着工金を工面するためにカードローンを使うこともできる

夢のマイホームを建てるために住宅ローンを利用する方も多いと思います。

しかし多くの場合は住宅ローンを融資してもらう前に着工金と呼ばれるお金を支払う必要があるのです。でもこの着工金は高額なお金になってしまうために、お金の工面をどこからするか?ということが問題になる人もいます。

そんなときにカードローン着工金を用意することはできるのでしょうか?

着工金とは?

多くの工務店では、家の費用を何回かに分けて支払っていきます。手順は次のように行われることが多いです。

①着工金の支払い・・・着手金と呼ばれることもあります。全体の費用の10%程度を前金として支払います。
②中間金の支払い・・・建築中に支払うお金のことで、全体の25%ほどといわれています。
③完成後の支払い・・・①、②で支払った代金を際引いた全体の費用を支払います。

②、③については、住宅ローンで支払えることがほとんどです。多くの場合問題となるのは着工金です。いずれの支払段階にしても、一度でも支払いが滞れば建築がストップします。きちんと支払をその都度行ってこそ、夢のマイホームも手に入るのです。

つなぎ融資に頼らない着工金

住宅ローンの融資が開始されるのは住宅がある程度完成してからなのです。そのために着工金は事前に用意しなければなりません。そのため、住宅ローンまでをつなぐ“つなぎ融資”と呼ばれる融資も存在します。

つなぎ融資は住宅ローンを組む銀行から借入をすることがほとんどなのですが、つなぎ融資期間も住宅ローンの金利がかかってきます。借入の金額が大きいだけに利子として支払うお金もかなりの金額になってしまいます。

大きな買い物をするときにはしっかりと節約できるところは節約したいものですね。つなぎ融資を利用しないことが、少しでも住宅費用をカットするのに役立ちます。

着工金はカードローンを利用できる

つなぎ融資には頼りたくないものの、やはり着工金すべてを用意するのは難しい場合もあります。完成住宅を買う時には、すべてを住宅ローンで支払うことができますが、注文住宅の場合には着工金は絶対に必要なお金です。

建築完了後に支払いしてもいいという工務店は、今のところありません。

着工金を準備する上で便利なのが、カードローンです。自己資金がある程度あって、着工金に足りない金額をカードローンを利用して支払うこともできます。

上手く使うことでマイホームへの一歩を踏み出すことができるでしょう。

どうしてカードローンが便利なの?

一般的にカードローンと呼ばれているものの多くは、利用目的を問わないフリーローンです。ですので住宅の着工金として使っても問題はありません。金融機関によっては最大で1000万円まで借入できるところも多くなってきています。

カードローンを活用する場合は、申込みや審査を気軽に行うことができます。またすぐにお金を返せるという場合には利子を抑えられるというメリットもあります。返済も特別な手続きなしに済ませることができるので、お金ができるたびに返済を進めることができます。

すでに利用しているカードローンがあって追加で借入できる金額が着工金として必要な金額内であれば、もっと気軽に利用しやすくなります。

利用は計画性を持って行う

着工金を工面するためにカードローンを使用することができますが、カードローンの使用が全ての人にとってお得になるとは言えません。

利用するカードローンの金利や利息、自己資金、必要費用などを、すべての要素をしっかりと検討して計算してから、自分にとってはどの方法が一番お得か?または気軽に利用できるか?ということを考えてみましょう。

着工から住宅完成までの期間が短ければ、その分だけ利息が小さくなるので借入をするタイミングもしっかりと図っておきましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*