お金が必要になったとき心強いカードローン。しかしたくさんのカードローン会社があり、一体どこを選べば良いのか悩んでしまいますよね。

「カードローン会社の違いが分からない」
「何を基準にして選べば良いの?」

といった意見も耳にする機会が多いです。そこで今回はカードローン会社を選ぶ基準、選び方にスポットを当てて紹介していきましょう。

カードローン選びに悩んでいる方はこの記事を読んで、あなたにピッタリのカードを選んでください。

簡単にお金が借りられるカードローン会社はある?

初心者なら特にそうですがカードローンの申込み前に気になるのはやはり「本当にお金を借りられるのか?」「簡単に申し込めるものなのか?」ということ。

もちろんお金の貸し借りなので「誰でも簡単に借りられる」「審査を楽に通過できる」とは言えません。一定の審査を受け、それをクリアした人だけが利用できます。

カードローン各社によって取り扱う商品が様々なので、自身の使い方やライフスタイルに合ったものを選ぶ必要があります。

カードローン会社の種類

上記にてカードローン会社は取り扱う商品が様々と解説しましたが、正確には種類別に分けられており

  • 消費者金融
  • 銀行
  • 信販

の3種類からになります。

これらはそれぞれによって審査の難易度、金利、限度額などが変わってきます。ここからは、一例になりますが各種類別に大まかなカードローン会社をまとめてみました。

キャッシングの利用が可能な金融機関の数は多いということを知っておいてください。

消費者金融

金融機関 実質年率 限度額 審査時間
アコム 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
プロミス 4.5%~17.8% 500万円 最短30分
アイフル 3.0%~18.0% 800万円 最短30分
SMBCモビット 3.0%~18.0% 800万円 10秒簡易審査
レイクALSA 4.5%~18.0% 500万円 最短即日
ノーローン 4.9%~20.0% 300万円 最短30分
ライフティ 8.0%~20.0% 500万円 最短30分
ダイレクトワン 4.9%~20.0% 300万円 最短即日

銀行カードローン

金融機関 実質年率 限度額 審査時間
オリックス銀行カードローン 1.7%~17.8% 最高800万円
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 1.8%~14.6% 500万円 最短翌営業日
イオン銀行カードローン 3.8%~13.8% 800万円 1日~数日
みずほ銀行カードローン 2.0%~14.0% 800万円 最短1~2営業日
三井住友銀行カードローン 4.0%~14.5% 800万円 最短翌営業日
りそな銀行カードローン 3.5%~12.475% 800万円
じぶん銀行カードローン 2.1%~17.4% 800万円
横浜銀行カードローン 1.9%~14.6% 1000万円

信販系カードローン

金融機関 実質年率 限度額 審査時間
三井住友カード ゴールドローン 3.5%~9.8% 700万円
JCBファーストローン+ 5.8%~17.8% 500万円
オリコカードローンCREST 4.5%~18.0% 500万円 最短25分
Fマネーカード 4.4%~17.8% 500万円 1週間程度
全日本信販のカードローンA 7.3%~18.0% 最高200万円 最短即日

カードローン会社の選び方

カードローン会社の種類については紹介しました。

では具体的に、カードローン会社を選ぶとき、何を基準にすれば良いのか5つのポイントごとに分けて紹介していきましょう。

金融機関の知名度

TVCMやネット、電車の広告など露出度・知名度の高い会社ほど安心して利用できるひとつの目安になります。

露出度の高い会社程、より多くの利用者を獲得するためにお得なサービスやキャンペーン等も充実しておりそれらも充分に選ぶ基準のひとつになります。

聞いたこともない情報も何もない会社と言うのは悪徳カードローンの可能性も考えれらますので、ユーザーの多さ、知名度の高さは重要な基準ポイントです。

金融機関 分類 宣伝
アコム 消費者金融 テレビ、ネットのCM
雑誌、電車の広告など
プロミス 消費者金融 テレビ、ネットのCM
雑誌、電車の広告など
アイフル 消費者金融 テレビ、ネットのCM
雑誌、電車の広告など
SMBCモビット 消費者金融 テレビ、ネットのCM
雑誌、電車の広告など
レイクALSA 消費者金融 テレビ、ネットのCM
オリックス銀行カードローン 銀行カードローン 雑誌、電車の広告など
三菱UFJ銀行カードローン バンクイック 銀行カードローン テレビ、ネットのCM
三井住友銀行カードローン 銀行カードローン テレビ、ネットのCM

申込方法が簡単

大手ならすでに当たり前になったweb申込みなど、手軽・簡単な申込方法が用意されているカードローン会社を選びましょう。

ネット申込みOKなら24時間いつでも自分の好きなタイミングで申込めますし、各種手続きもネット上で済ませられあちこちに動き回る必要がないので大変便利です。

金利や手数料の低さ

カードローンは借入額や利用日数に応じて「利息」が発生します。借りた金額に利息を上乗せして返済しなくてはないため、できるだけ利息を小さく抑えられるカードローンを選ぶのはとても重要になります。

