カードローンを条件で比較する

カードローンは一枚持っていると急に入用が出来た場合にとても便利です。一口にカードローンといっても現在ではたくさんの種類やタイプのものが出揃っています。これからはじめてカードローンに申込む方にとっては、一体どれが自分のニーズに適しているのか、カードローン選びに迷ってしまいます。

どのカードローンが最も便利かは利用される方によって異なってきます。緊急的にお金が必要なので即日融資に対応したカードローンを探している方もいれば、返済方法にこだわりのある方、そして金利条件の一番良いものを探している方と、カードローンに求める条件は千差万別です。
以下に種類別のカードローンの特徴についてまとめてみましたので、カードローン選びの参考にしてください。

3タイプのカードローン

カードローンといった場合、通常は以下のいずれかを指します。まず第一が銀行カードカードローンは大きくわけて3つの種類があります。まず第一に挙げられるのが最近とみに人気の銀行カードローン、これは大手の銀行をはじめ、地方・信託銀行やオンライン銀行などの銀行及び、信用金庫や農林中央金庫などの系統金融機関が発行するものです。次に従来からある消費者金融のカードローン、最後がクレジット会社や信販会社などが提供するカードローンになります。

カードローン選びでもっとも注目しなければならないのが支払金利、一般的に言うと金利の点でもっとも有利なのが銀行カードローン、以降信販系、消費者金融系の順番になります。金利が低く限度額の高い銀行のカードローンは、それゆえに審査基準がやや高く設定されていることが多いのが特徴です。

カードローンの借り換え先で選ぶべきではない業者の特徴3つを紹介

金利はチェックすべし

複数の借入先のある人で、借金返済のやりくりで苦しんでいる人はいませんか?

そのような人のために、借り換えサービスを行っているところもあります。借金を一本化することで、総額も把握しやすくなりますし、月1回の返済ペースになるので資金繰りで無理をすることもなくなります。ただし借り換え先は慎重に比較する必要があります。

借り換えローンを提供しているところはありますが、あまりお勧めできない業者もあります。そのお勧めできない業者の特徴を、ここでいくつかピックアップしていきましょう。まずは金利が高めの業者です。これはお分かりの方も多いかもしれませんが、利息支払い負担が大きくなるので返済が大変になります。

続きを読む

0

フリーター・専業主婦でも借りられるカードローン

銀行系カードローンにはパートアルバイト主婦などの人でも借り入れを申し込むことができるのですが、主婦の場合には自分自身の収入の有無により若干異なるようです。パートやアルバイトなどによる自分自身の収入のある主婦であれば原則としてすべての銀行系カードローンに申し込むことができるのですが、一方で自分自身の収入のない専業主婦の場合には一部の銀行系カードローンでは申込みは不可とされています。またパートやアルバイトなどの人の場合には、原則としてすべての銀行系カードローンに申し込むことが可能です。次はそれぞれの利用者ごとに、さらに詳しい利用条件などを確認してみましょう。

自分自身の収入のない専業主婦の借り入れは認められない銀行系カードローンがあります!

以下にご紹介する銀行系カードローンについては、残念ながら自分自身の収入のない専業主婦の借り入れは規定により認められません。自分自身の収入がない専業主婦がカードローンの利用を希望する場合には、以下でご紹介する以外の銀行系カードローンへの申し込みを検討してみてください。

カードローンに申し込むためには、いずれも働いて自分自身の収入を得ていることが必要になります。パートやアルバイトなどによる収入のある主婦であれば上記のカードローンにも申し込むことができるのですが、収入のない専業主婦の場合には申し込みは認められないのです。

カードローンの利用の可否は様々な条件により総合的に判断されます!

上記以外の銀行系カードローンにはパート・アルバイト・主婦(専業主婦を含む)でも申し込むことができるのですが、実際にカードローンを利用するためには審査を受けてこれに通過することが必要になります。カードローンの融資は利用者の返済能力に基づいて行われますので、審査に通過する為にはやはりある程度の収入が必要だといえるでしょう。

ただし少額の借入限度額でも構わないのであれば、パートやアルバイトや主婦などの収入が少ない人でも審査には問題なく通過することができます。カードローンの利用条件は「継続的な安定した収入を得ている人」となっていますので、安定した収入の条件を満たすと判断されればカードローンの利用そのものは認められるのです。(日雇いの仕事の人や単発のアルバイトを繰り返している人などの場合には、安定した収入の条件を満たさないと判断されることがあります。)

パートやアルバイトではどの程度の収入があれば審査に通過できるのでしょうか?

