カードローンを使う際には配偶者も審査対象になるの?

申込者は自分なのにどうして配偶者の情報も記入するの?

金融機関での借り入れをするときには、必ず審査が行われます。審査に通過しなければ借入をすることができません。しかも審査項目の一つに家族構成なども関係しているとなると、配偶者も審査対象になるのではないかと心配することもあるでしょう。配偶者に知られたくない借入であったり、配偶者にできるだけ迷惑をかけたくない場合には、とても気になる点となりますね。詳しく調べてみましょう。

基本的には配偶者は審査の対象にはならない

基本的に審査の対象となるのは、申し込み者本人のみとなっています。そのために配偶者が審査の対象になるかどうか?という質問に関しては、NOということになります。でも家族の情報を申込み書に記入するのはなぜ?と思う人もいるかもしれません。審査はあくまで申し込み者本人のみに対して行われるのですが、本人の返済能力だけでなく、家族の返済能力についても考えることで、より金融機関としては安心できて貸し出しを行うことができるというわけなのです。

ただし信用機関などで照会を行う際には、申し込み者のみの情報を紹介しますので、たとえ配偶者であっても、個人信用情報が金融機関に知られるということはありません。配偶者の借入状況にかかわらず、申し込み者本人に返済能力が認められれば借入をすることができるのです。

配偶者に知られるの?

金融機関への申し込みを、配偶者に秘密でしていることもあるでしょう。申込み書に家族の情報を記載してしまえば、借入をすることが配偶者に知られてしまうのでは?と心配になることもあるでしょう。審査の際に配偶者の情報を念頭に入れるとしても、家族に知らせられることはありません。金融機関が申込者の了承もなしに配偶者に連絡をすることなどはありません

審査の対象に配偶者がなることもなく、配偶者へ申込みについて知らせられることもありません。あくまで借入の申込みがあなたの名前で行われるのであれば、審査の対象はあなただけです。配偶者は関係ないのです。

配偶者を審査対象にするカードローンもある

一般的に配偶者が審査の対象になるということはありません。でもカードローンの種類によっては、配偶者を審査対象とみなすものもあります。どのようなカードローンが配偶者を審査の対象としているのでしょうか?

専業主婦をターゲットにしたもの

銀行系のカードローンで“専業主婦でも借り入れができる”というものがあります。お金を貸すのですから収入がない人に対しては、基本的には貸し出しをしません。つまり年収を持たない人は申込みをすることもできないこともあるのです。しかしはじめから専業主婦をターゲットにしているカードローンであれば、収入がない人でも借入ができるのです。
このような時に審査の対象となるのが、配偶者の収入状況です。

申込み者に収入がなくても配偶者に収入があれば返済能力があるとみなされるのです。しかしほとんどの場合は、収入のない人が借入をするには配偶者の同意が必要となります。ですので配偶者に内緒で審査を受けることは、無理といえます。配偶者も承知のうえでの審査対象となるのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。