レイクの審査落ちが起こる理由とは?審査でチェックされるポイント

・レイクの審査落ちを避け、少しでも診察通過の可能性を上げる
レイクは国内でも大手の消費者金融のひとつです。即日融資やネット申込みが利用可能なカードローンとして多くの方から支持されています。そんなレイクですが、状況によっては審査に落ちてしまうこともあります。そこでここではレイクの審査落ちの原因について考えていきます。

レイクの審査に落ちる理由や原因は

レイクに申込みしたけれど審査落ちしてしまった、審査に落ちてしまうのではないか心配だ、という方はまずは次の表をチェックしてみましょう。

担保 必要なし
保証人 必要なし
対象年齢 満20歳以上70歳以下
収入 安定した収入のある方
雇用形態 パート、アルバイト、自営業の方でも可能

 
これはレイクの利用条件です。記載されている通り、年齢は満20歳~満70歳までとなっているので、少なくともこの点はクリアしておかないと審査に落ちてしまいます。

次に、安定した収入についてですが、こちらは金額が明確に表記されているわけではないため、具体的なことは分かりませんが、一般的には年収150万~200万円以上あれば審査に通る可能性があると言われています。ひとつの目安として考えてみましょう。

レイクの審査落ちの大きな理由のひとつに他社借入状況も考えられます。当然、複数の借入がある状態だと審査に落ちやすいです。

雇用形態、勤務先については安定した収入さえあれば特に問わないのでこちらはそこまで大きな問題とはなりませんが、あまり安定感のない職業、たとえは水商売や、自営業などの場合だと収入証明書の提出が求められる可能性もあります。これを用意出来ない状態だと審査に落ちてしまうでしょう。

レイクの審査でチェックされるところは?

まずはじめに返済能力です。こちらは年収や勤務形態、勤務先、勤続年数などをメインにチェックされます。正社員の方が良いのは間違いありませんが、安定した収入さえ証明できればパートやアルバイトでも十分審査に通ります。

やはり重要となってくるのは他社借入状況です。ちなみに、レイク以外のカードローンを利用していて、それを隠そうとしても無駄です。必ず信用情報機関に履歴が記録されているので、すぐにバレてしまいます。ですので、審査を受けるときには正直に申請しましょう。

レイクは他のローン(住宅ローンや自動車ローン等)を抱えていると厳しい?

住宅ローンや自動車ローンは総量規制対象外となるので、これが原因でレイクの審査に落ちてしまうことはありません。

しかし、これらのローンの返済で手一杯の状況にもかかわらず申込みしても審査落ちする可能性の方が高いです。

限られた収入の中で、どれだけ返済に充てられるかはどのカードローン会社も入念に審査しますので、住宅ローンや自動車ローンに対する支払いが大きいと判断されれば審査落ちとなってしまいます。できればこれらのローン甲くんでいない状態の方が望ましいです。

レイクの審査通過の可能性を少しでも上げるためにすべきことは?

まずはじめに他社借入状況があるなら、その解消を優先させるのが良いでしょう。もしも返済のためにレイクを利用しようと考えているのなら、多重債務の入口となってしまうのでおすすめ出来ません。そもそも審査に通る可能性がかなり低いです。

しかし、他社借入状況をクリーンな状態にしておけば、審査通過の可能性は大幅に高まるでしょう。例えば、複数の借入があるなら、ひとつのおまとめローンにしておいた方が審査に通る可能性が出てきます。

また、できるだけ返済能力を高く保つためにも収入が増やせるならそれに越したことはありません。例えば給料アップのために資格を取って昇進したり、場合によっては副業としてバイトやアルバイト、在宅業務などを始めることで審査の可能性を高められるかもしれません。

これらが難しいと感じた場合は、借入希望金額を少なめに申請するのもひとつのコツです。借入希望金額が多いほど、必要となる返済額も高くなっていくので、その分だけ返済能力が問われてきます。しかし、借入金額が少なければ返済能力が多少低くても審査に通る場合があるので、必要最低限だけ借入希望金額を設定することを覚えておきましょう。

レイクの公式ホームページには手軽に試せる「仮診断」が用意されているので、そちらでチェックしてみることを強くおすすめします。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>