親が勝手に私のカードで借金をしていた!私の責任になるの?

私の名義の借金=私の借金?!

意外と良くある借金のトラブルに、親が勝手に子供名義のカードで借金をするというものです。まさかそんなことがあるの?と思う人もいるかもしれませんが、実際にこのようなトラブルは少なくありません。では親が勝手に子供のカードで借金を作ってしまった時のことを考えてみましょう。

はじめに事実確認を

まずは親へ事実確認を行いましょう。本当に親が子供のカードを勝手に使って借金を作ってしまったかどうか?という点を、考えてみましょう。もしも親が子供のカードを勝手に使ったのを認めらのであれば、今後親が作ってしまった借金に対してどのような対策ができるか?を選ぶことができます。
万が一、親が子供のカードを使って借金をしたことを認めないのであれば専門家の力を借りることになるかもしれません。

支払い義務は誰にあるの?

親が子供のカードを使って借金を作った場合には、誰に支払義務があるのか?ということは、大事なポイントとなります。いくら親が作ってしまった借金とはいえ、カードの名義が子供であることから、多くの方は子供が支払わなければならないものと考えるようです。しかし実は支払い義務は借金をした親にあるのです。

いくら親子の関係とはいえ、他人のカードを使って借金を作るという行為は許されるものではありません。ですので金融機関に対して、自分が知らないうちに勝手にカードが使われていたこと、親がその事実を認めていることを伝えることが第一歩です。もちろんすんなりとすべてのことを信じてもらうのが難しいケースもあります。そのような場合には専門家に仲介してもらう必要が出てきますが、法により正しく処理されていきます。

一般的には子供名義で親が返済を

たとえ親子であったとしても他の人のカードを無断で使うのは許されていません。ですが支払義務や法的措置などを取ると、時間がとられる、費用も掛かる、世間体が悪い、親を訴えられないなどの理由で、一般的には子供名義のまま親が自分の借金を返済するという形がとられます。

確かに1度や2度で大した金額の借金でなければ、親子の縁というもので法的措置まで踏み切らないこともあるでしょう。しかしこのようなことが何度も続き、金額も大きくなってくると状況は変わってきます。

いずれにしても親子の間柄でも自分以外のカードで借金を作るのは、認められていません。違法な行為であるということを覚えておきましょう。また子供の側も親が借金癖があるのであれば、カードなどは親の目の届かないところにきちんと管理したり、金融機関に親が来ても貸し出さないように申し出ることもできます。いずれにしてもしっかりとした話し合いが必要となります。

親が子供のカードを使って借金をするというトラブルは後をたちません。身近なカード被害ですが、どのように対処すればいいかは頭を悩ませる問題でもあります。しっかりと解決方法について知っておくことが、自分の身を守ることにつながります

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。