ショッピングに利用するにもカードローンが何かと便利

カードローンはショッピングだけでなく他の事にも使いやすい

これまではショッピングと言えば「クレジットカード」を使うことが多かったと思います。しかし最近ではカードローンの人気も高まっています。その理由として「ショッピングだけでなく、その他にも色々と使い勝手が良いから」という点が挙げられます。ここではショッピングでおなじみのクレジットカードと、カードローンの違いを紹介していきます。

●お店で直接使えるのはクレジットカード

家電量販店やブランド店などでショッピングのときに直接使えるのがクレジットカードです。レジでお会計のときに「カード払いで」といってクレジットカードを出せば決済できます。しかし、カードローンの場合だとカードローンのカードをレジに出しても決済できません。そうなると「ショッピングだとクレジットカードのほうが便利では?」と思うかもしれません。

確かに、ショッピングだけに限って言えばクレジットカードの方が何かと都合が良いことも多いです。利用するたびにポイントが貯まりますし、小銭を持ち歩く必要がないので荷物を最小限に抑えられます。また、保証もしっかりしているので万が一紛失や盗難にあったときも安心できるのはクレジットカードの大きなメリットだといえます。しかし一方で、クレジットカードが使えないお店もあるので使いどころが限られているのも事実です。

●現金が必要な場面で使えるのはカードローン

クレジットカードは現金が手元に欲しいときに利用しづらいのが現状です。いくつかのクレジットカードはキャッシング枠を設けていますが、別途契約を結ばなくてはならなかったり、収入証明書などを提出しなくてはならなかったりと手間がかかる割には借入限度額が少なめに設定されている、金利が上限金利いっぱい、といった面が気になります。

一方のカードローンは現金を借入するためのサービスです。ですので、現金が必要な場面に関してはカードローンの方が使い勝手が圧倒的に上と言えそうです。ショッピングに使うこともできますし、交通費や冠婚葬祭などの出費にも心強いです。ただし、ネットショッピングなどは現金での決済が難しいので、クレジットカードの方が使い勝手が良く感じられるかもしれません。

●ケースバイケースでそれぞれのメリットを活かす

このように、クレジットカードとカードローンではそれぞれメリットが異なってきます。ですので、ケースバイケースでそれぞれのメリットを活かす使い方ができればベターです。それぞれの大まかな違いは以下の通り。

クレジットカード カードローン
ショッピング クレジットカード提携店なら使える。ネットショッピングにも対応 現金での支払いになるので使い勝手が良い。ただしネットショッピングでのオンライン決済は難しい
現金化 原則現金化は不可能 現金を手にすることに特化している
柔軟性 ショッピングや飲食店など利用目的はある程度絞られる 現金を使う場面ならどこでも役立つ
金利 上限金利いっぱい 上限金利より低めが多い
借入限度額 1~50万円くらいが多い 1~500万円とかなり幅広い

 

中でもカードローンが特に便利だと感じるのが「災害時」など万が一のときです。もちろんクレジットカードでもある程度急場をしのぐこともできますが、どうしても現金で支払わなくてはならないような場面も多々出てきます。そのようなときに、クレジットカードのキャッシング枠があれば良いのですが、多くの方はショッピング枠しか契約していません。

ですので、ショッピングをはじめとした普段使いはクレジットカードを利用し、万が一に備えてカードローンを契約しておく、という使い方もおすすめです。いずれにせよ、できるだけ金利が低く設定されているもの、ポイントサービスなどお得に使えるものを選んでいきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。