手数料も口座振替(自動引落)なら無料なことが多いですが、銀行振込や提携ATMからの支払いだと必要になるケースが。振込額は利用する金融機関によって異なりますが、やはり安いに越したことはありません。

このように、カードローン選びは金利や手数料も考慮しなくてはなりません。できるだけ低金利で、返済手数料のかからないところを選びましょう。

なお消費者金融カードローンと比べて、銀行カードローンは低金利に設定されていることが多いのです。その分だけ審査が厳しくなっていたり、即日融資に対応していなかったりとデメリット的な部分もあります。

消費者金融、銀行、信販それぞれの平均的な金利を表にまとめると次のようになります。おおまかな目安として参考にしてください。

カードローン会社 金利(平均)
消費者金融 17.8~18.0%
銀行カードローン 14.0~15.0%
信販 16.0~18.0%

提携ATMの数

カードローンのほとんどは提携ATMがあります。ローンカードを挿入することで、提携ATMから借入・返済ができるという便利なサービスです。

提携ATMの数が多ければ多いほど利用しやすくなるので、数はとても重要なファクター。

主要コンビニのATMを最優先に、メガバンクのATMなどが提携先に入っていると利用しやすいですね。

返済方法が適しているか

各カードローンによって様々な返済方法が用意されています。返済手段が多ければ多いほど、自分のライフスタイルに合わせて返済ができるので利便性が高まりますよね。

主要な返済方法には次の3つが挙げられます。最低でもこれら3つの返済方法に対応しているところを選んだ方が良いでしょう。

  • 口座振替(自動引落)
  • 銀行振込
  • 提携ATM

すぐにでもお金が必要な方のカードローン会社選び

カードローンの良さはすぐに融資してもらえること。最近だと消費者金融カードローンの大手がほぼ即日融資に対応していますよね。

カードローン会社を選ぶ基準を紹介してきましたがここからは急にお金が必要になって「できるだけ早く借入したい!」といったお急ぎの方のカードローン会社選びに役立つポイントを4つ紹介します。

大至急に融資が必要になることが多い方ほど参考にしてみてください。

当日中に融資してもらえるカードローン会社を選択

上記したように、消費者金融カードローンの多くは「即日融資」に対応しています。申込み時間や契約完了時間によっては翌営業日になることもありますが、早め早めに申込んでおけば即日融資の可能性が高まります。

銀行カードローンの場合は即日融資非対応なことが多いです。なので、急いでいる方は消費者金融カードローンを検討しましょう。

ネットのみで完了できるWEB完結で申込めるカードローン会社を選ぶ

web完結に対応しているカードローンなら、夜中や早朝でも関係なく、24時間いつでも申込めます。

融資を急いでいる方はweb完結対応カードローンを優先して選ぶようにしましょう。

借入れ希望額を低めにして申込む

カードローン申込時に、借入希望額を申請できますが、できれば低めにして申込むことをおすすめします。

その理由は希望額が大きくなるほど申込者の返済能力が問われることになり、審査難易度がアップするからです。言い換えれば、希望額を最低限にしておけば、審査につまづいてしまうリスクを減らせるのです。

ちなみに一度審査に通れば、増額申請で利用枠を増枠できますので「この希望額じゃ少ないかも」という方も、まずは必要な最低限で申し込んで、あとから増額申請した方が良いでしょう。

銀行口座の指定があれば用意しておく

スピーディーな融資を実現するために「振込融資」を提供しているカードローンがあります。web完結申込みで契約し、振込融資をしてもらえば、パソコンやスマホだけで融資が受けられますし、カード発行を待つ必要がなくなります。

しかしカードローンごとに振込融資に対応する銀行口座が指定されていることがあります。そのため、すぐに手続きできるように指定銀行の通帳を用意しておくのがベストです。

人気のおすすめカードローン会社10選

ここからは数多いカードローン会社の中でも特におすすめできる当社が厳選したランキング順に紹介します。

上記の解説も踏まえて選んだポイントは次の3点です。

  • 利用者数が多い
  • 知名度が高い
  • 使い勝手が良い

それでは解説していきましょう。

アコム

アコムの特徴を紹介すると次の3点となります。

  • 3秒で仮審査結果がわかる「3秒診断」が便利
  • インターネット申込みから窓口または自動契約機(むじんくん)でカードを発行すれば即日融資可能(土日祝日可)
  • 無利息期間が最大30日用意されている

webサービスが充実していて使い勝手がよく、全国各地に自動契約機(むじんくん)が設置されているため活用しやすいと評価されています。

審査時間 金利 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
定率リボルビング方式 20.0% 30日間

プロミス

プロミスの特徴は次の3つがあります。

・web契約は来店不要、即日融資に対応。急ぎの方に最適!
・ローンカードなしでお金を借りられる振込融資に対応
・最高金利が17.8%と少しだけ優遇

初回利用時のみ30日間の無利息期間が設けられているので、初めてカードローンを使う人も安心です。

審査時間 金利 限度額
最短30分 4.5%~17.8% 500万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライド元利定額返済方式 20.0% 30日間

