冠婚葬祭時に金欠で困った…すぐに費用捻出したい

お香典なしは常識はずれ。急な出費にはカードローンを利用しよう!

急な不幸ごとにはカードローンで賢く対応

 
人の不幸というのは、いつ訪れるかわからないものです。家族以外でも、友人や同僚など急な不幸があった時には、気持ちを伝えるためにお葬式に参加するのではないでしょうか?そんなときに困るのが“お香典”ではないでしょうか?突然やってくる不幸ごとには備えがない場合が多いです。そんなときに利用すると便利なのがカードローンなのです。
 
 

お香典は社会人としてマスト

お香典の心配をすることもなく葬式に参加できるのは、学生時代までです。社会人になるといくらお金がなくても手ぶらで葬式やお通夜で参加することはできません。手ぶらで参加しよう日には“なんて常識のない人”というレッテルを一生張られてしまいます。特に日本人は礼儀やマナーを大事にするために、お金がないからしょうがないでは済まされないのです。
また特に人の不幸ごとでケチるというのは、もってのほかです。急な出費に対応できるたくわえがなくても、不幸ごとがあった人には関係ありません。気持ちが大事なのは確かですが、気持ちはお香典という形でしか表せないとも言えますね。お香典は社会人として良い人間関係をきずくためにはマストなものなのです。
 
 

お香典の相場とは?

お香典は 血縁関係の濃さや普段の付き合いなどで左右されます。基本的には親しいほど、多めの香典となるでしょう。お香典の相場は、3,000 ~ 100,000円となっており、常識をもって対応するのが大人のマナーです。お香典の金額次第では今後の付き合いも変わってくることでしょう。
あまり親しくない相手なのであれば、お香典は3,000~5,000円程度、血縁者であれば最低1万円からです。知り合い程度であれば生活費からのやりくりも可能ですが、親族のためのお香典となるとそうもいかない人が多いことでしょう。
 
 

お金がないので香典は無し!はない!

いくら生活が苦しく手もお香典なしで済ませるのは、親族の方に失礼ですし、自分の立場も悪くなってしまいますね。通夜や葬儀は故人との最後の別れの場です。社会人として納得できる金額を包みたいものです。
お金がどうしても用意できないのであれば、カードローンが便利です。もちろん身内や友人に事情を話し、お金を借りることもできますが事情が許さない場合や他の人に頼りたくない時もあるでしょう。銀行のカードローンや消費者金融のローンであれば、即日で利用できることも多くお香典程度の少額であれば融資してもらえる可能性は高いです。主婦やアルバイトなどの収入が限られた人でも融資してもらえる金額です。
 
 

上手に無利息で利用する

お香典の金額の借入であれば、すぐに返済を行える場合も多いでしょう。そんな場合は 一定期間無利息でお金を借りられるカードローンも沢山あります。審査に通ることも大事ですが、返済のことも考えて賢く利用していきましょう。
お金がないので葬式には参加できない!という非常識な行為は避けて、カードローンを上手に利用して大人としての責任を果たしましょう。

0

お金がなくてもカードローンでご祝儀を出せる

ご祝儀が払えなくて結婚式に不参加は時代遅れ?!

 
友人や親族の結婚はうれしいものの、お祝金の出費に対する負担はかなりのものになります。しかも年に何回も結婚式に招待されることもあり、続けて結婚式があれば必要となるお金はかなりの額になります。お金はなくてもご祝儀を少な目に出すことはできませんね。そこで便利なのがカードローンです。
 
 

ご祝儀にかかるお金

結婚式1回に参加すると、ご祝儀が3万円。それに加えて交通費や衣装代、セット代などを合わせると軽く5万円は超すのはないでしょうか?さらに親族の結婚式となるとそれなりの金額が出ていきます。家族で招待されるとなると、かなり痛い出費です。結婚式のご祝儀のために貯金があればいいのですが、貯金が底をついてしまったり、生活費の中からねん出するとなると、生活さえできなくなることも。そんなときにカードローンでお金を借りると便利と感じる人も多いのです。

