事業開始資金集めにカードローンは利用できる?専用の事業カードローンを検討しよう

事業開始資金目的でカードローンを利用できないことがある?
事業開始資金は自分で捻出しなくてはならない部分が大きいです。法人としてスタートするなら何人かで集まってそれぞれ出資し合ったり、出資者を募っても良いのですが、個人事業主の場合だと事業開始資金は全て自分自身で補う必要があります。

もちろん、銀行は事業開始資金目的の融資も行っていますが、こちらは誰でも審査に通るわけではありませんし、優れた事業計画書を提出して初めて審査が受けられる、というかなりハードルが高い部分があります。そこで、手軽に事業開始資金を集める方法のひとつとして「カードローン」を考えている方も多いのではないでしょうか。

というのも、最近のカードローンはどの業者も借入限度額が高めに設定されていることが多いからです。

カードローン名称  借入限度額 
Mr.カードローン プレミアムコース 1000万円
みずほ銀行カードローン 1000万円
オリックス銀行カードローン 最高800万円
カードローン BIG(イオン銀行) 800万円
プロミス 500万円
三菱東京UFJ銀行カードローン バンクイック 500万円
アコム 500万円
新生銀行カードローン レイク 500万円
楽天銀行 スーパーローン 500万円
アイフル 500万円
モビット 800万円

 
このように、最大借入金額が1000万円クラスで用意されているところも登場し始めています。消費者金融としておなじみのアイフルやレイク、プロミス、アコムなどもカードローンなら500万円まで、モビットやオリックス銀行カードローンは最高800万円まで最大で借入できます。

これだけのまとまった金額を借入できれば、事業開始資金として十分役立ちます。

事業目的だとNG?

これらのカードローンは基本的に利用目的を問わない、いわゆる「フリーローン」に分類されるものなのですが、最初から事業開始資金目的で利用しようと思ったら審査に通らない場合があります。

というのも、利用目的の中に「ただし事業目的は除く」と記載されているものが多いこと、そしてフリーローンの他に「事業向けカードローン」を用意していることが多いからです。ですので、個人で誰でも借入できるフリーローンの場合は事業開始資金目的だと難しいこともある、ということを頭の片隅に置いた方が良さそうです。

ちなみに、フリーのカードローンを使って内緒で事業開始資金として活用している方も中にはいます。もちろんバレなければ特に問題は無いのですが、バレた時に一括返済を要求されたり、利用を停止されることもあるので注意が必要です。

事業向けカードローンについて

事業向けカードローンは名前の通り、事業のための資金目的としたカードローンです。個人事業主や法人を対象としています。最大のメリットは個人向けの一般的なカードローンやキャッシングと同じような感覚で利用できること。

利用限度額の範囲内ならいつでも何度でも借入できますし、その都度返済すれば新しく借入することもできます。また、1度カードローンを作成しておけば、万が一資金繰りに困ったときや、一時的にお金が必要になったときに気軽に借入できるのも大きなポイントです。

つまり、リスクヘッジの面としても優秀だといえます。事業のためにいつでも自由に借りたり返せたりできる事業向けカードローンは、事業開始資金調達のためだけでなく、安定した事業の運営に欠かせない大事なアイテムです。

とはいえ、事業向けで借入金額も大きく、金利も一般的なカードローンと比べると若干優遇されていることが多いため、その分だけ審査が厳しくなっていることがあります。

また、即日融資に対応していないものの方が多く、事業計画書の提出、審査、場合によっては面談が必要なことも。

また保証人も法人の場合は代表者自身が保証人になる必要が出てくるのでリスクを踏まえた上で利用するか否かを決定していきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。