資金難に陥った時に心強いカードローンを作っておこう

事業が順調に進んでいるときこそカードローンを作るチャンス

個人事業主や法人として運営していると、調子の良い時もあれば、なかなか収益が上がらず、資金難に陥ってしまうこともあります。もしも資金難になってしまったら、どこからかお金を調達して経営を立て直していかなくてはなりません。そこで多くの方が利用しているのがカードローンです。

資金が不足したときに利用し、再び調子が戻って収益を得られ、上手く返済できればこれほど頼りになるサービスはありません

カードローンは各金融機関が取り扱っていますし、消費者金融でも提供されるようになってきました。多くのカードローンは保証人や担保を用意しなくても利用できるので、より気軽に資金調達に利用しやすくなったと言えるでしょう。

●調子の良い時こそカードローンを作る

上手く経営が行き、収入が安定している時は考えもしなかった「資金難」。実際に個人事業主や事業を営んでいると、このような事態は1度は経験したことがあるでしょう。このあたりは必ずしも自分の責任だけで起こるとは限らず、もしかすると提携している会社や、取引先の都合で資金難に陥ってしまうこともあります。

銀行や信金から融資を受ける場合、必ず事業計画書を提出しなくてはなりません。つまり、経営が上手くいっている時こそこれらのカードローンを作っておくチャンスだといえます。

もしもすでに資金難に陥っているときに事業計画書を提出したところで「結局今のところ上手くいってないわけでしょ?」と判断されれば融資が受けられません。そうなってしまうと、お金を貸してくれるところが無くなってしまい、結果的にそのまま倒産。ということも十分考えられるわけです。

これらのことから、調子が良い時こそカードローンを作るのが最適なタイミングだといえます。

フリーローンではなくビジネスローンを

カードローンにもいくつかの種類があるのですが、資金難に備えて作っておくのならフリーローンではなくビジネスローンを選択しましょう。

そもそも、フリーローンはあくまでも個人向けのものであり、事業目的としては利用を禁止していることがほとんどです。「フリーローンなんだから何に使っても良いのでは?」と思う方も少なくありませんが、利用規約に「利用目的は自由。ただし事業目的は除く」といった具合に明示されていることがほとんどです。

確かに、フリーローンから資金難のために借入して、内緒で使うこともできなくはありませんが、これがバレてしまうと「借入した金額を一括返済しなくてはならない」「2度とカードローンが利用できなくなる」といったペナルティーを受ける可能性があるので注意が必要です。個人でも使いたいし、事業目的でも利用したい、という方は「事業目的OK」のフリーローンを探す必要が出てきます。

しかし残念ながら現状としてはほぼそのようなカードローンは存在していないのが現実です。

フリーローン ビジネスローン
利用目的 基本的に自由 事業目的に限る
借入金額 最大で500万円程度 カードローンによっては1000万円の融資に対応
金利 ほぼ上限金利が適用 フリーローンよりも優遇されていることが多い

 

このように、フリーローンとビジネスローンの違いを大まかにチェックしてみても事業者にとってはビジネスローンを選ぶべきだということが分かります。やはり金利が低めに設定されている、利用限度額が高い、というのは魅力的です。ただし、即日融資には対応していないため、いざ資金難が訪れた時にいきなりビジネスローンを使うのはほぼ不可能です。

ですので、あらかじめカードローンを作成しておいて、万が一に備えておくことが大切です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。