カードローンの利用を親にバレることなくする2つの要点

知っておきたい親の反応!親にカードローン利用がばれたらどうなるの?

借金をする際に、大人であればわざわざ親に知らせたくはないと思うことでしょう。お金に関することなので、親に心配をかけたくない、怒られたくないなどの理由で、普段以上に敏感になってしまいますね。どうすれば親にバレることなく、カードローンを利用をすることができるのでしょうか

親にバレずに借金するためには? 1つ 返済を怠らない
2つ 郵送物をつくらない

返済さえきちんとしていれば親にはバレない

もちろんどれだけの借金をするか?ということによっても違いがありますが、ほとんどの場合返済をきちんと行っていれば親にバレることはないといえるでしょう。特に親元を離れて暮らしていると、ほとんどバレないといえます。多くの場合、借金をしていることが親にバレてしまうのが郵送物などからです。親元から離れて暮らしている人であれば、親にバレる心配は少ないのです。

もしも実家に暮らしているのであれば、web完結サービスを利用するならば書類や郵送物などが手元に残ることはありません。すべてインターネット上でやりとりされるために、自分用のパソコンやスマートフォンさえあればばれる可能性は低いのです。

親に 実際にバレたらどうなる?

親に秘密にしていた借金がバレた人の例から、どうなってしまうのか?ということを学んでみましょう。大きくわけで親の対応は二極化しています。

親が肩代わりしてくれるケース

親が代わりに借金返済をしてくれるケースがあります。この場合、親が返済してくれて後に無利子で自分が返済をしていくという人もいます。金融機関では利子まで返済しなければならないために、返済額の負担が減って助かった!という声もあります。また親へ心配をかけたことへの後悔から、再びキャッシングに走る人は少ないといわれています。借金をせずに生きていくという強い自覚を持つようになる人が多いです。

不仲になるケース

借金の金額が多いと、絶縁状態になってしまうケースもあります。あまりに莫大な借金で、親もどうしようもなく、あきらめられてしまったパターンです。このケースはすでに何回も借金をしており、それが親にバレてしまっているケースが多いです。お金の切れ目は縁の切れ目とも言われる通り、あまりにお金にルーズだと親子でも見放されてしまうこともあります。

親にばれずに借金はできるが、必要ならば相談を!

カードローンを使っていることが親にバレるにしても、そうでないにしても大事なことは返済をきちんと行うことです。計画的に返済ができないのであれば、大人としての社会的責任を果たしているとはいえないでしょう。親にバレずに借金をすることはできるものの、最大限の努力をしても自力で借金を返すのが難しい状態に陥ってしまったのであれば、親に思い切って相談することもできます。親に甘えるという意味ではなく、何か借金生活から抜け出す方法があるかもしれないのです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。