災害時の備えにも、災害時の助けにもなるカードローンを上手に利用する

地震大国と呼ばれる日本。そんな日本に住んでいると、地震だけではなく様々な災害の被害を受けてしまうことがあります。

保険などで備えをしていない場合には、破損された家屋や車などを自費で修理、または購入しなければならないこともあるのです。ある程度の蓄えがあればいいのですが、そんなものもなく、すぐに修理などの復旧作業が必要な場合には、どのように対処したらいいのでしょうか?

災害は突然やってきます

日本では夏は台風、冬は大雪など災害に見舞われてしまう可能性が高いのです。想定以上の災害に見舞われてしまい、農作物が思うように収穫できない、仕事を失ってしまった、家屋の修理が必要になったなどの被害にあうことも、決して珍しくはありません。

このように壊滅的な災害に遭遇してしまったときに、一番困るのが金銭面であるといえるのです。十分な蓄えがあれば心配も減るものですが、なかなかそうはいかないという家庭も多いのです。そうなるととても困ってしまう状況に追い込まれてしまいます。このような不測の事態に対処する助けになるのがカードローンなのです。

災害多発地域では事前にカードローンを作っておきたい

災害はいつ降りかかってくるか分かりません。そのため、災害時に備えてカードローンを作っておくととても便利に感じることでしょう。予めカードローンを作っておくと、いつでも手軽に借りられるからです。

しかも最近ではコンビニなどからでも利用できるようになっており、当面のお金を工面するのに役立つのです。

災害時などの緊急事態の場合は、すぐにでもお金が必要となることもあります。もちろん災害なので国からの援助も期待できなくはないのですが、このような給付金は後日配られることが多く、当座の対応は個人個人で行わなければならないのです。

そのことを考えると、とりあえずの食事や寝るところの確保などのためにも、すぐ借入ができるカードローンは、災害時に重宝するといえるのではないでしょうか?

災害多発地域の方は事前にカードローンの準備をすることをお勧めします。カードローンは無料で作れますし、これも災害対策のひとつといえます。

災害時に借入をしたいカードローンの種類

過去に災害にあった方でカードローンを持っていたことによって、必要なものを購入することができ助かったという経験をされた方もいます。災害時などの緊急時だからこそ、お金が普段よりも余計に必要になります。

援助などもある程度は期待できるものの、満足するまでは期待できません。

そのために災害時の復旧の為のお金を、スムーズに用意できる方法を確保しておくことが、復旧のスピードに関係してくるのです。

災害時などには自分の自由にお金を使うことができるフリーローンがおすすめです。災害時には時間が勝負となってきますので、即日で借入ができるスピーディな対応ができる金融機関がおすすめです。

災害時、カードローンが助けになります

カードローンというと借金ですので、あまりいいイメージを抱いていない方もいるかもしれません。しかし上手にカードローンを利用することで、災害からできるだけ早く回復する助けになるのです。備えという意味でもカードローンを事前に準備しておきたいですし、災害にあった時には焦らずにカードローンという方法もあるということを念頭に入れておきたいものです。

カードローンの利用中に大災害が発生したら?

ここ数年の間に様々な大規模な災害が発生したことにより、巨大な津波や頻繁に発生する地震などの被害を受けた人が多いのではないでしょうか。災害が発生するとたくさんのものを失い、深刻なダメージを受けることになります。特に避難所などで先が見えない暮らしを続けることになると、精神的にも経済的にも厳しいといえるでしょう。それではカードローンの利用中に大災害が発生した場合には、カードローンの支払いはどうなるのでしょうか。

2011年3月11日に東日本大震災が発生した際には、政府と日銀は各金融機関に対して、被災者の便宜を考慮して災害状況に応じて返済の猶予などを検討することを要請しました。これを受けて大手消費者金融では相談窓口を開設して、被災者からの返済やローンカード紛失などに関する問い合わせに対応したのです。実際に災害が発生した際には状況に応じて、カードローンを提供する金融機関への報告や相談を行うようにしましょう。

どうしても返済が難しい場合などには、適切なアドバイスを受けることができるはずです。例えば三井住友カードでは、返済条件の変更などの対応を受けることができます。具体的にはカードローンリボにおける月々の返済額を、毎月1000円にまで引き下げてもらうことができるようです。

ただしリボ払いの月々の支払額が少額になると月々の返済に占める利息の割合が高くなるため、返済が長期化して返済総額は増えてしまうことになります。通常の返済が可能なのであれば、できるだけ多めの金額の返済を行った方がトータルでは有利かもしれません。無理のない範囲内で、カードローンの早期の完済を目指すようにしましょう。

カードローンに関する様々な相談についてはカードローンを提供する金融機関だけではなく、さらに日本貸金業協会や日本クレジット協会などの相談窓口でも対応を行っています。カードローンの返済などで困った場合にはまずは電話をして、具体的な状況を説明して相談をしてみてください。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*