友人・同僚 3万円
従妹 3万円
甥・姪 5万円
兄弟 10万円

 
 

借入額が低いので審査に通りやすい

借入したいけど、審査に通るかどうか心配という人もいることでしょう。ご祝儀の分だけの借入であれば、何度か結婚式があったとしても10万円以下の借入で済ませることができます。カードローンの審査について心配する方もいるかもしれませんが、今は無収入でも借り入れができる時代です。過去にトラブルや現在借入しているカードローンがなければ、審査には通りやすいでしょう。
 
 

気軽に借入ができて便利

カードローンとなると申込みや審査のことを考えると面倒に思うこともあるでしょう。お金がないけど結婚式のご祝儀のために借入をするのは、面倒!と思っている人でも、気軽に借入ができるのです。
ネットの普及により申込みから返済までのすべてのステップをネットで行えるネット完結型を取り入れている金融機関は多いのです。来店する必要がないために、気軽に借入を行うことができます。さらにご祝儀程度の低い金額の借入であれば、一定期間内に返済できる可能性が高く、無利子で借入をすることができる可能性もあるのです。またカードローンはフリーローンであることが多いので、ご祝儀のほかにも生活費の足しとしても利用することができます。
 
 

賢くカードローンを使ってお金がなくて結婚式に行けない!ことは回避できる

結婚式には参加したいけど、先立つものがなく参加できない!と悩んでいる人もいることでしょう。これからの人間関係のことも考えるのであれば、招待された結婚式に断りは入れにくいものです。でもカードローンを利用することでお金がなくても、ご祝儀を準備することができます。お金がないからと結婚式への参加をあきらめる必要はないのです。
カードローンは借金ではあるものの、どうしてもお金が必要であるという時には救いとなるものです。ご祝儀への貯金がなくても、カードローンを上手に利用してご祝儀をねん出することができます。友人関係や家族関係も円滑にするためにも役立つのです。

0

先立つものはないけど結婚する!どうしたらいいの?

結婚には大きなお金が必要!カードローンの利用も検討を!

 
生涯に一度しかない結婚式だからこそ、自分が納得できるまで追求したいものです。でもそうなると結婚式の費用もそれなりにかかってしまいます。
最近の結婚式場ではまとまったお金を先に支払うことが求められるために、先立つものがなければ結婚式を希望のところで上げられない可能性もあるのです。そこで利用すると便利なのがカードローンです。
 
 

結婚式には多額の費用が必要

結婚式と一言に言っても、どの程度の式を挙げるかでかかる費用も違ってきます。一般的な毛混式であれば費用は350万円ほどかかるといわれています。それに加えて新居の引っ越し代、家具・家電代などと考えていくと、結婚すると500万円ほどの費用が掛かるとされています。貯蓄がある場合はいいのですが、それ以外であれば大金を用意するのは困難な場合が多いのです。でも結婚式をあきらめたくないのであれば、カードローンを利用してお金を借入することができます。

結婚式 343万円
引っ越し代(賃貸) 35万円
家具・家電 60万円
新婚旅行 50万円
498万円

 
 

結婚式専門のブライダルローンとは?

カードローンにはいろいろな種類があります。その中でも特に結婚式に特化したものがブライダルローンと呼ばれるものです。名前のままですがブライダルローンとは、結婚式のために必要な準備費用のために使われるローンです。銀行、信販会社、消費者金融会社などほとんどの金融会社によってローンを組むこともできます。または結婚式を挙げる予定のブライダル企業の金融部門がローンを持っていることもあります。
ブライダルローンは利息や返済条件、上限金額、限定用途などが組むローンによって異なってきます。ですので自分が希望する形のものを探すことが大切です。もちろん金利も気になるところですが、それだけではなくそのほかのサービスについても比較検討する必要があるのです。
 
 

