イオン銀行カードローンBIGの審査通過のためのポイントを紹介

・イオン銀行カードローンBIGの審査に落ちる理由と原因を考えよう
イオン銀行カードローンBIGは名前の通りイオン銀行が発行しているカードローンです。ここではイオン銀行カードローンBIGの審査落ちに関する情報を紹介していきます。

イオン銀行カードローンBIGの審査に落ちる理由や原因は

イオン銀行カードローンBIGはもうひとつのイオン銀行から提供されているカードローン「イオン銀行ネットフリーローン」と比較してより利用しやすくなっています。

とはいえ、やはりきちんとした審査があるわけで、こちらをクリアしないことにはカードが発行されません。まずはじめに確認するべきは利用条件です。イオン銀行カードローンBIGの利用条件は以下の通り。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳~満65歳まで
収入 安定した収入のある方(専業主婦でも配偶者に収入があれば可、ただし学生不可)
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能
保証会社 イオンクレジットサービスまたは、オリックス・クレジット保証が受けられる方

 

このように、満20歳~満65歳未満の方が対象となっています。また、本人または配偶者に安定した収入が見込めることも条件として記載されています。これはどういう意味なのかというと、専業主婦など自分自身の収入は持っていないけれど、配偶者の収入を信用して貸付している、ということです。

つまり、イオン銀行カードローンBIGは専業主婦の方でも利用できる数少ないカードローンのひとつだといえます。

では審査に落ちる理由と原因について考えてみましょう。まず最初に挙げられるのは安定した収入が不十分だと判断されるケースです。要するに返済能力が足りない、収入が少ないと判断されてしまい場審査に通るはずがありません。

具体的な年収については明記されていませんが、姉妹品であるイオン銀行ネットフリーローンは前年度の年収が200万円を超えている方、と明記されているのでそれに近い金額は必要になると考えられます。

そして、他社借入状況もまた落ちる理由のひとつと考えられます。複数の借入があるならそれが原因となって審査落ちとなる可能性が考えられます。

イオン銀行カードローンBIGの審査でチェックされるところは?

基本的には先述した利用条件に沿って審査を進めていくものだと考えて良いでしょう。どれくらいの年収があるのか、勤務先はどこか、雇用形態、さらには勤続年数は何年くらいあるのかと言った点は必ずチェックされます。

特に年収と勤続年数は重要な要素となってくるので押さえたいところ。年収に関しては明記されていないので具体的には分かりませんが、150万から200万円以上はあったほうが安心です。また、勤続年数は1年以上は必要になってきます。

もちろん他社借入状況も審査で必ずチェックされますので、可能なら完済した状態で申込みしたいところです。

イオン銀行カードローンBIGは他のローン(住宅ローンや自動車ローン等)を抱えていると厳しい?

これはイオン銀行カードローンBIGだけに限った話ではありませんが、他のローンがある状態で申込みすると年収や勤続年数などをクリアしていても審査に通りづらい場合があります。しかし、絶対に審査落ちするわけではありません。

例えば、イオン銀行が提供している住宅ローンや、マイカーローンを利用していればもう少し審査落ちのリスクが下がる可能性もあります。とはいえ、他社借入のひとつとしてカウントされてしまうので、あるよりは無い方が良いです。

イオン銀行カードローンBIGの審査通過の可能性を少しでも上げるためにすべきことは?

まずはじめに取り組まなくてはならないのは「他社借入状況を無くすこと」です。たとえ少額でも他のカードローンなどから借入しているとそれだけで審査に通りづらくなってしまいます。ですので可能な範囲で完済してからイオン銀行カードローンBIGに申込みすることをおすすめします。

イオン銀行ではおまとめローンも用意されているので、状況に応じてこちらを利用するのも有効な手段です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>