イオン銀行ネットフリーローンの審査落ちの理由とは?審査でチェックされているところを確認してみよう

・イオン銀行ネットフリーローンの審査通過の可能性を高めるポイントとは?
イオン銀行ネットフリーローンは名前の通りイオン銀行のネットから申し込めるフリーカードローンになります。

主婦の方をはじめ、イオングループのお店で買い物をする機会が多いため、カードローンが必要な方はぜひ持っておきたい1枚です。ここではイオン銀行ネットフリーローンの審査落ちについて考えていきます。

イオン銀行ネットフリーローンの審査に落ちる理由や原因は

まずは審査に落ちる理由と原因について考えてみましょう。最初に確認するべきポイントとして、イオン銀行ネットフリーローンの利用条件があります。

少なくともこちらをクリアしていなければ審査に通るはずがありません。イオン銀行ネットフリーローンの利用条件は以下の通り。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳~満60歳まで
収入 安定した収入のある方(原則、前年度税込年収が200万円以上)
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能
保証会社 イオンクレジットサービスまたは、オリックス・クレジット保証が受けられる方

 

このように、イオン銀行ネットフリーローンは満20歳~満60歳まででなければ利用することができないだけでなく、明確に目安となる収入が記載されています。これはカードローンではかなり珍しいことです。

前年度の収入が税込で100万円を超えていることが条件、と書かれていますので、最低ラインとしてこれはクリアしておかなくてはいくら申込みしても審査落ちしてしまいます。

また、他社借入状況も審査落ちの理由や原因として考えられます。イオン銀行ネットフリーローン以外にもいくつかのカードローンを利用していたり、すでに返済がいっぱいいっぱいの状態だと多重債務の可能性が考えられるため、その時点で審査落ちの対象となってしまうわけです。

イオン銀行ネットフリーローンの審査でチェックされるところは?

まず最初に年収が考えられます。前述した通り、イオン銀行ネットフリーローンでは明確に「前年度200万円以上の収入がある方」と記載されているので、少なくともこの点はチェックされると考えましょう。

また、勤務先や勤務形態、勤続年数も当然チェックされる項目のひとつ。雇用形態については正社員の方が良いのは間違いありませんが、パートやアルバイトでも大丈夫です。ただし、専業主婦や学生、年金受給者に関しては審査対象外となっているので注意しておきましょう。勤続年数は一般的には1年以上が望ましいとされています。もしも1年未満の場合は時期を見計らってから申込みしたほうが良いでしょう。

イオン銀行ネットフリーローンは他のローン(住宅ローンや自動車ローン等)を抱えていると厳しい?

これについてはない方が良いに越したことはありませんが、状況によっては審査に通ることもあるようです。

例えば、イオン銀行が提供している住宅ローンや自動車ローンと合わせてネットフリーローンを利用するのであれば比較的審査に通るかもしれません。しかしいずれにせよ、カードローン以外にも借入がある状況というのはあまり望まれない形となっているので審査落ちのリスクが高くなってしまいます。

もしも、住宅ローンや自動車ローンの返済に加えてイオン銀行ネットフリーローンの返済があっても問題無く返済できる金銭状況にあれば十分審査をパスできる可能性が残されています。

イオン銀行ネットフリーローンの審査通過の可能性を少しでも上げるためにすべきことは?

可能なら他社借入状況はクリアな状態にしておくことが大切です。多重債務状態に陥っていると、イオン銀行ネットフリーローンだけでなく、その他のカードローンにおいても審査落ちのリスクがかなり高まってしまいます。

イオン銀行ネットフリーローンはおまとめローンとしても利用することができるので、もしも他社借入状況があるならおまとめローンを検討するのも良いでしょう。

また年収については、最低ラインとして前年度200万円という目安が設けられていますが、これよりも多いに越したことはありません。収入がアップするような手だてがあるならそちらも検討してみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>