ブライダルローンvsカードローン

ブライダルローンとカードローンのどちらを利用するのか?ということを迷っている人もいるかもしれません。基本的にブライダルローンは、使用目的が結婚式の費用だけに限定されています。そのために審査が厳しくされていることがあります。また結婚するとなると結婚式の費用以外でも物入りになります。結婚式の費用だけに使用目的が限定されているのは不便に感じることもあります。審査に時間がかかるために忙しい結婚前には、何かと問題になることもあります。
その点一般的にカードローンは、使途自由で限度額以内であれば何度でも使用できるタイプのローンです。結婚式の費用以外にも何か他にも必要なものがある場合には、ローンから支払うこともできるのです。また即日融資なども行われているために、ご祝儀が入ったらすぐに返済ができるなどの時には、できるだけ支払い納期まで引き延ばしてなるべく利子を抑えることもできます。キャンペーンなどを利用して金利が低くなることもあるので、要チェックです。

0

直葬の費用の捻出に困っているのであればカードローンを利用しよう

直葬は費用が抑えられているものの、急にはねん出するの難しいことも

 
最近の葬儀には色々なスタイルがあります。たくさんあるスタイルの中でも、多くの人が選択しているのが直葬です。とてもシンプルな葬儀で葬儀にあまりお金をかけたくないという人におすすめの葬儀法となっています。そんな直葬ですが、費用面で負担が少ないとはいえ、ある程度まとまったお金が必要となるために、費用ねん出のためにカードローンを利用する人もいます。
 
 

直葬とはどんな葬儀なの?

直葬とはお通夜や告別式など一般的な葬儀で執り行われていることを省いて、火葬のみを行うというものです。ただ火葬とは違う点は要望に合わせて、枕飾りなど必要なものをチョイスして執り行うことができるという点です。必要な分だけ支払うことができ、無駄がありません。
葬儀の中では最もシンプルなものと言ってもいいスタイルで、年末年始などの忙しい時期や後日葬儀を執り行うケース、親族だけで葬儀を済ませる、葬儀費用をかけたくないという場合に選択されている方式です。
 
 

直葬にかかる費用は?

直葬の最大のメリットが金全面での負担が少ないことです。一般的に行われている葬儀では、費用は200万円から300万円程度します。故人が保険金などで費用を用意しているのであれば、話は別ですがこれほどの多額の費用を急にはねん出できない人も多いのです。十分な蓄えがなければ一般的な葬儀をあげることは難しいといえます。
しかし直葬は、火葬に必要なお金と葬儀社のスタッフ代、骨壷、棺などの備品代だけで済ませることができ、合計で15万円から20万円くらいの出費ですみます。単純に見積もっても、一般的な葬儀の費用の10分の1以下というのは、金銭的な面から見ても負担の少ない葬儀スタイルです。今では全体の葬儀の中でも10%から30%ほどは直葬を選んでいるのも納得です。
 
 

急な不幸ごとにはカードローンで乗り切る

もちろん故人のために立派な葬儀を挙げたい!という願いは誰にでもあると思います。しかし、高額な費用のことを考えて直葬にする人も多くいるのです。葬儀を執り行う費用を準備するのは難しい問題です。たとえ直葬で費用の面で負担が軽くなったとしても、20万円前後のお金が必要となるとねん出が難しい時もあります。
費用の面に不安がある場合に利用できるのが、カードローンなのです。葬儀ローンとして専門的に取り扱っているところもあります。またはフリーローンで金融機関からの借入を行うケースもあります。いずれの場合にしても最近のカードローンは手続きや必要な書類なども簡潔になってきています。お金がないから葬儀を出せない!と考えるのではなく、まずは気軽に相談してみることができます。
直葬の費用ならば今までに事故を起こしていないのであれば、審査通過が難しいということはあまりないことでしょう。お金がなくて困っているのであれば、カードローンという方法もあります。

0

家族葬でも多額の出費になる

葬儀費用をねん出できなくてもカードローンを利用して葬儀は執り行える

 
葬儀の為には多額の費用が掛かるために、最近では一般的な葬儀・葬式を行わない人も増えてきているといわれています。
または葬儀を行うとしても、お金があまりかからない方法を選ぶ人が多いのです。
葬儀には思っている以上の費用が掛かることがあるために、最近ではシンプルに行える家族葬などが人気を集めています。
そんな葬儀代、自分でお金を用意できればいいのですが、それではない場合にはカードローンを利用するという人も増えてきています。
 
