お金がなくてピンチ!家賃や更新料の支払いはカードローンを使おう

急な出費が続いて家賃や更新料の支払いが難しいときはカードローンを上手に活用する!

急な出費が続いたり、思うような収入が得られなかったとき、家賃や更新料が支払えないと家を追い出されてしまいます。そうなると生活ができなくなって仕事どころではありません。そこで、急な出費に対応するためにもカードローンを上手に活用することをおすすめします。

更新料とはどのような費用のことなのでしょうか?

賃貸住宅で暮らしている人は、2年に1度更新料の支払いを請求されることになります。家賃と同額程度の更新料が請求されることが一般的ですから、「なんだか不満だ!」という人が多いかもしれません。法的には更新料を支払う義務などは設定されていないのですが、賃貸の契約で更新料を支払うことが決められているのであれば、契約内容に従って更新料を支払うことが必要になります。

例えば裁判所に「更新料なんて無効だ!更新料なんて支払わない!」と訴えたとしても、あなたの主張は認められないのです。実際に更新料の有効性について裁判で争われたことがあるのですが、この時には最高裁判所により「更新料の請求は有効である」という判決が出ているのです。更新料についてはこれを支払わないわけにはいきませんので、事前に支払いのための資金を準備しておくようにしましょう。

更新料を支払わないとその後どうなるのでしょうか?

賃貸住宅の更新料を支払わなかったとしても、すぐに立ち退きを迫られることはありません。日本では賃貸住宅に住む人のための「借地借家法」という法律があり、賃貸住宅に住む人の権利は一定の範囲内で守られているのです。ただし更新料についてはやはりこれを支払う必要がありますし、更新料を支払わない人に対しては不動産業者は更新料の支払いを催促することになります。

まずは本人の自宅や携帯などに電話による催促が行われますし、家賃を銀行口座からの支払いで支払っている場合には更新料の引き落とし手続きが行われることになります。それでも本人が更新料を支払わない場合には、賃貸住宅に入居する際に申請した保証人に対して、更新料の支払いが請求されるされるのです。

保証人に対して更新料の支払いが請求された場合には、保証人になってくれた人は「保証人を引き受けたのにひどいじゃないか!」と考えるかもしれません。あなたとの信頼関係が壊れてしまうことになりますので、くれぐれも注意をしてください。更新料の支払いが賃貸住宅の契約書に記載されているのであれば、賃借人は更新料を支払うことが必要になります。不動産業者の請求は当然のものになりますので、更新料は必ず支払うようにしましょう。

即日融資対応カードローン

家賃や更新料は決められた日までに振込もしくは引き落とししなくてはなりません。ある程度の貯蓄があれば良いのですが、支払えなかった場合は延滞料が発生してしまいます。マンションやアパートの大家さん、不動産会社によって延滞日数の上限が決められており、多くは2ヶ月、もしくは3ヶ月以上滞納した場合強制退去という形を取っているようです。

もちろん、それまでに支払うことができれば問題ありませんが、万が一支払えなければ「居住地」という生活基盤を失ってしまうことになるため、問題です。また、延滞料も結構な金額になることも珍しくなく、そうなるとかなり損をしてしまうことになります。

そこで、できるだけ延滞料を発生させない、そして強制退去を回避するためにもお金を用意しなくてはなりません。そこでおすすめなのは即日融資対応のカードローンです。こちらは条件さえ合えば、申込みしたその日のうちに指定した口座に入金してくれるありがたいサービスです。即日融資に対応しているカードローンは以下のものが代表的です。

カードローン会社 条件
Mr.カードローン web申込みから即日融資可能。変動型金利。300万円まで原則収入証明書不要。
みずほ銀行カードローン web申込みから即日融資可能。変動型金利。
イオン銀行カードローン 14時までの申込で原則即日回答。イオン銀行の口座を持っているなら即日振込も可能!
プロミス web申込み、もしくは近くの自動契約機から即日融資可能。50万円以下なら原則収入証明書不要。
アコム web申込み、もしくは自動契約機から即日融資可能。初めての方なら最大30日間金利0円。
レイク web申込み、自動契約機から即日融資可能。30日間無利息、もしくは借入金額5万円まで180日間無利息が選べる。
ノーローン web申込みで即日融資対応。楽天銀行口座を持っていれば24時間リアルタイム取引ができる。何度でも1週間無利息。
アイフル ネットから手続きで即日融資が可能。パートやアルバイトでも利用できる。
モビット web申込みで即日融資可能。カードレスにも対応。

消費者金融系のカードローンは最短審査で申込みできるところも多く利便性も高いですが、一方で借入金額の上限や金利の面を見ると銀行系のカードローンの方が使い勝手が良いこともあるので、ライフスタイルに合わせて自分にピッタリのものを選んでみましょう。

いずれのカードローンもインターネットから手軽に申込みできるものばかりですので、仕事などであまり時間をとることができない、近くに窓口や自動契約機がない、という方でも利用しやすいと思います。

更新料の支払いを忘れずに!

ここ10数年の間に全国各地で当たり前のように使われるようになった「更新料」。もともとこちらはごく限られた地域でしか採用されていなかったのですが、今となっては各都道府県で導入されていることが多いです。
そもそも更新料は法的に必要なものなのか、と言えば厳密に定められているわけではありません。更新料の性格は「礼金」と近いものだといえそうです。ですので、支払い義務があるのかと言われるとかなり微妙なラインです。
しかし、契約書の中に「2年に一度は更新料を支払わなくてはならない」という旨が記載されている場合は支払わないと強制退去の理由となってしまいます。料金についてはそれぞれの地域によって異なりますが、多くは家賃1ヶ月分、もしくは2ヶ月分を更新料として請求することが多いようです。

ちなみに関西圏に関しては更新料を用意しておらず、代わりに敷金の返礼がない、というケースが多いようです。部屋を探す時に「敷金・礼金・家賃」は必ず確認していますが、なかなか更新料のことまでは気が回らないものです。住み始めてから2年後、あるいは1年後に「更新料を振り込んでください!」と言われても困ってしまいますよね。

そのときに「お金がない!」とならないように契約書をきちんと確認するようにしましょう。また、今住んでいるところから更新料の請求があった場合は支払わざるを得ないので、引越しをするか、あるいはカードローンを上手く使ってやりくりしていきましょう。

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。