太陽光発電の購入資金はソーラーローンがお得?カードローンを使うのもおすすめ

ソーラーローンを利用して太陽光発電を導入するためには、金融機関に申込んでローンの審査を受けることが必要になります。これは住宅ローンやカードローンなどの場合にも同様なのですが、金融機関が提供するローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが条件とされるのです。

審査では申込者の支払い能力の有無が確認されるのですが、さらに団体信用生命保険付きローンでは団体信用生命保険の審査が行われることになります。ただし実際には大きな病気をした経験の有無などが確認されるだけですから、団体信用生命保険の審査については特に心配しなくても大丈夫でしょう。

ソーラーローンの審査では具体的にはどのような項目がチェックされるのでしょうか?

ソーラーローンに申込んだ場合には、審査では以下の項目がチェックされることになります。

  • 国籍や住所について
  • 個人信用機関に登録された各種利用履歴について
  • 勤務先について
  • 勤続年数について
  • 職種について
  • 年齢について
  • 所有する不動産の評価額について
  • 年収について

国籍や住所については、原則として日本国籍を有することが必要になります。外国籍の人の場合には基本的にはソーラーローンを利用することはできないのですが、不動産を所有している場合には担保を設定することで利用が認められる可能性がありますので、詳しくは金融機関に確認をしてみてください。

個人信用情報機関は金融機関が共同で管理・運営を行っているデータベースであり、利用者の各種ローンやクレジットカードに関する利用履歴が登録されています。金融機関はソーラーローンの審査の際に情報の照会を行って、審査のために活用しているのです。この時に確実な返済の記録が登録されていれば審査では有利に判断されるのですが、一方で各種ローンやクレジットカードの支払いを延滞したり、自己破産などの債務整理を行った場合などには、金融事故の履歴が登録され全てのローンやクレジットカードの審査に通らない「ブラックリスト」状態と判断されることになります。

「ついうっかり」などにより返済に遅れてもすぐに返済をすれば大丈夫なのですが、延滞が長期化して2ヶ月を超える場合や短期の延滞を頻繁に繰り返す場合などには、悪質な利用者だと判断され金融事故の履歴が登録されることになりますので、各種ローンやクレジットカードなどについてはくれぐれも確実な支払いを心がけるようにしましょう。

勤務先については、企業としての信頼度が確認されることになります。大企業に勤務している場合には審査では有利になりますし、一方で中小企業や個人商店などに勤務している場合には審査では不利になるかもしれません。勤続年数については長ければ長いほど有利であり、一方で就職や転職をしたばかりの人は不利になります。ソーラーローンの審査に通過する為には、少なくとも勤続年数が1年以上であることが必要だと考えてください。

職種については医師や弁護士や公務員などであれば審査では有利になりますが、企業経営者の場合には逆に審査が厳しくなるようです。さらに各金融機関では申し込みのための年齢の条件を設定していますので、申し込みの際にはこれを満たすことが必要になります。年齢の上限については申込時の年齢だけでなく、完済時における年齢についても確認をしてください。おおむね18歳から70歳までが、申込みが可能な年齢の目安になります。

所有する不動産を担保として設定する場合には、不動産の評価額が確認されることになります。不動産をソーラーローンの担保として設定するためには、不動産の評価額が一定額以上であることが必要なのです。さらに登記情報などを確認して、不動産の所有者がソーラーローンの申込者と一致するか、他の借り入れの担保として抵当権が設定されていないかなどが確認されます。

金融機関に大きな金額の借り入れを申し込む場合には、源泉徴収票や課税証明書などの年収が証明できる書類の提出が必要になります。ソーラーローンの審査に通過するためには、300万円程度の年収を得ていることが目安となるようです。ただし収入証明不要で申込むことができるソーラーローンでは年収は自己申告になりますので、信販会社で100万円~200万円程度を借り入れるのであれば年収の条件はあまり気にしなくても大丈夫でしょう。

ソーラーローンは低金利で魅力的だけれどある程度自己資金があるならカードローンでも十分なことも

最近では自宅に太陽光発電システムを導入して、昼間に電気を発電し、余った分を電力会社に売るスタイルが人気を集めています。光熱費を大幅に抑えられるだけでなく、上手くいけば収入にも繋がり、さらに地球環境に優しいエコな仕組みで注目を集めています。特に最近の太陽光発電システムは電気の売買が自動的に行われ、自分自身でスイッチの切り替えなどの操作をする必要もないので非常に手軽です。

しかし、太陽光発電システムはそれなりの費用がかかってきます。普及に伴って年々価格は下がってきているものの、手軽に設置できる値段とは言いがたいです。導入する規模にもよりますが、新築設置平均価格は38万円~40万円前後だとされています。また、容量4KWの太陽光発電システムの場合はおよそ150万円前後の費用が必要です。つまり、軽自動車1台分くらいの費用がかかると考えれば分かりやすいと思います。

太陽光発電システムの費用の内訳を見てみましょう。まずは太陽電池モジュール、パワーコンディショナー、配線ケーブルといったものから取付け費用が含まれてきます。また、配線工事も行わなくてはなりません。さらに、電力会社への売電を考えているなら申請や契約などの手続き費用も別途必要となってきます。これらを総合すると大体150万円前後になる、というわけです。各自治体によって太陽光発電システムを導入するための補助制度が用意されていることもあるので、そちらもあわせて確認してみましょう。

ソーラーローンを使って回収プランを建てよう

このように、太陽光発電システムの導入にはかなりまとまったお金が必要となります。一括で支払うのが難しい場合、ローンを組むのが一般的です。そこで各銀行や信販から提供されているのが「ソーラーローン」です。

こちらは太陽光発電を導入することを目的としたローンで、金利が非常に低いのが特徴です。ソーラーローンを上手に活用できれば回収プランを建てやすくなり、後々の売電による利益も計画できます

ソーラーローンの特徴として、金利の低さだけでなく、返済期間が長めに設定されているのもポイントです。契約するソーラーローンにもよりますが、10年、15年と長期返済期間が設けられていることが多いです。例えば、年利2.85%で組んだ場合、次のような月々の支払い額となります。

借入金額 10年 15年
100万円 ¥10,708 ¥7,931
150万円 ¥16,063 ¥11,896
200万円 ¥21,417 ¥15,861
250万円 ¥26,771 ¥19,826

もしも売電金額が月々の支払い額よりも大きい場合は、太陽光発電システムによって利益が上がることになります。基本的に太陽光発電システムは長期設置・稼動を目的として作られているため、定期メンテナンス以外に特にお金がかかることはあまりありません。ですので、ひとまずソーラーローンを完済してから後々の利益を重ねていく、というスタイルも目指せます。

自己資金があるならカードローンも検討してみよう

もしも太陽光発電システムを導入するだけの資金があるなら、わざわざ審査が厳しく、時間もかかるソーラーローンと契約するのではなく、消費者金融、銀行のカードローンを利用するのもおすすめです。これらは最大で300万円~500万円の借り入れが可能。もちろんフリーローンですので太陽光発電システムの導入に使用してもOKです。

金利についてはソーラーローンよりもどうしても高くなってしまいますが、少額の借入で、短い期間で返済できればそこまで利息は発生しません。全く自己資金がない人がカードローンで全てを支払うのは利息の面で心配になりますが、例えば10万円だけ借入したい、といった場合はソーラーローンよりもカードローンの方が使い勝手が良く感じられるでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。