卒業式にかかる費用は意外と大きい!?カードローンを活用してやりくりしよう

卒業式には欠かせない袴のレンタル・購入費用はカードローンを使う

卒業式には何かと費用がかかるものです。特に、大学生の卒業式は「袴」を着用したいという方も多いでしょう。レンタル費用の目安としては袴、着物、長じゅばん、小物などがセットになっているものを選ぶと3万円から5万円前後袴単体だけの場合は1万5000円くらいになることが多いようです。

これらは質によって値段が大きく変化します。また、着物との色合わせで価格が異なってくることも珍しくありません。ですので、あらかじめ予算を決めておいて、その範囲内で気に入ったものを見つけられるかがコツとなってきそうです。もちろん、自前で用意できるならそちらを選ぶのがベターでしょう。

卒業式で着用する袴のレンタルの場合、必要なものはある程度セットに含まれています。ですが、肌着や裾よけに関しては購入しなくてはならないケースがほとんどです。また、胸が大きい女性は和装ブラを別途用意しておいた方が見栄えが良くなるのでおすすめ。こちらは安いものなら2000円から3000円程度で販売されています。

ここで注意したいのが、袴をレンタルする場合、多くは現金での支払いとなっていることです。クレジットカードが使えるところもありますが、必ずしも使用できるとは限らないので注意しておきましょう。

全てのレンタル費用を合計すると、おおよそ5万円くらいの予算は見積もっておいたほうが良さそうです。もちろん、お金に余裕があれば特に問題は無いでしょうが、卒業式前後は急な出費が立て続けに起こりやすいシーズンですのであまり余裕がないことも考えられます。そんな時は、カードローンを上手に活用することも検討してみましょう。

●カードローンは利用目的を問わない!

カードローンで借入したお金を卒業式のために使用しても良いのか、心配になる方もいるかもしれませんが、現在ほとんどのカードローンは「フリーローン」として取り扱われているため、基本的には何に使用してもOKです。もちろん卒業式のための袴のレンタル費用や、卒業祝いとしてプレゼントするお金に使用しても大丈夫です。カードローンは事業目的以外ならほぼ何にでも使って大丈夫なので、この手の心配は必要ありません。

●即日融資対応で急ぎでも間に合う!

最近のカードローンはほとんどが即日融資に対応しています。そのため、卒業式間近になってお金が足りなくなってしまった、という時でも安心。基本的にはweb申込みに対応しているものならほとんどが即日融資対応のカードローンだと判断して大丈夫です。

●カードローンを使えば実質分割払いに?

卒業式シーズンに出費が立て続いてしまい、金欠になった場合はカードローンを使うことで実質分割払いのような形にすることができます

というのも、カードローンで借入したお金はその月、あるいは翌月までに全て支払わなくてはならないという形ではありません。多くは月々の決められた金額を支払っていくスタイルになります。ですので、実質分割払いのような形で返済していくことが可能です。例えば、一般的な卒業式に必要な費用だと言われている5万円を借入して、毎月2万円ずつ返済したとしましょう。この時の金利は18%で設定してみます。

すると以下の表のような支払いになります。

回数 返済額 元金 利息 残高
1 20000 19250 750 30750
2 20000 19539 461 11211
3 11379 11211 168 0
累計 51379 50000 1379 0

 

このように、毎月2万円ずつ返済できれば3ヶ月で完済することが可能です。トータルでの利息も1379円とほとんど気にならないレベルではないでしょうか。一度に5万円支払うのは難しいけれど、毎月2万円ずつなら支払える、という方はカードローンを上手に活用して卒業式の費用に備えてみるのも良い方法だと言えるでしょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。