【急な出費】こんなシーンで借りられて非常に助かった

お金がないけど海外旅行に行きたい人はカードローンという手があります!

海外への旅行は楽しみであるものの、それなりの費用が掛かってしまいます。

でも、だからと言ってせっかくの海外へ行くチャンスを逃したくはないものですね。そこで便利なのがカードローンを利用することです。どのようなシーンでカードローンを利用する人が多いのか?どのようなカードローンが海外旅行には向いているのか?ということについて、考えてみましょう。

海外旅行の代金として

海外旅行に行くためにはある程度の費用が掛かります。海外旅行はまとまった日数をかけていくことが多いために、チャンスを逃してしまうとなかなか行けるものではありません。貯金はないけど旅行したい!という人が利用しているのがカードローンです。

手元にはお金がないけど、今を逃したら海外旅行に行けそうにないので、とりあえず旅行代金をカードローンで支払う人も多いのです。

海外旅行中のおこづかいとして

せっかくの海外旅行。ホテルのランクを下げたり、相部屋にしたり、日数を短くしたりと旅行代金を削る方法はあるのですが、どうせ行くなら悔いは残したくありません。
旅行ツアーにはある程度のお金をかける人が多いです。

ところが、旅行代金を振り込んでしまうと、旅行中に必要なことに使えるお金が少なくなってしまうことに気が付くかもしれません。しかも海外となれば前準備にある程度必要です。

貯金がまだ残っていればいいのですが、そうでない場合に海外で心細い思いをしながら旅行を楽しむということはできませんよね?!

旅行中も現地で思いっきり楽しむために、カードローンを利用して現地で使うお金を調達する人も多くいます。せっかくの旅行が、「残金の額にびくびくしていた!」という思い出とならないためにも、カードローンを利用するのです。

海外旅行で利用すると便利なカードローンとは?

旅行代金のために使うにしても、現地で使うお金のためにカードローンを利用するにしても、海外旅行関係で借入をするカードローンは大抵の場合、フリーローンになることでしょう。

フリーローンであれば自分の好きなことに使ってOKですので、気軽に利用することができます。もともと自分が利用している金融機関のカードローンなどであれば、すぐに申し込むことができ審査にも受かりやすくなっています。いつも使っている金融機関の金利などの詳細な情報をまずはチェックしておきたいですね。

すぐに返済できる予定があれば消費者金融が有利かも?!

海外旅行の代金を借入する際に、すぐにボーナスなどで返済できる予定があるのであれば、サービスが充実している消費者金融などが便利かもしれません。

消費者金融であればキャンペーンなどで初めて借入する場合であれば、一定期間内に返済するのであれば利子が無料になることもあるのです。利子を負担することなく借入ができるのは、とてもお得です。

自分の返済プランがどのようになっているか?また無利子で借入するためには、どのタイミングで借入をするのが一番お得なのか?ということについても、しっかりと考えてから借入をするようにしてください。

借入は計画的に

海外旅行は一度行くとはまってしまい、何度も行く人も多いようです。そのたびに借入をして旅行することになれば、返済が苦しくなってくることも考えられます。

冒険という意味での海外旅行はぜひ体験しておきたいものですが、返せる宛てのない借金を作ってまで行くものではありません。借入をする際にはきちんと計画を立ててから、申込みをするようにしてください。

0

現地通貨をお得にゲットするためにカードローンを利用する!

海外旅行に行くときにほとんどの方が行うのが、‘円“を旅行先の通貨に両替することではないでしょうか?

両替は銀行や空港などにある為替センターで行うことができますが、実はこの両替には手数料がかかります。この手数料、思っているよりもコストが高くなるものなのです。そんな両替を少しでもお得に行いたいのであれば、カードローンを利用すると便利であるということをご存じでしたか?

続きを読む

0

車検代がどうしてもねん出できないときに頼れる存在とは?

