フリーローンは事業開始資金として使えない!事業専用のカードローンの利用検討を

何かの事業を始めよと思うと、それなりの資金が必要となることでしょう。そんな資金集めですが、なかなか思うようにはいかないケースが多いです。

でも事業を始めるにはどうしてもまとまったお金が必要です。そこで事業開始資金集めカードローンを利用できるの?と思う方もいると思います。

・銀行の融資は条件が高い

銀行などの金融機関では、事業開始資金目的の融資が行われています。しかしこの融資は審査に受かる条件はとても高く、誰でも気軽に審査を受けられるというものではないのです。

また審査を受ける際にも、事業計画書を提出しなければならずお金を借りるためにはかなりの労力が求められます。しかも優れた事業計画書を出しても審査に受かるという保障はないのです。

まとまったお金が借入できるカードローン

事業融資を受けようとすると、かなりハードルが高い部分があります。もっと手軽に事業開始資金を得るための方法はないの?と思う方も多いことでしょう。気軽に審査に申し込めるという点を見れば、カードローンはおすすめの方法です。

最大借入金額が1000万円までの大型のカードローンなども沢山あり、事業を始めるうえで十分な資金源となることでしょう。また消費者金融でも500万円まで最大借入できるところも多くあります。銀行の融資だけではなく、カードローンについても検討してみることができるでしょう。

フリーローンは事業目的には難しいことが多い

今カードローンといえば、ほとんどの場合はフリーローンを指していることがほとんどです。使用用途が自由なので、自分が使いたいことにお金をつかえて、まさにローン名のように自由のきくカードローンなのです。

そんなフリーローンですが、事業開始資金目的でカードローンを利用できないことがほとんどなのです。使い道に関して制限がないからフリーローンなのでは?と思う方もいると思いますが、事業用途として使用することは認めていないところが多いのです。

・事業向けカードローンの利用を検討
フリーローンの借り入れは事業向けではないのであれば、ほかにどのようなカードローンがあるの?と思う方もいることでしょう。事業向けカードローンとして、専門のカードローンが用意されている金融機関もあります。はじめから個人事業主や法人を対象としているために、使用用途に制限が加えられることがありません。

事業性カードローンでは低金利で大きな金額を借入れできます!

事業性カードローンの特徴としては、低金利で大きな金額の借り入れが可能であることがあげられます。実際の金利条件などはカードローンを提供する金融機関ごとに異なるのですが、事業性カードローンでは一般的なカードローンよりも低金利が設定されていることが多く、一般的なカードローンの金利条件が10%~18%に設定されているのに対して、事業性カードローンでは2%~15%程度の金利条件が設定されています。

さらに利用限度額も100万円~1000万円程度が認められますので、事業資金として大きな資金の借入れが必要な場合にも安心なのです。

事業性カードローンの利用条件は?

事業性カードローンは事業資金としての活用を前提としたローン商品であるため、借り入れが利用できるのは事業者に限られます。サラリーマンなどの人が申し込んでも借り入れは認められませんので、くれぐれも注意をしてください。事業性カードローンにはさらに、有担保型・無担保型・要保証人型・保証協会保証付型などの種類があります。

土地や証券や預金などを、担保として設定するのが有担保型です。担保の範囲内で大きな金額を借り入れることができますし、さらに低金利で借り入れを利用することができます。有担保型の事業性カードローンでは、年率2%程度の金利条件が設定されることが多いようです。無担保型事業性カードローンには担保なしで手軽に申し込むことができるのですが、借入限度額が限られたり、適用される金利条件が割高であったりするというデメリットがあります。

要保証人型事業性カードローンでは、申し込みの際に保証人を用意することが必要です。カードローンの申込者が返済不能になった場合には、保証人がこれに代わって返済を行うことになりますので、保証人には資産を有することや一定以上の収入を得ていることなどが求められることになります。保証協会保証付型事業性カードローンでは、保証協会による保証により事業性カードローンを利用することができます。

事業性カードローンへの申込み方法は?

資金繰りで悩んでいる事業経営者の人は、事業性カードローンへの申し込みを検討してみてください。一般のカードローンとは異なり借り入れた資金を事業資金として活用することができますので、ビジネスのために便利に活用することができるはずです。事業性カードローンへの申し込みには、2通りの方法を利用することができます。

事業性カードローンには金融機関(銀行・信用金庫・信用組合・保証協会など)の窓口で申込むか、あるいは事業者向け貸金業者(ビジネクストなど)に申し込むようにしましょう。金融機関で申し込む場合には窓口に直接足を運ぶことが必要ですが、事業向け貸金業者であればインターネットから申込むことができます。

事業向けカードローンの特徴

何度でも借り換えし使える

事業向けの専門のカードローンでありながらも、一般的なカードローンやキャッシングのように気軽に利用できるためにとても便利です。利用限度額の範囲内で繰り返し利用することができますので、カードローンを作成しておけば資金繰りに困ったときなどに、審査なしで気軽に利用することができるために、事業をする人にとってはありがたい存在であるといえます。いつでも自由に借入と返済ができるために、事業の発展や安定にも役立ちます。

金利の優遇

事業向けになると借入金額も大きくなりがちです。
そのことを検討に入れて、金利も一般的なカードローンと比べると低めに設定されています。また借入限度額に関しても大きめに設定されています。もちろん優遇されている分、審査が厳しくなってしまいますが、借入の後のことを考えると嬉しいポイントとなることでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*