直葬の費用の捻出に困っているのであればカードローンを利用しよう

直葬は費用が抑えられているものの、急にはねん出するの難しいことも

 
最近の葬儀には色々なスタイルがあります。たくさんあるスタイルの中でも、多くの人が選択しているのが直葬です。とてもシンプルな葬儀で葬儀にあまりお金をかけたくないという人におすすめの葬儀法となっています。そんな直葬ですが、費用面で負担が少ないとはいえ、ある程度まとまったお金が必要となるために、費用ねん出のためにカードローンを利用する人もいます。
 
 

直葬とはどんな葬儀なの?

直葬とはお通夜や告別式など一般的な葬儀で執り行われていることを省いて、火葬のみを行うというものです。ただ火葬とは違う点は要望に合わせて、枕飾りなど必要なものをチョイスして執り行うことができるという点です。必要な分だけ支払うことができ、無駄がありません。
葬儀の中では最もシンプルなものと言ってもいいスタイルで、年末年始などの忙しい時期や後日葬儀を執り行うケース、親族だけで葬儀を済ませる、葬儀費用をかけたくないという場合に選択されている方式です。
 
 

直葬にかかる費用は?

直葬の最大のメリットが金全面での負担が少ないことです。一般的に行われている葬儀では、費用は200万円から300万円程度します。故人が保険金などで費用を用意しているのであれば、話は別ですがこれほどの多額の費用を急にはねん出できない人も多いのです。十分な蓄えがなければ一般的な葬儀をあげることは難しいといえます。
しかし直葬は、火葬に必要なお金と葬儀社のスタッフ代、骨壷、棺などの備品代だけで済ませることができ、合計で15万円から20万円くらいの出費ですみます。単純に見積もっても、一般的な葬儀の費用の10分の1以下というのは、金銭的な面から見ても負担の少ない葬儀スタイルです。今では全体の葬儀の中でも10%から30%ほどは直葬を選んでいるのも納得です。
 
 

急な不幸ごとにはカードローンで乗り切る

もちろん故人のために立派な葬儀を挙げたい!という願いは誰にでもあると思います。しかし、高額な費用のことを考えて直葬にする人も多くいるのです。葬儀を執り行う費用を準備するのは難しい問題です。たとえ直葬で費用の面で負担が軽くなったとしても、20万円前後のお金が必要となるとねん出が難しい時もあります。
費用の面に不安がある場合に利用できるのが、カードローンなのです。葬儀ローンとして専門的に取り扱っているところもあります。またはフリーローンで金融機関からの借入を行うケースもあります。いずれの場合にしても最近のカードローンは手続きや必要な書類なども簡潔になってきています。お金がないから葬儀を出せない!と考えるのではなく、まずは気軽に相談してみることができます。
直葬の費用ならば今までに事故を起こしていないのであれば、審査通過が難しいということはあまりないことでしょう。お金がなくて困っているのであれば、カードローンという方法もあります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>