銀行系カードローンの審査にパートやアルバイトなどの人が通過するためには、およその目安としては月収7万円程度が必要になるようです。ちなみに消費者金融系カードローンの場合には、月収5万円程度を得ていることが審査に通過するための目安となっています。

ただし実際には収入の金額だけではなく、利用者に関する様々な条件により融資の可否は総合的に判断されることになりますので、銀行系カードローンの審査に確実に通過するためには月収10万円程度があれば安心だといえるでしょう。

月収が10万円の人は年収が120万円ということになりますので、総量規制による基準であれば最大で40万円の借入限度額が認められることになります。年収が120万円以上であればパートやアルバイトなどの人でも、ほとんどの場合には10万円~30万円程度の借入限度額が認められるはずです。

パートやアルバイトの方でもし消費者金融のカードローンに申込む場合、アコムがおすすめできます。アコムならばパートやアルバイトであっても審査申込みする事が可能であり、安定した収入さえ得ている立場であれば、収入の少ない場合でも審査に通れる可能性は充分にあります。更にアコムは審査申込から融資までのスピードも早いのでそう言った点でもおすすめできます。

アコムならパート・アルバイトでも審査申込可能です

自分自身の収入がある主婦であっても専業主婦として申し込んだ方が有利になる場合があります!

銀行系カードローンには専業主婦でも申し込みが可能であることが多いのですが、専業主婦が認められる借入限度額は最大で30万円~50万円までになります。パートやアルバイトなどによる収入が少ない主婦の場合には、自分自身の収入がある主婦であっても専業主婦として申し込んだ方が有利になるかもしれません。

例えば楽天銀行カードローンイオン銀行カードローンでは、専業主婦であっても最大で50万円までの借入限度額が認められます。配偶者にある程度の収入があれば、自分自身の収入に基づいて申し込むよりも有利に判断される可能性が高いのです。

なぜ専業主婦として申し込むと有利になるのでしょうか?
主婦が銀行系カードローンに申し込む場合には、配偶者貸付という制度を利用することができます。配偶者貸付では配偶者と本人の収入を合算した金額に基づいて審査が行われますので、自分自身の収入のない専業主婦でも借り入れを利用することが認められるのです。

配偶者貸付では配偶者にある程度の収入があれば、専業主婦であっても30万円~50万円程度の借入限度額が認められますので、パートやアルバイトなどによる自分自身の収入が少ない主婦の場合には、専業主婦として配偶者の収入に基づいて審査を受けることを検討してみてください。

フリーター・専業主婦でも利用できるカードローン比較

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「フリーター・専業主婦でもできる」ページを作成しました。

続きを読む

0

知名度の高さで選ぶ

様々な事情により急にお金が必要になった場合には、カードローンの利用が手軽で便利だといえるでしょう。特に即日融資に対応できるカードローンであれば、現金をすぐに用意したい場合などにも余裕を持って対応することができます。

ただし近年ではカードローンの種類が増えており、様々な金融機関が様々なカードローン商品の提供を行っていますので、いざとなるとどのカードローンに申し込めばよいのか迷ってしまう人なども多いようです。今回はカードローンを選択する際に注目したいポイントや、知名度の高いおすすめのカードローンなどについてご紹介しますので、申し込みの際の参考にしてみてください。

続きを読む

0

無利息期間有りのカードローン

現在は様々な金融機関がカードローンの提供を行っているのですが、近年では顧客サービスの一環として「無利息期間サービス」の提供を行う金融機関が増えています。無利息期間サービスは設定された期間内について、利息の負担なしで借り入れが利用できるサービスです。

今回は無利息期間サービスを提供する金融機関について、そのサービス内容や利用条などを詳しく確認してみたいと思います。無利息期間サービスを上手に活用して、利息の負担を軽減して借り入れの早期の完済を目指すために役立ててみてください。

続きを読む

0

女性専用のカードローン

かつて消費者金融は「サラ金」と呼ばれていて、高額な利息の請求や暴力的な取り立てなどが社会問題となっていたのですが、現在のカードローンは金融会社が法律に基づいて提供を行う正規の金融商品ですから、誰でも安心して気軽に利用することができるのです。特に近年では女性の利用者が増加しており、働く女性や家計を預かる主婦などがカードローンを積極的に利用しています。

ただし現在もカードローンの利用者全体の7割以上は男性であり、女性にとってカードローンは敷居が高く利用に抵抗を感じることが多いようです。そのため近年では多くの金融会社が、女性専用カードローンのサービス提供を行っています。女性専用ローンは女性のためのカードローンであり、女性ならではのお金の悩みに応えるカードローンなのです。

女性専用カードローンはどのようなカードローンなのでしょうか?