アイフル

アイフルの特徴を紹介すると次の3点となります。

・来店不要のネット契約、カードレス融資、最短1時間で融資が可能
・30日間の無利息期間が設けられているのが嬉しい
・自分の好きな時間に郵便物を届けてくれる「配達時間えべーる」

アイフルはユーザー目線に立ったサービスに定評があります。きめ細やかなサービスを重要視したい方にイチオシ。

審査時間 金利 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライド元利定額リボルビング返済方式 20.0% 30日間

SMBCモビット

SMBCモビットには次の3つの特徴があります。

・web完結、郵送物なしで利用できる
・最短即日融資に対応
・電話連絡なしで利用できる

最大の特徴はWeb完結申込なら電話連絡なしな点です。他にも最近はアプリローン、Tカードプラスなどの新規サービスも多く登場してますます注目されています。

審査時間 金利 限度額
最短30分 3.0%~18.0% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライド元利定額返済方式 20.0%

オリックス銀行カードローン

大手金融機関オリックス銀行が発行するカードローン。次の3つの特徴が挙げられます。

・web完結申込み(来店不要)ができる
・オリックス銀行の口座開設不要
・提携ATM手数料0円

銀行カードローンにありがちな口座開設が不要であり、わざわざ窓口まで足を運ぶ必要がないのもメリットです。銀行カードローンの中ではトップクラスに使いやすいといえます。

審査時間 金利 限度額
1.7%~17.8% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライドリボルビング方式 借入残高に対し借入利率+2.1%

ジェイスコア スコアレンディング

みずほ銀行とソフトバンクが共同出資して誕生した注目の金融機関。特徴として以下の3つがあります。

・AI技術によるAIスコアをもとに貸付(通常の審査とは異なる評価)
・スマホ1台で全て完結させられる
・トップクラスの低金利

普通の審査では考慮されることのない「ライフスタイル」なども審査項目に含まれていて、ビッグデータに基づいたAIスコアで金利や限度額が決まるユニークな個人融資サービスです。

審査時間 金利 限度額
最短30分 0.9%~12.0% 1,000万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライドリボルビング方式 12.0%

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンの特徴は次の3つが挙げられます。

・来店、郵送不要で申込めるweb完結申込み対応
・住宅ローン利用で金利が年0.5%下がる
・みずほ銀行口座を持っていなくてもOK

みずほ銀行口座を持っている人は本人確認書類の提出なしでも申込めます(希望額50万円以下)。来店不要のweb申込みができるのも使い勝手が良いですね。

審査時間 金利※ 限度額
最短1~2営業日 2.0%~14.0% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライド方式 19.9%

※住宅ローンの利用で年0.5%引き下がります。

三井住友銀行カードローン

三井住友銀行カードローンには次の3つの特徴があります。

・来店不要、webから申込み、必要書類の提出ができる(口座・キャッシュカードを持っていれば全てwebで完結)
・三井住友銀行の口座を持っていなくてもOK
・提携コンビニATM手数料0円

傘下にモビットがあることもあって、スピーディーな対応、そしてweb完結に強みがあります。また月々の返済額は最小2,000円からと無理のない返済ができるのもメリットです。

審査時間 金利※ 限度額
最短翌営業日 4.0%~14.5% 800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライド元利定額方式 19.94%

三菱UFJ銀行カードローン バンクイック

バンクイックは次の3つの特徴があります。

・年収や職業にとらわれない幅広い方が使える銀行カードローン
・「毎月指定日返済」と「35日ごと返済」のいずれかを選べる
・土日も借入できる

土日祝日は銀行自体はお休みですが、テレビ窓口は営業しているので、銀行カードローンでは珍しく土日祝日も借入が可能です。限度額は少々低めですが、手軽に申込みやすいと高く評価されています。

審査時間 金利※ 限度額
最短翌営業日 1.8%~14.6% 500万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライドリボルビング方式 借入時の金利と同率が適用される

楽天銀行スーパーローン

数多くの金融商品を扱っている楽天銀行の中で注目を集めているのがスーパーローンです。特にポイントは、

・スマホで申込完結
・入会で楽天スーパーポイント1,000ポイント進呈
・全国のコンビニATMで利用可能

ネット銀行ならではのサービスを活かした魅力のカードローンになっています。

審査時間 金利 限度額
最短翌営業日 1.9%~14.5% 10~800万円
返済方式 遅延利率 無利息期間
残高スライドリボルビング返済方式 19.9% なし

まとめ

今回は「カードローンの選び方」をテーマに話を進めましたが、いかがだったでしょうか。ポイントをおさらいしましょう。

  • 各商品ごとに特徴があるので自身に合ったカードローンを選ぶ
  • 申込方法や使い勝手を確認する
  • 金利、手数料ができるだけ低いものを選ぶ

以上3点がカードローン選びで重要な点になります。

「どのカードローンを選ぶべきか悩む…」
「各社それぞれの特徴やメリットを知りたい」

という方はこの記事を読んで、あなたに合ったカードローンを選んでみてください。