医療ローンやメディカルローンが利用できないときはカードローンを検討してみよう

医療ローンやメディカルローンに通らなかった時を考えてカードローンを作っておくのもおすすめ

いつ何時、入院や手術をするか分かりませんし、検査を受けるのもお金がかかります。そして、中には保険適用外のものもたくさんあります。

基本的に私たちは保険に加入しているため、自己負担は3割で良いのですが、それでも支払いが大きくなってしまうことは多々あります。そのようなときに利用するのが「医療ローン」「メディカルローン」と呼ばれるものです。これらは、基本的には銀行側で融資している目的別ローンのひとつ。多くは病院を通じて申込みする形となっています。医療ローンやメディカルローンは次のような目的で使われることが多いです。

治療費用 先進医療治療や不妊治療費用などは保険適用外となっており、多額の費用がかかるため医療ローンやメディカルローンを利用することが多いです。
入院費用 入院費用は一日あたりおよそ1万円~2万円ほどの費用がかかるといわれています。長期間の入院になると医療ローンやメディカルローンを頼るケースが多いです。
検査費用 健康診断をはじめとした様々な検査の費用に医療ローン、メディカルローンが使われています。
出産費用 出産費用は保険適用外となり、それなりにまとまった金額が必要になってきます。

 

このように、医療ローンやメディカルローンは様々な目的で活用されています。

●誰でも使えるわけではない?

このように、病気やケガなどで思わぬ費用がかさんでしまうときに心強い医療ローンやメディカルローンですが、必ずしも誰もが利用できるとは限りません。というのも、必ず審査を行って、条件が合った人だけが利用できるものだからです。多くの医療ローンは、担保不要、保証人不要、所得証明書の提出不要など一般的なカードローンと同じような形を採用していることが多いです。

また最近ではwebからの申込みに対応している医療ローンも増えてきているようです。

しかし、審査の内容自体はかなりハードルが高めで、安定した収入があり、返済能力が高いと認められた人しか審査に通りづらいのが実際のところです。病気やケガが理由で医療ローン、メディカルローンを利用する、ということはしばらくの間は働く事ができない可能性が高い、と判断できます。

つまり、審査属性がよほど優れていないと審査に通りづらいのが実際のところなんです。いくつかの医療ローンやメディカルローンの利用対象者を確認してみると必ず記載されているのが「安定・継続した収入がある方(ただしパートやバイト、年金収入のみの方は利用不可)」というものです。利用可能な人かかなり絞られているのが分かります。とはいえ金利がかなり低く設定されているので、条件が合えばこれを利用しない手はありません

●万が一に備えてカードローンを検討しよう

もしも医療ローンやメディカルローンが利用できなかった場合、どうすれば良いでしょうか。まず最初に検討したいのは公的な補助制度です。

例えば「高額療養費制度」は必ずチェックしておきたい公的な補助。それ以外にも様々な公的補助制度が用意されているので、病院のスタッフや役所などに相談してみましょう。条件さえ合えば決められた上限額以上の支払い分が返済されます。とはいえ、これは申請すればすぐに支給されるわけではありませんので、必ず一度は自分で支払っておかなくてはなりません。

そこで、カードローンの利用も検討してみましょう。カードローンは銀行や消費者金融などが提供しています。医療ローン、メディカルローンと比較すると審査に通りやすいですし、公的な補助が受けられるのなら、支給されるまでのつなぎとしてカードローンを活用するのも賢い選択だといえます。しかし入院しなくてはならないような状態だと審査に通りづらいことも考えられるので、できれば健康なうちからカードローンを作っておいて、万が一に備えておくのがおすすめです。

通りやすいカードローンを探すのも良いですが、金利や返済方法、借入できる所(コンビニなどの提携ATM)もあわせてチェックし、自分のライフスタイルにピッタリのところを探してみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。