意外とかかる?入学式関係の費用はカードローンで整えよう

入学式関係の費用は5万円から8万円前後とそれなりに必要

小学校への入学式はそこまでお金がかからない、と思われがちです。特に公立小学校の場合は義務教育なので授業料や入学金は必要ありません。教科書の購入も必要なし。ですので、実質入学式前後でお金がかかるのは高校に入る時から、というイメージを持っている方もいるかもしれません。

しかし、もちろん義務教育期間もしっかりとお金がかかってしまうものです。最近では多くの小学校が制服制度を廃止して、私服を導入しているため、あまりお金がかからないと思われがちですが、指定用品を購入したり、ランドセルを購入したりとお金がかかってしまうものです。入学式前までに揃えておかなくてはならないものもたくさんあるので、きちんとお金の準備をしておきましょう。

●指定用品は意外と高い!?

小学校で使う指定用品はそこまで値段は高くないだろう、と考える方も多いですが実際のところは意外と高いです。中には100円均一で購入できるものもたくさんあるのに、わざわざ学校側で購入しなくてはならないので余計に高く感じられるかもしれません。

それぞれの小学校で指定用品は異なりますが、帽子、名札、上履き、体操服、体操帽子、体育館シューズ、筆記具、道具箱、算数セット、粘土、給食用品、鍵盤ハーモニカなどが挙げられます。

●入学式までの費用の概要

では入学式までに支払わなくてはならない大まかな費用の概要をチェックしてみましょう。まずランドセルですが、こちらはかなりリーズナブルなものも登場してはいるものの、だいたい3万円前後で見積もっておきましょう。

次に入学式に来ていくスーツですが、こちらは卒園式で着用したスーツ、制服がある小学校ならそちらを。美容室で髪の毛を切ったり、記念写真を撮影する場合はその分の費用も含めていきます。もしも保護者の方で保護者代表の挨拶をする場合は着物を着用すると見栄えが良くなるので、その分の費用も計算しましょう。すると、大体5万円から8万円前後に落ち着くのではないでしょうか。

●お金が足りないときはカードローンが心強い

このように、入学式までにある程度まとまったお金が必要になることが分かります。もちろん事前に準備しておければそれに越したことは無いのですが、何かとお金がかかるシーズンだけに、出費が続いて費用を捻出できない可能性もありますよね。その時はカードローンを上手に活用してみてはいかがでしょうか。

カードローンなら入学式に必要なお金をまとめて借入できますし、返済も月々決められた金額を支払えば良いので一度にまとめて支払う必要はありません。もちろん、ボーナスなどが出た時はまとめて返済することも可能です。入学式だけでなく、子供が学校に通い始めると何かとお金が必要になる場面も出てきます。そんな時のためにもカードローンを作っておくと便利なこともあるでしょう。

銀行などで教育ローンを設けているところもありますが、金利としてはこちらの方がおすすめ。ただし、審査の内容が厳しかったり、即日融資に対応できない、ということを考えると消費者金融のカードローンを使うのも有効です。教育ローンとフリーローンの違いは以下の通り

教育ローン カードローン(フリーローン)
金利 低め 教育ローンよりは高め
即日融資 対応不可がほとんど。早くても2週間前後、遅いと1ヶ月以上かかることも 対応可能なところが多い
返済 決められた金額を返済 決められた金額を返済、生活費に余裕があるときは多めに返済して借入期間を短くすることも可能
利用目的 教育関係のみ 基本自由

 

このように、金利の面では教育ローンの方が優遇されていますが、その他の面を見るとカードローンの方が使い勝手が良い部分もあります。特に即日融資に対応できるか否か、という点は大きいポイントだといえそうです。また、利用目的が自由に設定されているのも使い勝手が良いポイントだといえます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。