新車であれば3年に1回、そのほかは2年に1回絶対に受けなくてはならないものが、車検です。車検を受けないと車を所有することができないために、絶対にうけなければなりません。しかし車検には多くの費用がかかってしまいます。

でも費用がない時にはどのようにして車検を受けることができるでしょうか?検討してみましょう。
続きを読む

0

フリーローンは事業開始資金として使えない!事業専用のカードローンの利用検討を

何かの事業を始めよと思うと、それなりの資金が必要となることでしょう。そんな資金集めですが、なかなか思うようにはいかないケースが多いです。

でも事業を始めるにはどうしてもまとまったお金が必要です。そこで事業開始資金集めカードローンを利用できるの?と思う方もいると思います。

続きを読む

0

着工金を工面するためにカードローンを使うこともできる

夢のマイホームを建てるために住宅ローンを利用する方も多いと思います。

しかし多くの場合は住宅ローンを融資してもらう前に着工金と呼ばれるお金を支払う必要があるのです。でもこの着工金は高額なお金になってしまうために、お金の工面をどこからするか?ということが問題になる人もいます。

そんなときにカードローン着工金を用意することはできるのでしょうか?
続きを読む

0

知っておきたい高額療養費の自己負担額とねん出方法

突然の疾患で入院や治療が必要になることもあるでしょう。病気を治すためには最善の治療を受けたい、または家族に最良の治療を受けてほしいと願うのは当然なことではないでしょうか?

日本の健康保険制度には高額療養費制度というものがあります。そのために人によっては疾患になったとしても自己負担額は少ないので安心!と思っている人も少なくないのです。

しかし実際には自己負担額が高くなり、治療費を払えない人もいるのです。

高額療養制度とは?

高額療養制度とは、1ヶ月間に支払った医療費のうち定められた自己負担限度額を超えた分は、払い戻しがされるために自己負担額が少なくなるというものです。

自己負担限度額は、年収、年齢、保険の種類などで変わってきます。つまり、個人によって負担する価格が変わってくるのです。

高額療養制度の実例

では具体的な例を出して考えてみましょう。

Aさんの過程の自己負担限度額は10万円です。Aさんは4月20日に入院し、5月7日に退院します。入院費も含め支払った治療代は約35万円。

この場合の自己負担額はいくらになるのでしょうか?

35万円の治療代が10万円の支払いだけで済む!と思う人がいます。
しかし、ここで注目しておきたいのが、入院時と退院時の日付です。

これが2か月にまたがっているために、各月の自己負担額を10万円として、実際に支払うことになる治療代は20万円になるのです。高額療養費制度は、1ヶ月間ごとに支払った医療費で、自己負担限度額を超過した治療費に対しての払い戻しが受けられるというものです。

つまり、4月分と5月分の医療費を分けて計算することになるのです。ですので実際に負担する金額は10万円ではなく20万円になる可能性がとても高いのです。

高額療養制度に頼り切って貯金のない人も多い

もしも疾患になった時には高額療養制度があるからと、高額療養制度の内容をあまり知らずに貯金をしていない家庭も多いのです。しかしそのような人が高額療養制度の現実を知って、焦ってしまうことが多いのです。

またいくら高額療養制度があるからと言っても、治療費の支払いは一度はすませなければならないのです。治療費を支払ってから払い戻しが行われるためにその間は自費で支払っておく必要があるのです。

確かに高額療養制度はありがたいものですが、あまりに頼り過ぎていることで思ってもいない障害にぶつかることもあります。ではどのようにしてお金がない人は治療費をねん出しているのでしょうか?

カードローンを借りて治療代を支払う

思いのほか自己負担が多かった場合や、とりあえず払う治療費がない場合にはどうしたらいいでしょうか?そういうケースではカードローンでお金を借りて支払うという人が多いです。

まず一旦治療費を建て替える場合には、一定期間で返済ができる可能性が高くなるために無利息キャンペーンなどを行っている金融機関での借入でお得にカードローンを利用していきたいものです。

一方自己負担額の支払いに充てる場合にはなるべく利息が低く、返済のしやすいところを選ぶようにしましょう。

いずれの場合にしても、余裕のある生活を心がけるとともに、もしもの場合に備えた費用を持っておきたいものですね。また高額療養費制度で見落としがちなのが自己負担限度額の対象外になってしまうものの費用です。具体的には、差額ベッド代、食事代、診断書代、シーツ、病衣、テレビ、オムツ代、先進医療の先進技術部分などがあります。

