シンプルな一日葬でも多額の費用が必要!カードローンで乗り切る

費用面で抑えられている一日葬でも費用ねん出のためにカードローンを賢く利用

 
一般的に葬儀に必要とされている費用は、200万円から300万円ほどすると言われています。そのために葬儀代は多くの方にとって負担となっています。もちろん故人のためにも家族としては立派な葬儀をしたいと思うものですね。そんな方に今人気を集めているのが一日葬です。一日葬にすることで費用の面で負担が少なくなりますし、費用をカードローンなどでねん出する際にも返済が楽になります。
 
 

一日葬とは?

一日葬は今までの伝統的な葬儀とは違って、すべてを一日で終わらせてしまう葬儀のことです。そのためにお通夜がなく、告別式だけの葬式になります。火葬をする日に親族、親しい友人という少ない人だけが集まって告別式を行うために、故人との時間をゆっくりとることができます。最大の特徴は今までの葬儀のような大掛かりな準備がなく、葬儀に家族が集中できるのです。大規模に葬儀を行わないために負担も少なく、費用のことを考えて一日葬にする人も増えてきています。

一般的な葬儀 200万円から400万円
一日葬 40万円から70万円

 
 

一日葬はどのように執り行われるの?

一般的に行われている葬儀と違うところは、打ち合わせから告別式の間にお通夜が入らないことです。お通夜がないので飲食費がかからず、その分だけ費用の面で負担が減るのです。それ以外は一般的な葬儀と同じなのです。
一日葬は一般的な葬儀よりもシンプルであるために、親族だけで葬儀を挙げたいという人に向いています。また無宗教の人にも向いています。仏式の葬儀はお通夜、告別式を行うことが必須となっているために、お寺とのつながりが深い人などには一日葬は適していません。一日葬にする場合には事前に一日葬のことについて良く知って、一日葬を利用するようにしましょう。
 
 

一日葬の費用がなくてもカードローンで葬儀を上げる

一日葬にかかる費用は一般的な葬儀よりも低いと言っても、40万円から70万円ほどかかります。一日葬にしたとしても高額な出費になるのです。もちろん故人が積み立てていた葬儀代などがあるかもしれませんが、申請から申込みまでに時間がかかります。そのために家族が最初は自腹で払うことになります。
金銭的に余裕があればいいのですが、貯金が無かったり、手持ちのお金は使いたくない、というケースもあることでしょう。そんなときに便利なのがカードローンです。最近のカードローンは申し込みや手続きが簡単にできるようになっています。さらに一定期間内の返済であれば無利子で借入できることもあります。保険金がすぐに支払われるのであれば、一括返済も可能ですので利子なしで借入できることもあるのです。
費用がなくてもカードローンを利用することで、葬式を出すことができます。特に一日葬であれば費用の面で抑えられているために、審査に通る可能性も高くなるといえます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>