ちょっとした生活費の足しに!カードローンを持っていると便利

カードローンを上手に使って足りない生活費を補うのはひとつの賢い方法

生活費は大きく分けると「固定費」「流動費」に分かれます。

固定費 生活の最低限必要なものが多い。毎月定期的に発生する費用で、家賃や水道代、光熱費、医療費、交通費などが挙げられる
流動費 住宅や自動車の購入、予期せぬ病気による通院や入院、娯楽などが挙げられる

 

生活費は基本的に毎月ほぼ決まった金額になることが多いです。そして同時に毎月の収入も多くの方はほぼ決まっています。そのため、計画的にお金を使えば「生活費に困る」ことはあまり起こりません。

しかし、冠婚葬祭や病気・ケガなど自分の意思とは関係のないところで出費が重なってしまうと場合によっては生活費が苦しくなることもありますよね。そんな時、友達や親に頼るのも良いのですが、お金の貸し借りはトラブルの原因となるのでできれば避けたいところ。そこでおすすめしたいのがカードローンです。

誰でも簡単にカードローンが作れる時代に!

以前まではカードローンを所持できるのは一部の人だけ、というイメージがありました。しかし今はそのようなことはありません。パートやバイトといった非正規雇用の方でも安定した収入さえあればカードローンを作れる時代になってきました。そのため、思っているよりも多くの方が手軽にカードローンを使っているのが実際のところです。

ほとんどの方は「急な出費に対応するため」「今月の生活費が苦しいからそれを乗り切るため」普段使いのためにカードローンを使うことが多いようです。カードローンは借入していなければ利息が発生することはありませんし、年会費などが必要なものはごく一部だけです。多くは作るだけ、所有するだけなら無料になっています。

ですので、万が一急な出費に対応しなくてはならない、生活費が困る場面が来るかもしれない、と考えるとカードローンを作っておいても損は無いでしょう。

最近ではリスク管理のひとつとしてお金に困っていなくてもカードローンを作っておく方が増えています

生活費が赤字の場合は?

収入が安定しなかったり、そもそも低所得だと生活費が常に赤字になってしまうこともあります。それを補うためにカードローンを利用するのは危険です。というのも、カードローンは返済することを前提として借入しているわけですし、当然金利による利息も発生しています。

つまり、生活費が赤字の状態でカードローンに頼っていると、返済が追いつかず、どんどん借金ばかりが膨らんでしまうことに。

そうなると、借金を返すために他のカードローンを作る、いわゆる「多重債務」に陥る可能性もあります。

もしも生活費が赤字で常に足りていないなら補助・支援貸付も視野に入れてみましょう。こちらは「生活福祉資金貸付」という国の制度を利用します。日々の生活に困っている方を対象とした当面の生活費の貸付、そして経済的な自立を補助するための制度です。基本的に連帯保証人が必要になりますが、保証金を支払えば保証人がいなくても貸付を受けられます。

総合支援貸付制度には次のようなものがあります。

生活支援費 経済的な自立を目的とした最大12ヶ月の貸付制度。2人以上の世帯の場合最大で月20万円、単身世帯は最大で月15万円まで。
住居入居費 敷金や礼金といった入居に必要となる経費の貸付で最大で40万円まで。
一時生活再建費 就職や転職などで生活費が足りない場合の貸付。最大で60万円まで。

 

これらの支援制度を利用すれば、カードローンのように利息を気にすることなく貸付を受けられます。

しかし、必ずしも全員が利用できるとは限りませんし、公的な制度の場合何かと条件が付くことがほとんどです。ですので、これらの貸付制度+民間の消費者金融や銀行が発行しているカードローンも持っておくとより柔軟に対応できるようになります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。