高額療養費の支払いにカードローンは使える?用途は原則自由なので問題無い

高額療養費は様々な制度を活用することで自己負担額を減らせることもある
年を重ねるにつれて健康のありがたみを感じるものです。病気になったら若い頃のようにはなかなか治りませんし、仕事にも影響が出るため家計に響くこともあります。また「医療費が高い」というのもかなりのネックです。

通院や入院、手術をした時にはそれなりのまとまったお金が必要となってきます。保険に加入していれば自己負担額は全体の3割で良いのですが、それでも医療費は高いですよね。

例えば、病院に入院した場合1日あたりの自己負担額はおよそ1万円前後だと言われています。もしも長期入院になり、1ヶ月も入院していたら30万円もの費用がかかってくることになります。+αで手術もしたらもっとたくさんの費用が必要。

そこで日本では、1ヶ月あたりに支払った医療費が決められた額を超えた場合「高額療養費」として扱われています。

高額療養費は負担してもらえる

高額療養費の定義は被保険者の状況によって異なるため一概には言えませんが、例えば40代で月収30万円の人の場合、自己負担の上限額はおよそ8万円となっています。もし仮に月に10万円の医療費を支払っていた、とすると「高額療養費制度」によって返済されます。

この高額療養費制度は70歳以上の場合は特に何も手続きをしなくても自動的に適用されるのですが、70歳未満の場合は自分で手続きを済ませておかなくてはなりません。

もちろん、実際に支払いが終わってから申請してもOKです。最大2年前までさかのぼって給付してもらえます。また前もって医療費は高額になることが分かっているなら事前の申込みも認められています。キャッシュバックを受けるためには「限度額適用認定証」を交付してもらわなくてはならず、それぞれの属性によって交付申請先が異なるので確認しておきましょう。

健康保険組合の健康保険 各健康保険組合
全国健康保険協会の健康保険 全国健康保険協会
国民健康保険 各市町村の役場

 

自身がどれくらいの高額療養費制度を利用できるのか、といった点もケースバイケースで対応する形になるため、詳しくは窓口に相談することをおすすめします。

医療費を借りる制度もある

もしも高額療養費を自分で用意するのが難しい場合は「高額療養費支払資金貸付制度」という制度を利用することも可能です。

高額療養費の8割から9割程度を金利なしで貸付してもらえます。ちなみに公的医療保険に加入している方なら誰でも利用可能ですが、保険料の滞納がある場合は利用できないこともあるようです。

詳しくは加入している医療保険の窓口に問い合わせて、貸付に対応しているかを相談してみましょう。申込みからおよそ2週間から1ヶ月程度で貸付してもらえます。

急な高額療養費に対応するには?

このように高額療養費に対する制度はいくつか存在していますが、いずれも「すぐに貸付して欲しい」「すぐにキャッシュバックして欲しい」という要望には対応できません。2週間から1ヶ月程度の期間を待たなくてはならないため、今すぐ支払わなくてはならないときは困ったものです。

そこでもしも高額療養費を支払うだけの手持ちのお金がないときはカードローンなどに頼るのもひとつの方法です。最近ではカードローンもかなり利用しやすくなりました。パートやアルバイトなど、いわゆる非正規雇用の人でも気軽に契約できますし、50万円未満の借入なら収入証明書の提出も必要ありません。

ですので、取り急ぎ高額療養費を準備しなくてはならないときはカードローンで資金調達して、あとは様々な医療制度を活用してカードローンの返済に充てる、といった使い方も検討してみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*