車検代がどうしてもねん出できないときに頼れる存在とは?

新車であれば3年に1回、そのほかは2年に1回絶対に受けなくてはならないものが、車検です。車検を受けないと車を所有することができないために、絶対にうけなければなりません。しかし車検には多くの費用がかかってしまいます。

こういう際に役立ってくれるのが自動車ローンです。自動車ローンといえば自動車を購入するためのものというイメージが強いのですが、実際には自動車に関する様々な費用として活用することができます。当然、車検の費用や修理の費用などにも利用できるので自動車ローンを活用してみるのは非常にオススメです。

自動車ローンでは審査や融資に時間がかかる場合が多いのですが、最近では申し込みの当日中に審査の結果が判明する自動車ローンなども登場しています。スピードタイプの自動車ローンは、車検切れが迫っている場合などに便利だといえるでしょう。

その他には利用目的が限定されないカードローンを、車検の費用や修理の費用などに活用するという方法もあります。

でも費用がない時にはどのようにして車検を受けることができるでしょうか?検討してみましょう。

自動車ローンを利用するためには?

まずは自動車ローンを取り扱う金融機関を探してみましょう。近年では金融機関のほとんどが自動車ローンの提供を行っていますので、普段から利用する機会が多い金融機関や身近な金融機関などの自動車ローンをチェックしてみてください。

さらに誰にも会わずに自動車ローンの契約をしたいのであれば、インターネットや自動契約機などを利用してみてはいかがでしょうか。インターネットからの申し込みで利用することができる低金利の自動車ローンとしては、インターネット専業銀行である住信SBIネット銀行が提供するミスター自動車ローンなどをおすすめしたいと思います。

車検などのためにすぐにお金が必要な場合には?

各金融機関が提供する自動車ローンは比較的低金利で利用することができるのですが、条件が有利な分だけ審査は厳しく行われることになります。さらに就職や転職をしたばかりで勤続年数が短い人や、他社のカードローンを利用している人などの場合には、審査に通過すること自体が難しいかもしれません。特に車検切れが迫っている場合などには、審査に時間がかかる自動車ローンではすぐにお金を準備することが難しいといえるでしょう。

そのような場合には銀行や消費者金融などが提供する、個人向けの小口融資であるカードローンの活用を検討してみてください。カードローンの多くでは申込み当日中の借り入れが可能な即日融資に対応していますので、すぐにお金が必要な場合などにも余裕を持って対応することができるのです。消費者金融系カードローンであれば審査には比較的通りやすくなっていますので、自動車ローンの審査に不安を感じる人などにもおすすめです。

車検を受けないとどうなるの?

車検はすべての公道を走る上で必要なものです。車検を受けていない車で公道を走ってしまうと、無車検車両運転で6か月以下の懲役、または30万円以下の罰金を払う必要があろます。

また車検を受けていない=自賠責保険もきれているとなると、1年以下の懲役、または50万円以下の罰金を支払うことになります。

また無車検車運転で免許書も6点減点、無保険車運転で6点減点、タートルで12点減点となりその場で90日の免停処分が下ります。車検を受けていないと公道は絶対に走れないことが分かります。

車検にかかる費用

車検は車をチェックすることで安全に運転するために、劣化や消耗をした部品の取り換えを行います。

しかし車検の費用には、車両重量税、自賠責保険、車検費用、代行手数料などの別の料金まで発生してくるのです。そのために車検の値段は、ある程度まとまったお金が必要となります。

一般的に必要とされる車検代の費用は、軽自動車ならば7万円から10万円、普通自動車であれば10万~15万円くらいの費用が必要とされます。

車検の費用がない時にはカードローンを利用する

どうしても手元に車検代がない場合には、どうすればいいのでしょうか?車を売るというのもひとつの手とも言えますが、できるだけ車は手元に置いておきたいですよね?

そんなときに便利なのがカードローンです。金融機関からお金を借りることで目先に迫っている車検の費用をねん出するのです。カードローンは競争が激しく最近では審査に通る可能性も高くなってきました。

過去にカードローン事故を起こしたことのない人で、現在の借入がないのであれば車検程度の借入の審査は受かることでしょう。

収入の限られている主婦やアルバイトの方にも貸し出しているカードローンがありますので、収入の面で不安なのであればはじめから収入が低い人でもOKと宣伝しているところで審査を受けると安心です。

どんなカードローンを車検用に検討したい?

カードローンはカードローンでも、今ではさまざまな種類が出ています。その中でも特に車検代として使うのに適しているカードローンを2つご紹介していきます。

一つ目はマイカーローンです。各銀行、金融期間からマイカーローンという車関係に使うためのローンが出されています。多くの人が勘違いをしているのですが、マイカーローンは車などの購入費以外にも車検の費用としても使うことができるのです。

ですのでもちろん車検費用の不足を補うためにも使えるのです。マイカーローンのデメリットといえるのは、審査に時間がかかることです。ですので思っていたよりも車検代が高くて手持ちのお金がないから借りいれしたい!というケースには向いていません。

2つ目のカードローンはフリーローンです。もともと使い道が自由なカードローンですので、車検代として使うことができます。フリーローンの審査はマイカーローンよりも通る可能性が高いといわれています。

またフリーローンの強みは即日融資ができるところです。車検の期限ぎりぎりで車検代が不足してしまったときなどには便利です。カードローン会社によっては、無利息キャンペーンを行っています。短期間で返済ができるときには断然フリーローンがお得であるといえます。

どうしてもお金が用意できない場合には車の売却を検討しましょう!

車を持っていると様々な費用が発生しますので、何かとお金が必要になります。車検などの費用がどうしても調達できないのであれば、車を売却することについても検討してみてください。

都市部に住んでいる人であれば電車やバスなどの公共の交通機関を利用することができますし、あるいはカーシェアリングやレンタカーなどを利用するという方法もあります。車検が切れていても車の売却は可能ですから、どうしてもお金が用意できないのであれば車検を通さずに売却してしまう方がお得で有利になるかもしれません。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*