女性専用カードローンは女性の利用に特化したローン商品であり、次の2つの点が大きな特徴となっています。

利用することができるのは女性に限られます!

女性専用カードローンは女性専用のローン商品ですから、利用することができるのは女性のみに限られます。ホームページや広告などはエレガントな女性向けのデザインを採用していますし、さらに女性専用のコールセンターを用意するなど、女性のための使いやすさにこだわることで一般のカードローンとの差別化を図っています。

様々な対応を専用の女性スタッフが行います!

店頭や電話などによる申し込みの対応や、申し込み方法や利用方法に関する質問への回答などを、女性専用カードローンでは専用の女性スタッフが行います。申し込み後に行われる電話による本人確認や職場への在籍確認などについても同様に女性スタッフが行いますので、カードローンに初めて申し込む女性も安心だといえるでしょう。特にソフト面において女性が使いやすいカードローンを実現していることが、女性専用カードローンの大きな特徴なのです。

女性専用カードローンはどのような女性におすすめなのでしょうか?

女性専用カードローンは、特に次のような女性にピッタリだといえるでしょう。

周囲の人たちに内緒でカードローンを利用したい女性におすすめ!

これは女性に限ったことでないのですが、やはり周囲には内緒でカードローンを利用したいという人が多いようです。女性専用カードローンにはインターネット電話から申し込むことができますので、カードローンに申し込んでいるところを誰かに見られてしまう心配はありません。人目を気にすることなく安心して申し込むことができるのです。

パートやアルバイトなどをしている主婦や専業主婦などの女性にもおすすめ!

パートやアルバイトなどによる自分自身の収入がある主婦であれば、女性専用カードローンには問題なく申し込むことができますし、また自分自身の収入がない専業主婦でも配偶者貸付制度を利用すれば配偶者の収入に基づいて女性専用カードローンに申し込むことができます。さらに配偶者貸付制度はパートやアルバイトなどによる収入が少ない主婦でも利用することができますので、詳しくは専用の女性スタッフに確認をしてみてください。

電話による本人確認や在籍確認が不安だという女性にもおすすめ!

女性専用ローンに申し込んだ場合にも、審査の際には電話による本人確認や在籍確認などの手続きが行われます。ただし女性専用ローンでは電話による手続き専用の女性スタッフが行いますので、男性から電話がかかってきた場合のように怪しまれることは少ないはずです。また初めてカードローンに申し込む場合などには専用の女性スタッフに質問や相談をすることができますので、女性ならではの女性目線による的確なアドバイスを受けることができるのです。

女性専用ローンにはメリットとデメリットの両方があります!

便利な女性ローンには様々なメリットがあるのですが、一部にはデメリットなどもありますので、メリットとデメリットの両方をしっかりと理解した上で申し込みを検討してみてください。

女性専用ローンのメリットは?

専用の女性スタッフが電話の対応を行います!

電話による申し込み手続の対応はもちろんですが、質問や相談などの電話についても専用の女性スタッフが親切な対応を行います。カードローンを利用するのが初めての女性でも気軽に電話をすることができます。

店頭窓口の対応も同様に専用の女性スタッフが行います!

店頭窓口における対応についても専用の女性スタッフが行いますので、男性スタッフが苦手だという女性でも安心して申し込みや質問や相談などができます。

女性ならではのお金の悩みを相談することができます!

女性の場合には男性とは異なり、女性ならではのお金の悩みが多いようです。プライベートでデリケートな女性のプライバシーに関する悩みについても、専用の女性スタッフであれば安心して相談することができます。

女性専用ローンのデメリットは?

金利条件などは通常のカードローンと同じになります!

女性専用ローンの金利条件については、基本的には通常のカードローンと同じになります。女性専用ローンだからといって、女性に優遇金利が適用されるわけではありません。

審査条件も通常のカードローンと同じにな< ります!

審査条件についても通常のカードローンと同じになりますので、女性専用ローンだからといって女性は審査に通過しやすいということはありません。女性の場合には男性よりも収入の金額が少ないことが一般的ですから、むしろ男性よりも審査には通りにくいといえるかもしれません。さらに消費者金融が提供する女性専用ローンには総量規制が適用されることになりますので、借り入れが可能な金額は最大で年収の3分の1までに制限されることになります。

簡単に利用できることによる借り過ぎに注意をしてください!

