互助会にもカードローンがある?加入しているなら検討してみよう

互助会提携貸付が用意されているカードローンが増えてきた

会社などで互助会に加入している方も多いと思います。最近でこそ自分の意思で加入するか加入しないかを選べるところも増えてきましたが、昔ながらの体制の会社だとほぼ強制加入の所もいまだに珍しくありません。そのため互助会と言えば「毎月の給料から互助会費用が天引きされて嫌なもの」とイメージする方も多いかもしれません。

しかし、元々互助会は加入する人たちがより良い暮らしを手に入れられるように組織されたものですので、使い方によっては非常に心強いものになってくれます。

最近ではいくつかの互助会がカードローンを用意することが増えてきたようです。いわゆる消費者金融や銀行などで発行されているカードローンと同じような感覚で利用できるフリーローンになります。これまでも互助会にはいくつかのローンが用意されていました。

例えば住宅ローンや教育ローン、マイカーローンといったいわゆる「目的別ローン」に分類されるものでした。

しかし、これらのローンを利用する予定がない方にとっては「本当に互助会に加入する意味はあるのか?」と感じられたかもしれません。しかし互助会のカードローンのフリーローンを選べば普段の買い物はもちろん、ちょっとした旅行や急な出費などでも利用しやすいので、ひとまずカードを発行しておく、というのもひとつの手です。使わなければ利息が発生することは無いので、万が一に備えて用意しておくのは優れたリスクヘッジのひとつだと言えるでしょう。

●一般的なカードローンよりもお得?

互助会のカードローンは「互助会に加入していること」が絶対条件です。また、これに加えて一般的なカードローンと同じように審査があります。ですので、加入できる人が限られていること、そしてきちんと審査を通った人だけが利用できるというハードルが設けられています。

これらの点から金利などの面で一般的なカードローンと比べてみるとかなり優遇されている傾向にあります。ここでは消費者金融の代表格のひとつであるアコムのカードローンと近畿ろうきんのカードローンを比較してみましょう。

アコムのカードローン 近畿ろうきんのカードローン(笑くぼ)
借入限度額 500万円 100万円
金利 4.7%から18.0% 一律7.9%
本人確認書類 必要 必要
収入証明書 50万円以上の借入の場合必要 不要

 

あくまでも一部の例ですので、いずれの互助会のカードローンも同じことが言えるとは限りませんが、かなり条件が良いことに間違いはありません。普段からカードローンを利用する機会が多い方は、加入している互助会にカードローンがあるか、また、フリーローンが用意されているかをチェックしてみてはいかがでしょうか。最近では提携ATMが充実して、一般的な消費者金融系カードローンと同じように銀行のATMやコンビニATMでも借入できるところも増えているようです。

●目的がハッキリとしているなら目的別ローンが良い

もし互助会からローンを受ける場合、目的がハッキリとしているなら目的別ローンを利用しましょう。
こちらの方が金利が優遇されていますし、借入限度額も高めに設定されていることが多いです。住宅ローン教育ローンマイカーローンはもちろん、結婚関係や葬式関係など、いわゆる冠婚葬祭のためのローンも充実しています。

もちろん目的別ローンで貸付を受ける場合は必要に応じて書類を用意したり、報告しなくてはならないため手間もかかってしまいますが、より安心してお金の借入ができるのは大きなメリットだと言えるのではないでしょうか。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。