成人式にかかる費用は30万円近い!?カードローンを上手に活用

特に女性の成人式は費用が高くつきやすい

成人式は一生で1度しか訪れない、大事なものです。そのため、綺麗に着付けて晴々しく迎えたいもの。そこで成人式のために準備を進めている方も多いと思いますがこれが思っている以上に費用がかかってきます。成人式は予定がハッキリとしているので、それに備えてお金を準備しておけば良いのですが、直前になって出費が重なってしまったり、思うように貯蓄できないこともあります。その時はカードローンなどを上手に活用してやりくりしていきたいものです。

カードローンを使えば、まとまったお金が必要になる成人式の費用を捻出しやすいですし、一括で支払うのではなく、分割で返済していくことになるため、家計への負担も減らせると思います。例えば、一般的な成人式の費用の相場である30万円を金利18%で借入し、毎月3万円ずつ返済すると次のような計算になります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 30000 25500 4500 274500
2 30000 25883 4117 248617
: : : : :
10 30000 29157 843 27077
11 27483 27077 406 0
累計 327483 300000 27483 0

●振袖の費用

成人式といえばやっぱり振袖です。最近では振袖ではなく、スーツで済ませる人も増えていますが、女性にとって成人式はキレイな振袖を着る絶好のチャンス。とはいえ、成人式の振袖を購入するのは慎重にならなくてはなりません。平均的な相場としては15万円から20万円程度となっています。少しグレードの良いものになると25万円から30万円高級なものだと50万円から100万円と桁が変わってきます。

もちろん、15万円前後の相場的には安めの振袖でも美しい柄や綺麗な色のものも数多く存在しているので、その中から気に入ったものを選べば問題無いでしょう。

また、最近では中古の振袖も人気を集めています。費用としては10万円未満で済ませられるものが多いのですが、やはり振袖ですのでそれなりの費用は覚悟しておかなくてはなりません。

気になるレンタルについてですが、安いものだと2万円から3万円前後、質の高い振袖の場合だと5万円から10万円になります。ちなみに、成人式シーズンになると割高になってしまうので、できるだけ早めに予約しておいた方が安くつくことが多いです。

●メイクの費用

メイクは自分でする!という方も多いですが、振袖に合うメイクはなかなか難しいもの。ヘアメイク、顔のメイクともにセットで美容院を利用のが一般的です。こちらは美容院によって異なりますが、1万円から3万円前後が多いようです。

●その他の小物

振袖やメイクの他にも成人式用の小物を揃えたいという方もいるでしょう。髪飾りや帯飾り、アクセサリーなど色々なものがあります。これらは購入するにせよ、レンタルにせよそこまで値段が高くはありませんが、少なく見積もっても1万円前後、高いものになると10万円前後することもあるようです。

●写真費用

成人式できちんとした写真を撮りたい、ということで写真屋さんに申し込むことも多いでしょう。また親戚に写真を配る人も多いはずです。きちんとした写真撮影の場合、5000円近く費用がかかることもあります。安いところだと1000円程度で撮影できるようです。

これらの費用を総合して考えると、安く抑えても30万円程度、高いと100万円を越えてしまうことも考えられます。もしも下の子供も成人式を控えているのなら、レンタルよりも購入した方が良いかもしれません。もちろん「お下がりは嫌だ」と言われればレンタルの方が良いかもしれません。状況に合わせて最適なものを選んでいきましょう

【まとめ】成人式シーズンは何かとお金がかかる!カードローンでやりくりしよう

・一生に1度の成人式だからこそカードローンで立派な式を!
年末年始の出費が続くシーズンが一段落付いたと思ったら次は成人式シーズンに突入します。ですので、家族の中に成人する人がいたり、親戚にいると+αで費用がかかってきます。

成人式と言えば女性は振袖、男性は紋袴を着るのが一般的です。もちろん購入するよりはレンタルした方が安く済むので、そちらを検討している方がほとんどだと思います。

振袖の費用

振袖の平均的な相場は購入の場合15万円~20万円程度となっています。決して安い値段ではありませんね。もう少しグレードの高いものになってくると25万~30万。お金に余裕がある方は50万円以上の振袖を選ぶ方もいるでしょう。

もちろんレンタルの安いものでも自分の気に入ったものを見つけられればそれに越したことはありません。しかし中には「人生で1回きりなんだから奮発して購入する!」という方もいます。

振袖のレンタルの相場は安いものだと2万円~3万円前後、良いものだと5万円~10万円前後が多いです。平均的な相場としては大体5万円前後を見積もっておけば良いでしょう。ただしこれは成人式シーズン以外の相場であり、直前になってレンタルすると安いものでも3万~5万くらいの費用がかかってきます。

また、直前だと良いものが残っていないことも多いので計画的に進めていきたいところです。

10月までには予約しておくことをおすすめします。これにプラスして小物の費用もかかってくるので、トータルでの予算はレンタルの場合だと10万円前後は考えておいたほうが良さそうです。

紋袴の費用

男性が成人式に着用する晴れ着と言えば「紋袴」になります。

最近だとスーツで参加する方も多いですが「せっかくの成人式だから思い出に」ということで紋袴を選ぶ人たちも多いです。購入する場合は安いものだと5万円~10万円くらい、良いものだと15万円~20万円くらいが一般的のようです。

レンタルの場合はオフシーズンだと1万5000円程度でレンタルできるものもありますが、成人式シーズンになってくると2万円~3万円、高いものだと5万円~10万円くらいの費用がかかってきます。振袖のケースと同じように、早めに予約しておかないと良いデザインのものが残っていないことが考えられるので早めの計画を。

成人祝いの費用

成人式の前後にプレゼントする「成人祝い」もそれなりの出費となります。親戚の場合は1万円~5万円前後、そうでない方は5000円~1万円前後を包むことが多いようです。もちろん気持ちの問題なので、これよりも少ない金額でも全く問題ありませんが、大人としての門出を祝うものですのであまり少なすぎるのも考えものです。

もちろん現金でなく、カタログギフトや名刺入れ、サイフ、スーツをプレゼントしても良いですし、一人暮らしの人なら家電製品をプレゼントするのも喜ばれます。

成人との間柄 成人祝いの金額の目安
両親 1万円~5万円
祖父母 1万円~5万円
兄弟姉妹 1万円~3万円
叔父・叔母 1万円
親戚 1万円
知人・友人 5000円~1万円

 

カードローンを上手に使って

このように、成人式シーズンは何かとお金がかかってくるものです。あらかじめ準備できていれば良いのですが、急な出費が立て続きやすい時期だからこそ注意が必要。そこでおすすめしたいのがカードローンを上手に活用することです。

あらかじめカードローンを作っておけば、成人式に合わせて借入することもできますし、より立派な成人祝いができるものです。1度に大きな出費が出るのは大変だけど、何回かに分けてなら対応できる、という場合はカードローンが心強いでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。