女性専用ローンは女性の使いやすさにこだわったローンですから、カードローンに抵抗を感じる女性でも気軽に利用することができます。しかしその一方で簡単に借り入れが利用できるため、ついつい借り過ぎてしまう女性なども多いようです。安易に利用しているといつの間にか借金が膨れ上がってしまうことになりますので、借り入れは必要最少限度の金額計画的に利用するようにしましょう。

女性専用ローンを利用すれば急にお金が必要になった場合などにも安心です!

女性専用カードローンの特徴を簡単にまとめてみると、気軽に利用できる使いやすさや親しみやすさがメリットであり、一方で利用条件や審査の基準などは通常のカードローンと変わらないことがデメリットになります。

カードローンの契約をしておけば急にお金が必要になった場合などにも、すぐに銀行振り込みやATMで必要な金額を借り入れることができますので、いざという場合に備えるためにも女性専用カードローンへの申込みをぜひとも検討してみてください。

人気カードローン会社の女性専用キャッシングを徹底比較

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「女性専用キャッシング」ページを作成しました。

続きを読む

0

50万円以上借入可能

今すぐ50万円が必要だという場合には、まずはカードローンへの申し込みを検討してみてください。ただし実際に申し込む場合には「今すぐに50万円を借り入れることができるのだろうか?」「50万円を借り入れた場合には総額でどのぐらいの金額を返済すればよいのだろうか?」などのように、様々な疑問や不安などを感じることがあるかもしれません。

カードローンの多くでは返済方式にリボルビング払い(リボ払い)を採用していますので、月々の返済額は借入残高に応じて変動することになります。思っていたよりも返済総額が増えてしまう場合などもありますので、借り入れを検討する際には返済シミュレーションなどを活用して、月々の返済額や返済総額などをしっかりと確認しておくようにしましょう。今回はカードローンで50万円を借り入れた場合の利息や返済額などについて、さらに詳しくフォーカスしてみたいと思います。

続きを読む

0

返済のしやすさで選ぶ

近年では低金利のカードローンを提供する金融機関が増えているようです。金利はカードローンを選ぶ際の重要な条件であり、低金利のカードローンを選べば金利の負担が減少して有利になるのですが、実際にカードローンを利用する際にはその他の条件についても注意が必要になります。

低金利で利用できるカードローンは一見するとお得で便利に感じられるのですが、メリットだけではなく様々なデメリットなどもありますので、メリットとデメリットをしっかりと理解した上で慎重に活用するようにしましょう。

低金利で利用できるカードローンでは、月々の返済額が多めに設定されていることが一般的です。月々の返済は最低1万円からとなっていることが多くなっていますし、さらに借入金額が大きくなれば月々の返済額も増えることになりますので、毎月の返済の負担が大きくなり生活を圧迫してしまう可能性があります。低金利のカードローンであっても、月々の返済額が大きくなれば返済は厳しくなってしまうのです。

続きを読む

0

金利の安さで比較

カードローンを選ぶ際には、金利の条件を最も重視するという人が多いのではないでしょうか。実際のアンケートにおいても金利を重視してカードローン選んだという人の割合がおよそ60%で最も多く、さらに安心感を重視して選んだという人がおよそ35%、返済の自由度を重視して選んだという人がおよそ34%と続いています。

カードローンの金利は多くの人が注目している重要な条件なのですが、その詳細についてはよくわからないという人などがいるかもしれません。カードローンの解説では金利だけでなく「利息」や「実質年率(実質利率)」などの言葉を見かけますし、さらにカードローンにも住宅ローンと同様に「固定金利」や「変動金利」のものがあるようです。

今回はカードローンの金利に関する様々な基礎知識や、金利についての詳細などをご紹介したいと思います。低金利で利用できるカードローンを探しているという人は、ぜひとも参考にしてみてください。

金利とはどのようなものなのでしょうか?

