借りたお金は何に使ってもいいの?資金使途自由のフリーローンの構造

借りたお金の使途はどうなる?
フリーローンは自由な目的のために活用できるローンであり、借入れた資金は娯楽・引っ越し・入院・旅行の費用や、車・家具・家電の購入など自由に利用することができます。ただし一部には適用対象外となる利用目的がありますので、申し込みを検討する際にはくれぐれも注意をしてください。ほとんどのフリーローンでは、以下の目的のための借入れは規約により禁止されています。

  • 事業性資金としての活用を目的とした借入れ
  • 投機性資金としての活用を目的とした借入れ

さらに以下の目的のための借り入れについても、規約により認められない場合があります。

  • 生活費としての活用を目的とした借入れ
  • 借り換え資金としての活用を目的とした借入れ
  • 税金の支払いを目的とした借り入れ
  • 慰謝料の支払いを目的とした借入れ
  • 個人間の売買契約の資金としての活用を目的とした借入れ
  • 見積書や契約書等により確認できない資金の活用を目的とした借入れ
  • 支払先に一括して支払うことができない資金の活用を目的とした借入れ
  • すでに支払済の資金の活用を目的とした借入れ

フリーローンで認められる利用目的は提供する金融機関ごとにそれぞれ異なりますので、申し込みの前にしっかりと確認しておくようにしましょう。フリーローンは銀行・信販会社・消費者金融・信用金庫・信用組合・JA・ろうきんなどが取り扱っているのですが、様々な目的に利用できる分だけ金利条件は割高になるようです。あらかじめ利用目的が決まっている場合には、利用目的に応じて住宅ローン・自動車ローン・教育ローンなどの目的別ローンへの申し込みを検討してみてください。

フリーローンを利用するための方法は?

フリーローンには比較的簡単な手続きで、借り入れを申込むことができます。利用方法などについて確認してみましょう。

申込みの方法

申込みは店頭窓口・電話・郵送・インターネットなどで行うことができますので、利用しやすい方法を選択してください。またフリーローンへの申込みを行うと、その後確認のために電話がかかってくる場合などもあるようです。

審査の結果について

申込みの手続きを行うと審査が行われ、その後金融機関や保証会社による審査の結果が電話やメールなどで通知されます。審査結果が判明するまでの期間は審査を行う金融機関や保証会社ごとにそれぞれ異なるのですが、早ければ申込みの当日中に、遅くても1週間~10日程度で結果が通知されることになります。

審査通過後

審査に通過することができたら、フリーローンの契約手続きを行います。店頭窓口または郵送で、契約手続きを行ってください。

入金

指定した口座に入金が行われます。フリーローンでは申込みから1週間~2週間程度で、振り込みによる入金が行われることになります。

フリーローンに申し込む際には、まずは本人確認ができる書類の提出が必要になります。本人確認ができる書類としては、運転免許証やパスポートなどを利用してください。さらに収入の金額が確認できる書類の提出が必要になる場合などもありますので、確定申告書や源泉徴収票などの準備が必要になるかもしれません。また一部のフリーローンでは、資金の利用目的が確認できる書類の提出が必要になります。

カードローンとフリーローンにはどのような違いがあるのでしょうか?

カードローンも自由な目的のために活用できるローン商品ですから、広い意味ではカードローンもフリーローンに該当することになります。ただしいわゆるフリーローンとカードローンには様々な違いがありますので、これらについては別のローン商品だと考えてください。さらに両方のローン商品の提供を行う金融機関なども多いようです。

・借入れの利用方法に違いがあります!

カードローンとフリーローンでは、借り入れの利用方法に違いがあります。カードローンでは審査により利用限度額が決定され、利用限度額の範囲内であれば何度でも自由に借り入れを利用することができます。一方のフリーローンでは申込みの際に希望する金額を借り入れて、以降は返済だけを行うのです。追加の借入れを希望する場合には再度フリーローンに申込んで、前回とは別の契約を行うことが必要になります。

・カードローンではフリーローンよりも割高な金利条件が設定されます!

カードローンとフリーローンの金利条件を比較してみると、通常はカードローンの方が金利条件は割高になります。これは何度でも自由に借り入れが利用できるカードローンの方が、フリーローンよりも貸し倒れの可能性が高いことが理由となっているようです。

カードローンとフリーローンのどちらを選べばよいのでしょうか?

カードローンとフリーローンにはどれぞれにメリットとデメリットがありますので、利用目的や緊急性などにあわせて最適なローン商品を選択してください。

・カードローンはどのような人に向いているのでしょうか

  • 利用目的が決まっていない人
  • 給料日前などにちょっとした資金を借り入れたい人
  • 様々な事情ですぐにお金が必要な人

上記のような人には、カードローンへの申込みをおすすめしたいと思います。

・フリーローンはどのような人に向いているのでしょうか

  • 利用目的が決まっている人
  • 利息の負担をできるだけ抑えたい人
  • 借入れをできるだけ早く完済したい人

上記のような人には、フリーローンへの申込みをおすすめしたいと思います。

カードローンやフリーローンは返済能力の範囲内で計画的に活用しましょう!

カードローンやフリーローンは手軽で便利なローン商品なのですが、あくまでも借金であるということを忘れないようにしてください。特にカードローンでは利用限度額の範囲内であれば何度でも自由に借入れを利用することができるため、借金をしているという感覚が麻痺して借過ぎてしまうことが多くなります。カードローンやフリーローンはくれぐれも返済能力の範囲内で、計画的な活用を心がけるようにしましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*