 

葬儀にかかる費用

葬儀には葬儀代だけではなく、それ以外のお金も必要とされているのです。たとえば墓石、仏壇などを考えると数十万~数百万円の費用が必要になります。墓石や仏壇がすでに準備できているというケースはいいのですが、そうでなければ多額の出費となります。
葬儀には思っている以上の費用が掛かるために、すぐにはお金を用意できない場合もあります。そんなときに利用できるのがカードローンなのです。カードローンを利用して故人を無事に送りだすことができるのです。
 
 

家族葬とは?

最近、人気が高まっていているのが家族葬です。家族葬は、家族や親戚、親しい友人など近親者のみで執り行う葬儀のことです。一般的な葬儀と同様に通夜、葬儀、火葬のすべてを行いますが、食事会などは行いません。食事代などをカットすることで、費用面でも抑えることができシンプルながらもすべての段取りを行えるために人気の葬儀スタイルとなっています。
費用は50万円前後が平均的なものとなっており、費用面でも有利ですし、煩わしい手間などがないため家族葬を選択する人も多くなってきています。
 
 

葬儀に使えるカードローン

葬儀ローン

一般的に葬儀に特化したローンを取り扱っているのは、葬儀会社などです。金融機関が葬儀ローンを取り扱っているケースはとても珍しく、葬儀に限定したローンを組みたいのであれば葬儀社に相談することになります。いくら家族葬で費用が抑えられているとはいえ、家族葬の費用も多額です。ローンを組んで支払うという人も多くいます。

フリーローン

一般的にカードローンと呼ばれている多目的ローンであるフリーローンであれば、使用用途を限定されていないために葬儀代として使用することができます。カードローンの中でも使いやすく、ほとんどの場合はこのフリーローンの利用となっています。比較的リーズナブルといわれている家族葬でも貯金がなければ支払が難しいこともあります。または保険金が入るまでの一時的な支払のために貯金を崩したくないケースもあるでしょう。最近のカードローンは金利も低く、申込みも簡単で、審査にも通りやすくなっています。
葬式の費用をねん出するためにカードローンを利用する人は増えてきています。どこの金融機関が自分に合っているか?をしっかりと考えながら、どこの金融機関を利用するか検討してみましょう。

0

シンプルな一日葬でも多額の費用が必要!カードローンで乗り切る

費用面で抑えられている一日葬でも費用ねん出のためにカードローンを賢く利用

 
一般的に葬儀に必要とされている費用は、200万円から300万円ほどすると言われています。そのために葬儀代は多くの方にとって負担となっています。もちろん故人のためにも家族としては立派な葬儀をしたいと思うものですね。そんな方に今人気を集めているのが一日葬です。一日葬にすることで費用の面で負担が少なくなりますし、費用をカードローンなどでねん出する際にも返済が楽になります。
 
 

一日葬とは?

一日葬は今までの伝統的な葬儀とは違って、すべてを一日で終わらせてしまう葬儀のことです。そのためにお通夜がなく、告別式だけの葬式になります。火葬をする日に親族、親しい友人という少ない人だけが集まって告別式を行うために、故人との時間をゆっくりとることができます。最大の特徴は今までの葬儀のような大掛かりな準備がなく、葬儀に家族が集中できるのです。大規模に葬儀を行わないために負担も少なく、費用のことを考えて一日葬にする人も増えてきています。

一般的な葬儀 200万円から400万円
一日葬 40万円から70万円

 
 

一日葬はどのように執り行われるの?

