カードローンを条件で比較する

カードローンは一枚持っていると急に入用が出来た場合にとても便利です。一口にカードローンといっても現在ではたくさんの種類やタイプのものが出揃っています。これからはじめてカードローンに申込む方にとっては、一体どれが自分のニーズに適しているのか、カードローン選びに迷ってしまいます。

どのカードローンが最も便利かは利用される方によって異なってきます。緊急的にお金が必要なので即日融資に対応したカードローンを探している方もいれば、返済方法にこだわりのある方、そして金利条件の一番良いものを探している方と、カードローンに求める条件は千差万別です。
以下に種類別のカードローンの特徴についてまとめてみましたので、カードローン選びの参考にしてください。

3タイプのカードローン

カードローンといった場合、通常は以下のいずれかを指します。まず第一が銀行カードカードローンは大きくわけて3つの種類があります。まず第一に挙げられるのが最近とみに人気の銀行カードローン、これは大手の銀行をはじめ、地方・信託銀行やオンライン銀行などの銀行及び、信用金庫や農林中央金庫などの系統金融機関が発行するものです。次に従来からある消費者金融のカードローン、最後がクレジット会社や信販会社などが提供するカードローンになります。

カードローン選びでもっとも注目しなければならないのが支払金利、一般的に言うと金利の点でもっとも有利なのが銀行カードローン、以降信販系、消費者金融系の順番になります。金利が低く限度額の高い銀行のカードローンは、それゆえに審査基準がやや高く設定されていることが多いのが特徴です。

カードローンの借り換え先で選ぶべきではない業者の特徴3つを紹介

金利はチェックすべし

複数の借入先のある人で、借金返済のやりくりで苦しんでいる人はいませんか?

そのような人のために、借り換えサービスを行っているところもあります。借金を一本化することで、総額も把握しやすくなりますし、月1回の返済ペースになるので資金繰りで無理をすることもなくなります。ただし借り換え先は慎重に比較する必要があります。

借り換えローンを提供しているところはありますが、あまりお勧めできない業者もあります。そのお勧めできない業者の特徴を、ここでいくつかピックアップしていきましょう。まずは金利が高めの業者です。これはお分かりの方も多いかもしれませんが、利息支払い負担が大きくなるので返済が大変になります。

ちなみに50万円を15%の金利で借りていたのを18%の金利に変えた場合、月々1万円ずつの返済で仮定すると返済期間は15か月ほど伸び、返済総額も14万円強増えてしまいます。このような失敗はすまいと思っている人もいるでしょうが、実は躓いている方も結構多いです。

キャッシングの金利を見てみると、4~18%のような感じで、一定の幅を設けているケースが多いです。このとき4%のような低い金利のほうに着目してしまう人が多いです。しかしこのような下限金利が適用されるのは、そのキャッシングの中でも融資限度額いっぱいの貸し出しをする人だけです。たいてい最初に借り入れをする場合には18%のような上限金利の適用されることが多いです。

ですからおまとめローンなどで借金を一本化するときには、上限金利が今の借入先と比較してどうかで考える必要があります。複数の借入先のある人は、加重平均金利を算出して、その利率とおまとめローンの金利を比較しましょう。

加重平均金利といわれるとぴんと来ないかもしれませんが、自分で計算は十分可能です。現在の借入先の金利と借入額をそれぞれかけて、年間の利息総額を出します。これに対して借入先の借入総額で割ると、加重平均金利が出ます。加重平均金利以下の上限金利を設定しているキャッシングサービスを利用すれば、返済負担が増えることもなくなります。

月々の返済額が少ない

借り換え先としてお勧めできない業者の特徴として、月々の返済額が少なく設定されているところも見逃せません。月々の返済額は少ないと一見返済が楽そうと思ってしまうかもしれません。しかし返済額が少ないと、それだけ返済期間が延びてしまいます。これがネックなのです。

利息は返済している間はずっとかかります。返済期間が延びるということは、それだけ余計な利息を支払う羽目になることを意味しています。借り換えをして金利が低くなったけれども、返済額が少なくなって期間が延びてしまったためにかえって返済総額が増えてしまったということも十分起こりえます。

このような失敗をしないためには、月々の最低返済金額が現在の借入先のそれよりも上かどうかを確認することです。複数の借入先があるでしょうから、その場合にはそれぞれの約定返済額の合計を出しましょう。これよりも借り換え先の月々の返済額が上回っているようであれば、問題はないです。

ただしもし金利が現在の借入先よりも低くなっていれば、多少最低返済額が少なくなっても返済総額で見た場合少なくなるケースもあります。これはケースバイケースになりますので、各キャッシング会社の提供している返済シミュレーションなどを使って比較してみるといいでしょう。

借り換えサービスを行っているところにも悪徳業者が

このようなキャッシングサービスを行っているところの中には、いわゆるヤミ金のような悪徳業者のあることは広く知られているでしょう。借り換えサービスに関しても同様で、甘い言葉で誘惑して暴利でお金をむしり取るような悪質な業者のいることは否定できません。

このような悪徳業者の場合、だいたい勧誘はダイレクトメールや電話、メール、電柱の貼紙、チラシ広告を使っていることが多いようです。そして勧誘文句として「必ず貸します」とか「無職でも可」「ブラックでもOK」といったような、まともなキャッシング会社ではまずお金を貸さないだろうといった人にも貸すと記載する傾向がみられます。

さらには、ほかのキャッシング会社と比較してものすごく低い金利をうたっているとか、金利ゼロなどと言っているところもヤミ金の可能性が高いです。

冷静に判断するとこのような貸し出しはあり得ないと思うでしょう。しかし資金繰りがひっ迫していて、いろいろなキャッシング会社の審査を受けたけれども借り入れができなくなるとこのような甘い誘い文句に飛びついてしまう人も結構います。またヤミ金と分かっていても「すぐに返済すれば大丈夫だろう」と思って借りる人も見受けられます。しかし一度ヤミ金に手を出してしまったが最後、骨の髄までしゃぶられると思っておいたほうがいいです。

上で紹介したセールス文句のほかにも、貸し付け条件についてチラシなどどこを見ても記載されていないとか、連絡先が携帯電話の番号しかないといった場合も注意したほうがいいです。またたいていのところがホームページを開設していますが、ヤミ金の場合チラシや貼り紙の広告だけでホームページを開設していない傾向がありますのでこちらもチェックポイントになるでしょう。

ヤミ金の中には、一見すると有名な消費者金融や金融機関のグループ会社と思わせるような社名にしていることもあります。これでついついだまされるという話も聞きます。ですから本当に大手金融機関に関連しているかどうか、インターネットなどを使って情報収集をしておいたほうが安心です。

このように借り換えをする場合にお勧めできない業者の特徴はいくつかあります。借り換えとかおまとめローンといった言葉に惑わされることなく、しっかりと商品内容を吟味したうえで借り入れをするかどうか検討しましょう。

0

知名度の高さで選ぶ

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「知名度の高さで選ぶ」ページを作成しました。

続きを読む

0

女性専用のカードローン

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「女性専用キャッシング」ページを作成しました。

続きを読む

0

50万円以上借入可能

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「50万円以上借入可能」ページを作成しました。

続きを読む

0

返済のしやすさで選ぶ

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「返済のしやすさで選ぶ」ページを作成しました。

続きを読む

0

金利の安さで比較

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「金利の安さで比較」ページを作成しました。

続きを読む

0