車検代が足りないときはカードローンを上手に活用しよう

車検代に必要な費用は軽自動車でもおよそ15万円!
自動車を使用し続けるためには決められた期間内に車検を受けなくてはなりません。車検は車種によって代金が大きく変わってきます。車には様々な車種があり、それぞれ「車両重量」で分類されています。そしてこの車両重量を元にして車検時に納税しなくてはならない「重量税」の金額が変わってきます。

車種を大まかに分けると「軽自動車」「小型自動車」「中型自動車1.5トン以下」「中型自動車2トンまで」「大型自動車」となっています。
それぞれ0.5トン刻みで車種が変わってきます。重量税を含めた車検にかかる法定費用は以下の表の通りです。

車種 軽自動車 小型乗用車 中型乗用車(1.5トン以下) 中型乗用車(2.0トンまで) 大型乗用車
自賠責保険 2万1970円 2万4950円
重量税 6600円 1万6400円 2万4600円 3万2800円 4万1000円
印紙代 1100円
合計法定費用 2万9670円 4万2450円 5万650円 5万8850円 6万7050円

 
このように、車種別の法定費用を見てみると、軽自動車と大型乗用車を比較すると倍以上の値段がかかってくることが分かります。全体的に見てみても、軽自動車だけかなり重量税が優遇されていることが分かります。

そしてこの法定費用に加えて、24ヶ月法定点検や、検査代行料などが含まれてくるため、実質はもっと多くの料金が必要になってきます。また、車検する毎に交換したほうが良いと言われているオイルやブレーキフルード、冷却水などの追加費用も発生します。

もちろん整備の内容によって金額は前後しますが、実際にかかる車検代は法定費用+5万円から10万円程度を目安とするのが一般的です。3年に1度のペースでこれだけの費用が発生する、と考えると車を所持し続けるのも決して簡単ではないですね。

車検代の支払いが難しいときは?

一般的に車検代が安く済むと言われている軽自動車だったとしても、車検代で10万円から15万円程度の費用は覚悟しておかなくてはなりません。大型乗用車の場合はこの倍近く車検代がかかってくることも珍しくありません。

それなりにまとまった金額となってくるため、急にこれらのお金を用意するのは難しいかもしれません。

とはいえ、車検が切れてしまった場合はその自動車に乗ることが許されないので困ってしまいます。もしも車検切れの自動車を運転してしまうと罰金などのペナルティーが発生してしまいます。

車検代を捻出するのが難しいときは、カードローンを上手に活用してみてはいかがでしょうか。多くのカードローンは50万円以下の借入なら収入証明書の提出が必要なく、さらに即日融資に対応しているものも非常に多いです。ですので、車検が迫っているときにできるだけ早く車検代を捻出したいときはカードローンほど頼りになるものはありません。

「カードローンを利用したら利息が発生して出費が辛くなるのでは?」と考える方も多いですが「車検代を分割払いできる」と考えてみてはいかがでしょうか。

一般的には車検代は一括で支払わなくてはなりませんが、カードローンの場合は分割で返済することが可能です。例えば車検代に必要な10万円を借入したとしましょう。

車検を受けたその翌月に10万円+利息を支払うのは難しくても、毎月2、3万円ずつの返済ならできる!という方は多いと思います。

利息についても仮に年利18%で10万円を借入し、3ヶ月間で返済する場合だと次の通りになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 34338 32838 1500 67162
2 34338 33331 1007 33831
3 34338 33831 507 0
累計 103014 100000 3014 0

このように、利息はおよそ3000円しか発生しないので、ほとんど気にならない範囲ではないでしょうか。もちろん車検代だけに限らず、様々な場面でカードローンが役立つこともあるでしょう。

万が一の急な出費に備えてカードローンを作っておいても損は無いと思います。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>