思っているよりも治療費として必要になる金額も高くなる可能性もありますので、覚えておきましょう。

0

災害時の備えにも、災害時の助けにもなるカードローンを上手に利用する

地震大国と呼ばれる日本。

そんな日本に住んでいると、地震だけではなく様々な災害の被害を受けてしまうことがあります。

保険などで備えをしていない場合には、破損された家屋や車などを自費で修理、または購入しなければならないこともあるのです。ある程度の蓄えがあればいいのですが、そんなものもなく、すぐに修理などの復旧作業が必要な場合には、どのように対処したらいいのでしょうか?
続きを読む

0

互助会のカードローンでお得に借入を

会社で互助会に加入しているという人もいると思います。実はその互助会にはカードローンの機能が付帯しているものがあるのです。お金が必要な方は、もし互助会に加入しているなら互助会のカードローンについて検討してみましょう。

互助会とは?

会社などに勤めている方であれば、互助会に加入しているという方がほとんどだと思います。最近では互助会への入会の意思を示すことができますが、昔は強制入会だったことも多いのです。

そしてその昔ながらの体制である会社は、今でも会社に入るとそのまま互助会に入っている可能性も高いです。自分が互助会に入っているかどうか?ということを確認するためには、給与明細を見るとわかります。毎月の給料から互助会費用が差し引かれているかどうかで、判断することができます。

そもそも互助会というのは、加入社員がより快適に暮らすことができるように結成された組織のことです。互助会がどのようなものであるかを理解して、賢く利用することで、互助会は非常に心強いものになります。

互助会とカードローン

互助会ではいくつかの種類のカードローンを提供するようになってきているのです。

金融機関などで利用できるカードローンのような感じで、互助会のローンを利用することができます。今まで互助会のローンといえば、住宅ローン、教育ローン、マイカーローンなど目的別のものでしたが、最近ではフリーローンも提供されるようになりました。

これまで目的別のローンは利用しないので、互助会の助けを得ることはない!と思っていた方も、フリーローンを利用することで普段の生活でちょっとしたお金の入用の時に気軽に利用することができるようになります。

買い物、旅行、生活費の足しなどに使えるのです。互助会のカードローンは使わなければ利息が発生しないので、もしもの時には互助会のカードローンがあると頭の片隅に入れておきたいものですね。

一般的なカードローンと比べてどう?

互助会のカードローンも一般的なカードローンと同じく、審査があります。ただ互助会への加入が必須条件なので、審査や金利面に関して優遇されているといえます。

もちろん互助会と言っても、それぞれの互助会によってスペックは違います。しかしかなり条件が良いことに間違いはないといえます。

大抵は、金融機関のカードローンを利用するよりも、互助会のカードローンを利用する方がお得なので、自分の加入している互助会がどのような条件で借入ができるのか?ということを事前に確認しておきましょう。

提携ATMも多くなってきており、互助会のカードローンと言っても一般の銀行のATMやコンビニATMで返済や借入もできます。

目的があるもののためのは目的別カードローンを

もしも使う用途がはっきりとしているのであれば、目的別ローンを利用するようにしましょう。フリーローンは多くの場合、目的別ローンよりも金利が高いからです。

目的別ローンで金利優遇が受けられますし、借入限度額も高めの設定とされているので、どのようなカードローンがあるかをしっかりと把握しておきましょう。住宅ローン、教育ローン、マイカーローン、ブライダルローン、冠婚葬祭ローンなどもあるのです。

互助会を利用するメリット

もちろん互助会を利用したとしても、審査のための書類が必要だったりするため手間はかかります。ただ一般的なカードローンに比べて、金利や借入限度額などの面での優遇があるために、よりお得に借入ができます。

また互助会という会社の後押しがあるので、安心してお金の借入ができるのは大きなメリットです。互助会の費用を出しているのであれば、ほかのところで借入をすることなく互助会のカードローンについて検討してみることができるでしょう。

0

資金難を上手にカードローンを使って乗り切る

事業を抱えていると、一度や二度は資金難に陥ったことがあるという経営者も多いのではないでしょうか?中小企業や自営業にとっては、資金難を乗り越えることが会社の存続を意味することも多々です。

そのための運転資金として借入できる融資先は貴重なのではないでしょうか?最近では資金難を乗り越えるためにカードローンを使う経営者も増えてきています。どうしてカードローンの利用が便利なのかを考えてみましょう。
続きを読む

0