一般的に行われている葬儀と違うところは、打ち合わせから告別式の間にお通夜が入らないことです。お通夜がないので飲食費がかからず、その分だけ費用の面で負担が減るのです。それ以外は一般的な葬儀と同じなのです。
一日葬は一般的な葬儀よりもシンプルであるために、親族だけで葬儀を挙げたいという人に向いています。また無宗教の人にも向いています。仏式の葬儀はお通夜、告別式を行うことが必須となっているために、お寺とのつながりが深い人などには一日葬は適していません。一日葬にする場合には事前に一日葬のことについて良く知って、一日葬を利用するようにしましょう。
 
 

一日葬の費用がなくてもカードローンで葬儀を上げる

一日葬にかかる費用は一般的な葬儀よりも低いと言っても、40万円から70万円ほどかかります。一日葬にしたとしても高額な出費になるのです。もちろん故人が積み立てていた葬儀代などがあるかもしれませんが、申請から申込みまでに時間がかかります。そのために家族が最初は自腹で払うことになります。
金銭的に余裕があればいいのですが、貯金が無かったり、手持ちのお金は使いたくない、というケースもあることでしょう。そんなときに便利なのがカードローンです。最近のカードローンは申し込みや手続きが簡単にできるようになっています。さらに一定期間内の返済であれば無利子で借入できることもあります。保険金がすぐに支払われるのであれば、一括返済も可能ですので利子なしで借入できることもあるのです。
費用がなくてもカードローンを利用することで、葬式を出すことができます。特に一日葬であれば費用の面で抑えられているために、審査に通る可能性も高くなるといえます。

0

葬儀費用を急には用意できないのであれば、カードローンでお金を借りよう!

急な不幸ごとへの備えをしていない時には、葬儀費用はカードローンからねん出できる

 
不幸ごとは突然起こるものです。その時に備えがあればいいのですが、なければかなり慌てますよね?!特に葬儀は多額のお金がかかるために、悩みの種ともなりえます。貯金もない、貸してくれる人もいないとなると途方に暮れることもあるでしょう。葬儀費用のことで悩んでいるのであれば、カードローンを利用するという手があります。
 
 

葬儀費用がなくても葬式を執り行う方法

お金がない場合は、どうしたら良いのでしょうか?亡くなった方のためにきちんと葬式をしてあげたいと思う一方で。お金がないので葬儀はあきらめるべきなのか?と考えることもあると思います。お金がなくても葬式を執り行なう方法はないのでしょうか?
実は今現在、貯金がなくてもローンやクレジットカードを利用することで、葬式費用を用意することができます。いくらある程度のたくわえがあると言っても、葬儀費用は高額になります。そのために自分だけで用意するのは困難でしょう。そこで葬儀費用で足りないものを、カードローンやクレジットカードを利用して支払うことができます。
 

100万円以下 15%
150万円以下 25%
200万円以下 34%
200万円以上 26%
平均的な葬式の費用 196万円

 
 

葬儀費用のためにはどんなカードローンがあるの?

葬式のために使えるローンにはどのようなものがあるのでしょうか?いくつかの選択肢があるので、自分に合ったもので返済しやすいものを選びましょう。そうすることで、上手にカードローンを利用することができます。

葬儀ローン

銀行や信販会社、労働金庫などの金融機関では、“葬儀ローン”を取り扱っていることが多いです。使用する葬儀社と提携しているところもあるために、葬儀社の人に相談することもできます。

カードローン

カードローンのフリーローンは使用用途が定められていないものがほとんどです。ですので葬儀費用が足りない場合は、カードローンでお金を借りて葬儀費用をねん出することができるのです。カードローンであれば、即日融資も可能ですので突然起きてしまった葬儀費用にも対応しやすいのです。大手消費者金融などでは無利息キャッシングのサービスを行っている時もあります。このような時を利用すれば、無利息で借りられることもあります。

クレジットカード

クレジットカードでいったん支払を済ませておき、のちに分割などの返済方法で支払を済ませる方法です。ただしクレジットカードに対応していない葬儀社もあるので、確認が事前に必要となります。
緊急の事態に対応してくれるカードローンがやっぱり便利
お金の借り方はさまざまですが、葬式などの急に起きてしまった費用に対しては融通の利きやすいカードローンが便利といえます。金利も低いものもあり、返済さえ早くできてしまえばそこまでの負担を感じずに済むことが多いのです。ネットなどで申込みができ、来店の必要がないのも葬式の忙しい時にはうれしいポイントとなります。

0