかなりハードルが高い部分があります。そこで、手軽に事業開始資金を集める方法のひとつとして「カードローン」を考えている方も多いのではないでしょうか。

というのも、最近のカードローンはどの業者も借入限度額が高めに設定されていることが多いからです。 続きを読む

0

互助会にもカードローンがある?加入しているなら検討してみよう

互助会提携貸付が用意されているカードローンが増えてきた

会社などで互助会に加入している方も多いと思います。最近でこそ自分の意思で加入するか加入しないかを選べるところも増えてきましたが、昔ながらの体制の会社だとほぼ強制加入の所もいまだに珍しくありません。そのため互助会と言えば「毎月の給料から互助会費用が天引きされて嫌なもの」とイメージする方も多いかもしれません。

しかし、元々互助会は加入する人たちがより良い暮らしを手に入れられるように組織されたものですので、使い方によっては非常に心強いものになってくれます。

続きを読む

0

ガソリン代が足りない!そんな時はカードローンで上手くやりくりしよう

普段から自動車に乗る機会が多い方はガソリン代がお得になるクレジットカードも視野に入れて
時代の移り変わりと共に徐々に値段が上がり続けているガソリン代。10数年前と比べると値段が随分と値上がりしていて、それに困っている方も多いでしょう。

住んでいる地域によっては、車がなければ移動するのが難しいこともあります。ですので、ガソリン代は生活費のひとつとして数えられています。

もしも、手持ちのお金がなくてガソリン代を用意するのが難しい、けれど車に乗らなくてはならない、といったときはどうすれば良いでしょうか。やはりおすすめなのはカードローンを上手に活用してガソリン代を捻出することです。 続きを読む

0

カードローンの資金用途は基本は自由!しかし事業性資金への用途はNGなことも

できればカードローンの資金用途を先に考えてから申込みするようにしたい
カードローンにおける「資金用途」とは融資された資金の使い道を表しています。要するに、カードローンで借入したお金をどのように使うのか、ということを専門用語で「資金用途」と呼んでいるわけです。

銀行などの一般的な金融機関から融資を受ける場合は、必ず資金用途について確認があります。また、それを証明するために、申込み者は資金用途のための確認書類(事業計画書など)を提出しなくてはならない場合があります。 続きを読む

0