借りたお金は何に使ってもいいの?資金使途自由のフリーローンの構造

借りたお金の使途はどうなる?
カードローンは、目的自由のフリーローンです。
保証人も必要ないですし、担保もいりません。
ですので用途は自由です。生活費に使おうが、投資に使おうが、デートに使おうが、自由です。

用途はカード会社側では制限できませんし、フリーローンをうたっている商品ですので、自由な用途にお使いください。

この自由な用途のお金があると、非常に日常生活に幅が広がります。
最初に投資が必要なものへも一気にお金を使って、コツコツ返済していくことも可能ですし、自己啓発のために資格を取るならば、先に借り入れして教材費を払って、残りは給与で返済していくと言うのも可能です。

また、会社員時代にカードを作っておいて、利用実績を積み重ねて枠をあげておくのもいいでしょう。脱サラして自営業になってからピンチのときに借り入れに使ってもいいのです。

自営業者はカードローンの審査が通りにくいですので、会社員のうちにカードを作っておいて利用実績を積んでおいて、上限をあげたり金利を下げたりしておくのをおススメします。

自営業者が銀行で借り入れる場合は、数期に渡る黒字の決算書が必要です。また融資の目的を厳密に審査されたりなどして非常に審査が厳しいです。

ですが、キャッシングのカードローンでの使いは自由ですので、ビジネスのキャッシュフローを改善させるのに一役買うでしょう。

できれば会社員時代に、クレジットカードも含めて複数のカードを作っておいて、独立してからに備えましょう。

カードローンは目的自由ですので、返済さえしっかり行っていれば、いろいろな使い道が可能になります。金利は最初は18%前後が多いのですが、使って返すを繰り返しているうちに、利用実績が積み重なり信用が貯まっていきます。

利用の限度額の上限が上がって、逆に金利が下がってきます。銀行系カードローンでは一番低い金利ですと4%で借り入れすることができ、使い勝手のいいカードとなってくれるでしょう。

カードローンの枠を成長させることは、社会人としての自分の信用を積み重ねることとイコールですので、どんどん使って確実に返済しましょう。

使い道自由のフリーローンですが、審査のときに、融資の利用目的を聞かれることがあります。その際の返答によっては、借り入れがNGになってしまうこともあります。

たとえばギャンブルでの利用はだめです。返済の見通しが立たず、すべて使い果たしてしまう可能性が高いからです。ギャンブル目的の借り入れは控えましょう。

また他社への借り入れ返済のための借り入れも、審査時には警戒される利用目的となっております。実質的な自転車操業だとみなされるからです。

あと注意していただきたいのが、引越し費用の借入です。引越し費用の借り入れは一見正当な理由ですが、連絡が不通になる可能性があります。ですので、ローン会社は嫌がります。

この3つの目的で利用される場合は、気をつけてください。審査に通らない可能性があります。フリーローンといっても、返済に不利になるような用途は困るからです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*