カードローンで着工金を用意できる?つなぎ融資に頼らないマイホーム

注文住宅の場合は着工金が必要になるのでカードローンなどで資金を集めよう

夢のマイホームを手に入れるためには多くの方が「住宅ローン」を活用すると思います。しかし、実際に住宅ローンによって融資されるのは、ある程度住宅が完成してからなんです。

つまり、着工金などは自分で用意する、もしくは「つなぎ融資」を受ける必要があります。もちろん、すでに完成している住宅を購入する場合は最初から住宅ローンに頼ることもできるのですが、注文住宅の場合だと建築に取りかかる前の資金が必要になります。

そもそも「つなぎ融資」とは住宅ローンに申込んで実際に融資が受けられるまでの間、つなぎとなる資金を借入れる融資の事を言います。つなぎ融資は主に、注文住宅を購入する場合などに利用されることになります。

住宅を購入する際には住宅ローンを利用することが一般的なのですが、なぜ住宅ローンがあるのにつなぎ融資を利用するのでしょうか。現状として「建築が完了してからの支払いでOK」という工務店は残念ながら存在しません。家を建てるための費用は何回かに分けて支払うのが一般的です。工務店によって内容は若干異なりますが、大体は次のようなパターンになります。

着工金の支払い 着手金などとも呼ばれます。全費用の等分割程度
中間金の支払い 建築中に支払うお金。根底によって異なりますが1~2回に設定されることが多いです
完成後の支払い こちらは住宅ローンで支払えることがほとんど

 

だいたい合計で3回から4回の支払いになるパターンがほとんどで、1回あたりの支払いは全費用の等分割になることが多いです。例えば、4回払いに設定されているなら、一度の支払いはおよそ25%ずつ支払う、ということになります。もし仮に2000万円の住宅の場合だと、一度の支払いは500万円ということに。

また工務店によっては着工金として最初に10%くらいの料金を支払い、残りを分割する、というケースを採用していることもあります。2000万円の住宅なら着工金として200万円支払い、残りの代金は中間金や完成時の支払いで済ませることになります。

いずれのケースにせよ、一度でも支払いが滞ればその時点で建築がストップしてしまうため、その都度きちんと支払えるように計画を建てておかなくてはなりません。

つなぎ融資はなぜ必要なのでしょうか?

注文住宅を購入する場合には、完成後に工事代金全額を工務店に支払うのではなく、工事代金の一部を工事に着手する前に支払うことが必要になります。これは「着工金」(または着手金)と呼ばれるものであり、工事前に着工金を支払うことが建築業界における慣習となっているのです。ちなみに着工金だけでなく、工事の途中において「中間金」の支払いが必要になる場合などもあります。

着工金の金額については工務店ごとに様々なのですが、通常は工事代金の3分の1を着工金として、3分の1を中間金として、残りの3分の1を工事完成後に支払うことになります。これらの支払いをすべて自己資金で賄うことができれば良いのですが、多くの場合にはその前の土地の購入の時点で自己資金を使い果たしてしまうことが多いようです。さらに工事が完成して引き渡しを受けるまでの間は、アパートなどを借りて家賃を支払うことが必要になるかもしれません。

多くの人は注文住宅を購入する場合には住宅ローンを利用するのですが、工事に着工する前の段階では住宅ローンを利用することはできません。住宅ローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要なのですが、工事着工前には住宅ローンの審査を受けることができないのです。住宅ローンの審査を受けるためには、「その対象となる建物の登記が完了していること」が必要になります。

建物を新しく建てる場合には法務局にその所在地や内容などに関する登録を行い、さらにその所有者に関する登録を行うことが必要です。「建物表題登記」(建物の所在地や内容などの登録を行うこと)と「所有権保存登記」(建物の所有者に関する登録を行うこと)の両方を行うことで、初めて住宅ローンへの申込みが認められます。建物の工事に着工する前の段階では建物はできていないため、建物の登記を行うことはできません。そのため住宅ローンに申し込むことはできないのです。

着工金や中間金を支払うための借り入れが必要な場合には、つなぎ融資への申し込みを検討してみてください。つなぎ融資には建物の工事着工前に申し込むことができますし、つなぎ融資で借り入れた資金は建物の完成後に住宅ローンに申込むことで無理なく返済することができます。住宅ローンの審査に通過できる人であれば、つなぎ融資の審査にも問題なく通過できるでしょう。

ちなみにつなぎ融資が必要なのは主に注文住宅の場合であり、建売住宅を購入する場合にはつなぎ融資を利用する必要はありません。すでに完成している建売住宅の場合にはすぐに登記が行えるため、そのまま住宅ローンに申込むことができます。

つなぎ融資に頼らない

住宅を建てるにあたって、自己資金を用意する必要があります。とはいえ、1軒丸ごと購入できるほどの自己資金を集められる人はほとんどいないでしょう。そこで住宅ローンが適用されるまでの間、つなぎ融資を活用する方が多いと思います。

このつなぎ融資は住宅ローンを利用することを前提とした銀行側からの貸付なのですが、つなぎ融資期間も込みで住宅ローンの金利が適用されるため、思っている以上に利息が高くつきがちです。

金利自体はかなり低いですが期間が長いこと、借入金額が大きいことを考えると膨大な利息となります。

従って、ある程度自己資金があるからつなぎ融資には頼りたくない、という方はカードローンを上手く使ってみてはいかがでしょうか。

カードローンを上手に使うには利用のしやすい業者を選択するのがベストです。では肝心の利用しやすい業者はどこなのかと言うとそれは知名度の高い大手のカードローン会社になります。

大手のカードローン会社にはCMなどでも有名なプロミス、アイフル、アコムなどがありますが中でも消費者金融のアコムは、新規貸付率が49%(2017年5月調べ)と非常に高い数値であり、最短即日融資での借入れもできるため急いでお金を借入れしたい方にとって非常におすすめできるカードローンになっています。

新規貸付率(審査通過率)が高くスピード融資のカードローンならアコム

アコム

実質年率 借入限度額 審査時間 融資スピード
3.0%~17.8%
30日間は金利0円!!※
1万円~800万円まで 3秒診断あり 最短1時間

※アコムでの契約が初めての方
※返済期日「35日ごと」で契約された方

基本的に各カードローンは利用目的を問わない、いわゆる「フリーローン」です。つまり、住宅の着工金などに使用しても全く問題は無いわけです。消費者金融によっては最大で500万円まで借入できるところもあるので、着工金はもちろん、中間金の支払いまでカードローンで済ませられる人もいると思います。

とはいえ、カードローンを活用する場合はそれなりの自己資金が必要となってくるので、全ての方が「カードローンを使った方がお得になるかもしれない」とは言いがたいです。それぞれの金利や利息、自己資金の状況や必要な費用などをしっかりと計算した上でベストな方法を探してみましょう

また、できるだけ着工から住宅完成までの期間が短い方が利息を小さくまとめられることも頭の中に入れておきましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。