そもそも金利とはどのようなものなのでしょうか。まずは基礎知識として、金利とは何なのかについて確認してみましょう。これはカードローンだけでなく借り入れ全般にいえることなのですが、金融機関からお金を借り入れた場合などには原則として金利が発生することになります。

金利は住宅ローンやマイカーローンなどにも発生しますし、分割払いで買い物をした場合などにも同様に発生することになります。また学生を支援する奨学金や生活困窮者を支援する生活福祉資金貸付などについても、金利が発生することがあるのです。

お金を貸してくれる金融機関に対するレンタル料金のようなものが、金利だと考えてみてください。また家族や友人などの間でお金の貸し借りを行う場合にも、法律上は金利を請求することが認められています。(ただし貸金業の認可を受けていない者が、業務として不特定多数にお金を貸すことは認められていません。)このようにお金の貸し借りを行う場合には、それに伴ってほとんどの場合には金利が発生することになります。

それでは金利が10%の条件で100万円を借り入れた場合には、返済の際にはどれだけの金額を支払えば良いのでしょうか。単純に計算すると100万円×10%=10万円ということになるのですが、これは上記の条件で1年間お金を借りた場合の金利(年利)であり、実際に支払う金額は日割り計算によって算定されることになるのです。

ただしカードローンの場合には借り入れた金額は一括ではなく分割で返済を行いますので、毎月の返済を続けていくと少しずつ借り入れ元本が減っていくことになります。借り入れ元本が減少すれば支払いが必要な金利も減少することになりますので、実際に支払いが必要な金額は上記の例よりも少なくなります。

例えば三井住友銀行カードローンが提供している返済シミュレーションを活用して、金利10%の条件で100万円を借り入れて1年間の分割で返済を行う場合を計算してみると、支払いが必要な金利の金額は5万5千円となり、返済が必要な総額は借り入れ元本と合わせて105万5千円になるようです。

実質年率とはどのようなものなのでしょうか?

次は実質年率とは何なのかについて確認してみたいと思うのですが、その前に「利率」「金利」「利子」「利息」などの用語について確認してみましょう。「利率と金利」「利子と利息」については、実質的には同じ意味の言葉として使われています。慣例としてはこれから受け取る予定のお金が「利率と金利」、受け取る側が「利息」、支払う側が「利子」とされていることが多いのですが、実際には利率・金利・利息・利子などは同じ意味の言葉として使われていますので、よくわからなくても特に問題はないでしょう。

次は実質年率についてなのですが、実質年率の「実質」とは具体的には何を意味しているのでしょうか。カードローンを利用する場合には通常の金利以外に、審査の手続きや書類の作成などを行うための費用が必要になります。具体的には審査のための費用・書類を作成するための費用・調査のための費用・保証会社の保証を受けるための費用などであり、実質年率の実質はこれらの費用を意味しているのです。実質年率は、通常の金利に諸費用を加えた支払の総額ということになります。

カードローンにも変動金利と固定金利があります!

変動金利固定金利と聞くと住宅ローンを思い出す人が多いかもしれませんが、カードローンの場合にも同様に変動金利または固定金利のいずれかが適用されることになります。カードローンの場合には住宅ローンなどに比べると借入額が少額となりますのであまり気にしないという人が多いのですが、特におまとめローンなどで大きな金額の借り入れを利用する場合には、変動金利と固定金利の違いに注意をしてください。

契約時に定められた金利が借り入れから返済まで継続して適用されるのが固定金利であり、一方で景気の情勢などにより定期的に金利の見直しが行われるのが変動金利になります。固定金利と変動金利のそれぞれの平均を比較してみると、通常は固定金利の方が変動金利よりも若干割高に設定されています。ただし変動金利の場合には固定金利とは異なり、その後金利の引き上げまたは引き下げが行われる可能性があるのです。

例えば2016年11月における住宅ローンの金利を確認してみると、固定金利が1.5%であることに対して変動金利は1.0%に設定されています。ちなみに10年前の住宅ローンの金利は、固定金利が3.5%に対して変動金利は3.0%に設定されていました。変動金利では景気が良くなると金利の引き上げが行われ、景気が悪くなると金利の引き下げが行われますので、10年前に変動金利を選んだ人は金利の引き下げにより得をしたことになります。

ただしカードローンの変動金利では、住宅ローンの変動金利と比較すると景気の情勢などによる影響は少なくなりますので、カードローン選びの際にはできるだけ低金利で利用できるものを選ぶようにしましょう。大手銀行や大手消費者金融などが提供するカードローンに適用される金利については、固定金利と変動金利でそれぞれ以下のとおりとなっています。

単一金利が適用されるカードローンは?

  • アイフル
  • モビット
  • プロミス

変動金利が適用されるカードローンは?

  • 三井住友銀行カードローン
  • 三菱東京UFJ銀行カードローン
  • みずほ銀行カードローン
  • 楽天銀行カードローン
  • 新生銀行カードローンレイク
  • アコム

アコムについては例外となっているのですが、大手消費者金融系カードローンには固定金利が、また大手銀行系カードローンには変動金利が適用されることが多いようです。

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「金利の安さで比較」ページを作成しました。

続きを読む

0