アコムで審査落ちしてしまったら?アコムの審査でチェックされているところとは?

・アコムの審査に落ちる理由と原因を考えて審査通過の可能性を上げよう
大手カードローン会社のひとつであるアコム。アコムからお金を借りたいけれど、審査に通るか心配、あるいは審査に落ちてしまったという方もいるでしょう。

そこでここでは、アコムの審査落ちの原因や理由、そして審査に通るためのポイントを紹介していきます。

アコムの審査に落ちる理由や原因は?

まずはアコムの審査に落ちる理由や原因について考えてみましょう。アコムの利用対象者は以下の条件を満たしていることが必要です。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳以上
収入 安定した収入のある方
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能

 
アコムの場合は他のカードローンとは異なり、満20歳以上であれば特に年齢制限は設けられていません。他のところだと上限として満65歳まで、70歳までと設けられていることが珍しくありません。

そう考えると比較的アコムを利用できる年齢層が広いと捉えられます。

さて、審査に落ちる理由や原因についてですが、やはり最も重要なのは「返済能力」でしょう。具体的には年収や勤務先、勤続年数などが大きく関係してきます。アコムはパートやアルバイトでも利用できると記載されていますが、年収が150万から200万円は欲しいところです。もちろんこれ以下でも利用できる可能性は残されています。

もしも収入に自信がない場合は借入希望額を少なめに設定して審査を受けてみましょう。

アコムの審査でチェックされるところは?

先述した通り年収は必ずチェックされます。アコムで借入した金額に対して毎月きちんと返済することができるだけの収入を持っていないとパスするのは難しいです。

また意外と軽視されがちなのですが、勤続年数はかなり重要なチェックポイントなので考慮しておきましょう。できれば1年以上の勤続年数があるのが望ましいです。

最低ラインでも半年。これは正社員だけに限った話ではなく、バイトやパートなどのいわゆる非正規雇用でも同様です。もしも勤続年数が半年に満たない場合はアコムの審査を受けるのは見送ったほうが良いかもしれません。

アコムは他のローン(住宅ローンや自動車ローン等)を抱えていると厳しい?

重要となるポイントのひとつに他社借入状況が挙げられます。そこで、住宅ローンや自動車ローンなどの他のローンを利用しているときにアコムの審査を受けても大丈夫なのか気になる方も多いはず。

これらのローンに関しては利用している状態でもアコムの審査をパスすることは出来ます。

しかし、収入に対して毎月の返済額が大きいと判断された場合は審査落ちの理由となってしまうので考慮しておきましょう。

例えば、毎月の収入が20万円で、住宅ローンに10万円を月々支払っていた場合だとアコムから借入するのは難しいですよね。このように他社借入状況がある=月々の返済額が発生するため審査が通りにくくはなります。

また、他の消費者金融などのカードローンを利用している場合も同じことが言えます。

アコムの審査通過の可能性を少しでも上げるためにすべきことは?

まず最初に考えたいのは借入状況を一度見直すことです。他のカードローンなどを利用しているのなら、まずはこれらを完済させることを考えましょう。そうすれば月々の返済額に余裕が出てきてアコムが利用できるチャンスが生まれます。

もちろん収入そのものを増やすのも有効な手段のひとつです。給料がいきなりアップするのはあまり現実的ではありませんので、バイトやパートなどでも良いので副業を探してみてはいかがでしょうか。

また、借入希望額を少なめにして申込みする、あるいはすでに利用しているカードローンがあるならそちらの増額も検討してみると良いかもしれません。

このように、アコムの審査落ちや、審査に通るか心配な方でもやり方によっては審査通過の可能性を上げられます。まずはアコムの公式ホームページにアクセスして借入シミュレーションを試してみてはいかがでしょうか。こちらなら申込み履歴が残りませんし、すぐに結果が表示されるのでおすすめです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>