カードローンの資金用途は基本は自由!しかし事業性資金への用途はNGなことも

できればカードローンの資金用途を先に考えてから申込みするようにしたい
カードローンにおける「資金用途」とは融資された資金の使い道を表しています。要するに、カードローンで借入したお金をどのように使うのか、ということを専門用語で「資金用途」と呼んでいるわけです。

銀行などの一般的な金融機関から融資を受ける場合は、必ず資金用途について確認があります。また、それを証明するために、申込み者は資金用途のための確認書類(事業計画書など)を提出しなくてはならない場合があります。

とはいえ、現在一般的に利用されているカードローンはほとんどが「フリーローン」に分類されています。こちらは資金用途を問わず、借入したお金は自由に使っても良い、というカードローンです。カードローンの大まかな分類としては以下のようなものが挙げられます。

カードローンの種類 資金用途
フリーローン 基本的に使い道は自由で特に制限がない一般的なカードローン
ビジネスローン(事業ローン) ビジネスや事業資金などを目的としたカードローン
教育ローン 入学金や授業料、教材購入費、習い事の費用など

カードローン以外のローンには住宅ローンや、マイカーローンなどもありますが、これらは厳密にはカードローンには含まれません。カードローンの定義としては、ATMなどから借入ができるもの、カードが発行されるものだとされています。

フリーローンなら資金用途は自由!

私たちがイメージするカードローンはほとんどがフリーローンに分類されるのですが、こちらの資金用途は特に限定されていません。ですので、普段の買い物に使っても良いですし、急な出費に対応するために利用することも可能です。また勧められることではありませんが、ギャンブルなどに使用しても特に問題はありません。

しかし注意しなくてはならないのが、カードローンの資金用途として「事業目的はNG」としているところがほとんどだということ。

消費者金融系カードローン、銀行系カードローンともに同じことが言えます。というのも、それぞれでフリーローンの他に事業ローン、ビジネスローンを用意していることが多いからです。事業資金用途としてカードローンを利用したい場合はこれらのビジネスローンに分類されるタイプのものを選びましょう。

こちらの方が金利としても優遇されていますし、ある程度利用限度額が高めに設定されているのでビジネスに役立てやすいです。

ただし、ビジネスローンを利用する時はいくつかの注意点をチェックしておきましょう。まずひとつが即日融資には基本的に対応できないことです。多くは事業計画書を提出してからの審査となるため、早くても1週間、遅いところだと1ヶ月ほど融資まで待たなくてはなりません。また、保証人が必要になることもあり、法人の場合だと代表者が必ず保証人になる必要が出てくることも。

目的別ローンの方が有利になることも

もしも利用目的がハッキリとしている資金用途なら「目的別ローン」を利用したほうが良いかもしれません。こちらは住宅ローンやマイカーローンなどがあてはまります。

どうして目的別ローンの方が有利になるのか、というと金利の面で優れているからです。使い道は限られてしまいますが、カードローンを色々な目的で利用しないなら目的別ローンも検討してみてはいかがでしょうか。ただしこちらもビジネスローンと同様、基本的には即日融資に対応しておらず「今すぐに融資して欲しい!」というときは間に合わない可能性も。

その辺りはフリーローンと使い分けるなど臨機応変に計画を建ててみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>