同僚に知られずに審査から完済まで乗り切るためのステップ

同僚には知られずにお金を借入したい人は、ポイントを抑えるべし!

お金を借りる際には、どうしても他の人の目というものを気にしてしまうのではないでしょうか?特に会社へ勤めている人であれば、借金はできるだけ同僚には知られたくないと思うのは当然のことでしょう。お金への管理能力がないと判断されることもあり、社会人としての評価に直結しやすいからです。では同僚にはバレずに借入をするためには、どのようなステップを踏めばいいのでしょうか?

申込みから審査はネットで

申込みはネット上で行い、ネット上で融資をしてもらえるところにしましょう。ネットであれば郵送物などもなく、万が一書類などが同僚に見られるということがないようにできるからです。自宅に同僚が来ても、これらの郵便物が目につくことはあり得ないのです。また金融機関のATMや店舗などで融資を受けるところを見られてしまう可能性も、ネット上で処理をすることで避けられます。融資だけではなく返済のことも考えると、ATMや店舗を使うことは非常にリスクのあることであるといえるでしょう。ネット完結型を選びましょう

同僚といるときに借入はNG

同僚と一緒にいるとき、たとえば飲み会、旅行、出張などの時にお金が借りることはしないようにしてください。特に消費者金融のATMを使用するのはNGです。銀行などであれば、利用したとしてもバレないこともあります。最近ではコンビニATMや銀行ATMと提携している金融機関が増えてきており、これらのATMであれば普通に預金を引き出しているように見えます。ただし別途手数料がかかるために、そこの確認をしっかりと行って利用しましょう。

必要な時以外はカードは財布に入れない

返済などで使うために、何気なくキャッシングカードをお財布の中に入れて保管している人もいますが、これはとても危険です。もしも財布を落としたときには、中身を見られる可能性が高いのです。財布を落とさなくても、支払をしているときなどにふと同僚の目に留まる可能性もあるのです。不必要な時にはカードは自宅で保管するようにしましょう。使いすぎを防ぐのと同時に、同僚にバレる心配も減ります。

在籍確認でバレることはほとんど無い

同僚にバレるのではないか?と一番心配するのが、審査の在籍確認かもしれません。在籍確認では、会社に電話がかかってくるために、同僚が電話に出ると借金がばれてしまうのでは?と思うことでしょう。しかし最近の金融機関はプライバシーの配慮にとてもたけており、在籍確認の電話をかけてくるときは必ず個人名を使います。金融機関名を使うことはないために、電話に出た同僚が金融機関からの電話であると気が付くことはないでしょう。

日常の小さなことに気をつけていれば、借金をしていることを同僚に知られることはありません。同僚に知られたくないのであれば、上記あげた3つのステップをしっかりと念頭に入れて行動してみましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。