家族の借金は、自分が支払い義務があるの?

家族が返済できなくなった借金は、誰に返済の義務が生じてくるか?

家族の作ってしまった借金は、家族の別の人に返済の義務があるのでしょうか?家族が返済ができなくなってしまったら、金融機関が返済の催促のために何度も自宅を訪れたり、電話をかけてきたりすることがあるでしょう。時にはあなたが金融機関の相手をすることもあるでしょう。金融機関から家族の借金の返済をあなたに要求してくることもあるでしょう。しかし本当に家族の借金をあなたが負担しなければならないのでしょうか?

連帯保証人であるかどうかがカギ

家族の借金の連帯保証人になってしまっている場合があります。連帯保証人とは借金を抱えている人が返済ができなくなった時に、代わりに返済をする人のことです。そのためにもしも保証人になっているのであれば、家族ではなくても他の人の借金も返済しなければならないのです。連帯保証人になる際には十分に考えてからなるようにしましょう。連帯保証人であれば家族の借金を返済する義務があります

基本的に家族の返済の義務はない

保証人でなければ親と一緒に暮らしていてもいなくても、借金を返済する義務があるのは本人のみです。保証人でないのに家族の借金の返済をする必要はありません。あくまで借金を抱えている家族と、金融機関の間での契約なのです。金融機関との借金の契約を結んだ人=返済義務のある人なのです。

従って、家族が返済能力がなくて借金の返済ができなくなったとしても、家族に対して返済の義務はありません。法律上、家族は契約には関与していないということになります。そのために同居いていてもいなくても、独立した責任となります。家族の代わりに借金返済の法的な義務はありません

金融機関があなたに返済を迫ったら?

金融機関が連帯保証人でもないのに、契約を結んだ本人以外の家族に返済を迫ることもあるのも事実です。しかしこの行為自体が、違法になります。上記に述べたように本人に代わって返済する法的な義務は、家族にはありません。家族に対しての取り立ては、貸金業法に違反する行為であり債務者以外に返済を催促することは禁止されています。

もしもこの法律を無視する金融機関がいれば、罰則を与えられることになります。 罰則は2年以下の懲役、または300万円以下の罰金となり刑事罰として取り扱われます。もしも金融機関の人が家族の借金の取り立てをあなたに始めたのであれば。すぐ警察に相談するようにしましょう。きちんと対応してもらうことができます。

家族に対しては返済の義務はないものの、この事実を知らずに家族の借金の返済をしなければならないと考えている人がいます。正しい知識を身に付けて不必要な負担をかけないようにしましょう。また家族への取り立て行為は違法であるということを覚えておき、違法行為をされた時にはしっかりと対応する勇気を持ちましょう

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。