知っておきたい高額療養費の自己負担額とねん出方法

突然の疾患で入院や治療が必要になることもあるでしょう。病気を治すためには最善の治療を受けたい、または家族に最良の治療を受けてほしいと願うのは当然なことではないでしょうか?

日本の健康保険制度には高額療養費制度というものがあります。そのために人によっては疾患になったとしても自己負担額は少ないので安心!と思っている人も少なくないのです。

しかし実際には自己負担額が高くなり、治療費を払えない人もいるのです。

高額療養制度とは?

高額療養制度とは、1ヶ月間に支払った医療費のうち定められた自己負担限度額を超えた分は、払い戻しがされるために自己負担額が少なくなるというものです。

自己負担限度額は、年収、年齢、保険の種類などで変わってきます。つまり、個人によって負担する価格が変わってくるのです。

高額療養制度の実例

では具体的な例を出して考えてみましょう。

Aさんの過程の自己負担限度額は10万円です。Aさんは4月20日に入院し、5月7日に退院します。入院費も含め支払った治療代は約35万円。

この場合の自己負担額はいくらになるのでしょうか?

35万円の治療代が10万円の支払いだけで済む!と思う人がいます。
しかし、ここで注目しておきたいのが、入院時と退院時の日付です。

これが2か月にまたがっているために、各月の自己負担額を10万円として、実際に支払うことになる治療代は20万円になるのです。高額療養費制度は、1ヶ月間ごとに支払った医療費で、自己負担限度額を超過した治療費に対しての払い戻しが受けられるというものです。

つまり、4月分と5月分の医療費を分けて計算することになるのです。ですので実際に負担する金額は10万円ではなく20万円になる可能性がとても高いのです。

高額療養制度に頼り切って貯金のない人も多い

もしも疾患になった時には高額療養制度があるからと、高額療養制度の内容をあまり知らずに貯金をしていない家庭も多いのです。しかしそのような人が高額療養制度の現実を知って、焦ってしまうことが多いのです。

またいくら高額療養制度があるからと言っても、治療費の支払いは一度はすませなければならないのです。治療費を支払ってから払い戻しが行われるためにその間は自費で支払っておく必要があるのです。

確かに高額療養制度はありがたいものですが、あまりに頼り過ぎていることで思ってもいない障害にぶつかることもあります。ではどのようにしてお金がない人は治療費をねん出しているのでしょうか?

カードローンを借りて治療代を支払う

思いのほか自己負担が多かった場合や、とりあえず払う治療費がない場合にはどうしたらいいでしょうか?そういうケースではカードローンでお金を借りて支払うという人が多いです。

まず一旦治療費を建て替える場合には、一定期間で返済ができる可能性が高くなるために無利息キャンペーンなどを行っている金融機関での借入でお得にカードローンを利用していきたいものです。

一方自己負担額の支払いに充てる場合にはなるべく利息が低く、返済のしやすいところを選ぶようにしましょう。

いずれの場合にしても、余裕のある生活を心がけるとともに、もしもの場合に備えた費用を持っておきたいものですね。また高額療養費制度で見落としがちなのが自己負担限度額の対象外になってしまうものの費用です。具体的には、差額ベッド代、食事代、診断書代、シーツ、病衣、テレビ、オムツ代、先進医療の先進技術部分などがあります。

思っているよりも治療費として必要になる金額も高くなる可能性もありますので、覚えておきましょう。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*