万が一の災害に備えてカードローンを作っておこう

災害で仕事が無くなってしまったり、出費が重なる時はカードローンが心強い

日本は災害の多い国として知られています。大きな地震が起こる可能性もありますし、夏は台風が、冬は大雪が降るなどの災害が考えられます。もちろん、インフラが整っているので多少のことでは問題無いのですが、想定以上の災害に見舞われることもあります。東日本大震災という例があることは言うまでもありませんね。またここ数年は大雨による被害が広がり、農作物が思うように収穫できない、といったニュースも問題視されています。

壊滅的な災害に遭った時、一番問題となるのはやはり「お金」です。十分な貯蓄があればどうにかやりくりすることもできますが、不景気の折、なかなか貯蓄ができない方もたくさんいます。そんな時に災害に遭ってしまい、それが原因で仕事が無くなった、早急に家を修理しないとまともな生活ができない、今日食べる分のご飯のお金もない、となると非常に困難な状況だと言わざるを得ません。そこで、災害をはじめとした不測の事態に備えてカードローンを作っておくことをおすすめします。

●災害時のカードローンの強み

災害に備えてカードローンを作っておくことの最大の強みは、なんといっても提携ATMの数が多いため、どこでも手軽に借りられる、ということです。災害と同時に道路が封鎖されてしまったり、思うように身動きがとれないこともしばしばあります。しかし、コンビニなら徒歩圏内にあることも多いのでカードローンさえ作っておけば当面のお金を借入することもできます。最近のカードローンは他行のATMでも利用できるものが増えているのでより利便性が良くなったといえます。

また、カードローンの強みのひとつとしてすぐに借入できる、という点が挙げられます。災害などの被害にあったときは国から給付金などが配られることもありますが「すぐに」とは言いがたいです。そのため、今日のご飯を買うためのお金がない、といった場合だとすぐにでも借入できるカードローンの方が心強く感じられるでしょう。

カードローンを作っておくこと自体はお金がかかりません。ですので、災害などの万が一の事態に備えて作っておくことは大事な災害対策のひとつだと覚えておきましょう。

実際に、過去の災害でカードローンを持っていたからどうにかやりくりすることができた、生き延びることができた、という話も良く耳にします。緊急時だからこそ必要になるお金。できるだけお金を確保できるルートは多く準備しておくことに越したことはありません

●災害時のカードローンの返済は?

カードローンの支払い期限が近いのに災害に遭ってしまったため、返済できそうもない、といったときはどうなるのでしょうか。

支払い能力がある もしも支払い能力があるときは返済しなくてはなりません。
支払い能力がない 災害が理由でとてもではないが今月の支払いは無理、という時はすぐに連絡しましょう。延滞金が発生する場合もありますが、相談次第では発生しないこともあるようです。

社会問題クラスの大災害の場合だと、各カードローン会社で特別対応窓口を設置するのが一般的です。ですので、まずはそちらに連絡するのがベストでしょう。速やかに連絡して被災した旨を伝え、これからどうするべきなのかを相談しましょう。返済猶予を付けてもらったり、場合によっては当分の間金利をストップしてくれることもあるようです。とはいえ、相手も商売ですので「必ず返してもらわなくては困る」のは間違いありません。ですので、とりあえずは「返す姿勢」をしっかりとアピールしながら相談することをおすすめします。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。