50万円以上借入可能

今すぐ50万円が必要だという場合には、まずはカードローンへの申し込みを検討してみてください。ただし実際に申し込む場合には「今すぐに50万円を借り入れることができるのだろうか?」「50万円を借り入れた場合には総額でどのぐらいの金額を返済すればよいのだろうか?」などのように、様々な疑問や不安などを感じることがあるかもしれません。

カードローンの多くでは返済方式にリボルビング払い(リボ払い)を採用していますので、月々の返済額は借入残高に応じて変動することになります。思っていたよりも返済総額が増えてしまう場合などもありますので、借り入れを検討する際には返済シミュレーションなどを活用して、月々の返済額や返済総額などをしっかりと確認しておくようにしましょう。今回はカードローンで50万円を借り入れた場合の利息や返済額などについて、さらに詳しくフォーカスしてみたいと思います。

50万円をカードローンで借り入れた場合の利息や返済額は?

現在のカードローンではリボルビング払いによる返済を行うことが多いのですが、リボルビング払いでは借り入れ残高に応じた金額の返済を行いますので、月々の借入残高が多い場合には大きな金額の返済が必要になりますし、一方で借入残高が少ない場合には少額の返済でOKになります。

リボルビング払いでは借入残高に応じた月々の返済額があらかじめ決められていますので、計画的な返済がしやすいことがメリットだといえるでしょう。ただし返済を続けていくと月々の返済額が減少するため、返済期間が長期化して金利の負担が増加しやすいというデメリットがあるのです。

カードローンを利用する際にはこれらのリボルビング払い特有の特性をしっかりと理解した上で、計画的な返済を行うことが重要になります。カードローンを利用した場合に支払いが必要な利息については、「利息の金額=借入残高×金利条件×借り入れ日数÷365日」という計算式により算出することができます。実際にシミュレーションをして、支払いが必要な利息の金額を確認してみてください。

50万円を借り入れる場合の審査基準は厳しいのでしょうか?

50万円を借り入れるための最大のハードルは、やはり審査だといえるでしょう。いくら利用条件の優れたカードローンであっても、審査に通過できなければ意味がなくなってしまうのです。今回は50万円を借り入れる場合の審査基準について、利用者の種類ごとに確認してみたいと思います。

50万円の借入限度額は消費者金融系カードローンでは平均的な金額になりますし、銀行系カードローンでは若干少なめの金額になります。ただしカードローンの審査については消費者金融よりも銀行の方が厳しく行われることになりますので、カードローンの審査に不安を感じるという人は比較的審査に通過しやすい消費者金融系のカードローンに申し込んでみてください。消費者金融系カードローンであれば年収が少ない人パートやアルバイトなどの非正規雇用の人でも、審査には十分に通過できるはずです。

年収の額が200万円以下の人の場合には?

カードローンの審査では、年収の額が200万円を超えるかどうかが審査の大きな基準となっています。特に消費者金融系カードローンには借入限度額を年収の3分の1に制限する総量規制が適用されますので、借り入れを利用するためには希望する金額の3倍以上の年収を得ていることが必要になるのです。年収が200万円の人の場合には最大で66万円までの借り入れが認められることになりますが、これはあくまでも借り入れが認められる可能性がある最大限度額となりますので、実際には年収が200万円の人の場合には50万円程度が実際に認められる借入限度額となるようです。

年収の額が200万円を超えている人の場合には?

年収の額が200万円を超えている人は、ほとんどの場合には50万円以上の借入限度額が認められることになります。ただしこれは他社からの借り入れを利用していないことが条件であり、他社からの借り入れを利用している場合には他社借り入れを含めた借入総額により融資の可否が判断されるのです。他社借り入れの件数や金額などが多すぎる人は年収の額が多くてもカードローンの審査に落ちてしまう可能性がありますので、新規のカードローンに申し込む前に他社からの借り入れをできるだけ返済してしまうことを検討してみてください。

自分自身の収入のない専業主婦の場合には?

上記でも解説したとおり消費者金融系カードローンには借入限度額を年収の3分の1までに制限する総量規制が適用されますので、自分自身の収入のない専業主婦の場合には借り入れ限度額が0円になるため、消費者金融系カードローンの利用は認められないということになります。一方の銀行系カードローンには総量規制は適用されませんので、自分自身の収入がない専業主婦でも申し込みが認められる可能性があります。ただしこの場合には配偶者の収入に基づいて審査が行われることになりますので、認められる借入限度額は多くても30万円~50万円程度までに限られるようです。

利息の負担をできるだけ減らすためには?

カードローンの利息の負担を減らすためには、できるだけ大きな金額を返済することが効果的になります。カードローンでは契約で決められた最少の返済額(約定返済額)を返済すればOKなのですが、決められた金額の返済だけを続けていると借り入れ元本がなかなか減らなくなりますので、返済が長期化して利息の負担が大きくなってしまうのです。

契約で決められた最少の返済額よりも多めの金額を月々返済するようにすれば、多めに返済した分はすべて借り入れ元本の返済に充てられることになりますので、借入残高を減らして利息の負担を減らすことができます。また返済余裕があれば、任意返済(繰り上げ返済)などについても積極的に活用してみてください。任意返済も同様に借り入れ元本の返済に充てられますので、早期の完済を目指すために大いに役立ちます。

50万の借り入れにおすすめのカードローンをご紹介します!

50万円の借り入れを希望するという人には、手軽で便利な三井住友銀行カードローンへの申し込みをおすすめしたいと思います。三井住友銀行カードローンには、以下のような様々なメリットがあるのです。

  • 低金利(年率4.0%~14.5%)で利用できるため利息の負担を軽減することができます!
  • 月々の返済額が定額に設定されているため計画的に返済を行うことができます!
  • コンビニなどのATMを手数料無料で低コストで利用することができます!
  • 最短30分で審査が完了して即日融資を受けることができます!

計画的に返済したい」という人や、「返済しやすいカードローンがいい」という人などにとっては、三井住友銀行カードローンは利用しやすいおすすめのカードローンだといえるでしょう。ただし三井住友銀行カードローンを利用するためには「利用者本人に安定した継続的な収入があること」という条件を満たすことが必要になりますので、自分自身の収入がない専業主婦の場合には三井住友銀行カードローンを利用することはできません。専業主婦がカードローンの利用を希望するのであれば、専業主婦でも最大50万円までの借入限度額が認められる楽天銀行スーパーローンなどへの申し込みを検討してみてください。

無理のない完済のためにカードローンはくれぐれも計画的に活用するようにしましょう!

カードローンの利用については、無理なく完済できるように計画的に行うことが重要になります。返済計画はカードローンを利用する上で、特に重要なポイントだといえるでしょう。

カードローン会社を徹底比較!利用者の方が有利で安全なカードローン会社探しに役立てていただくために「50万円以上借入可能」ページを作成しました。

カードローン会社 実質年率 利用限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
モビット 3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分※
アコム 4.7%~18.0% 500万円 即日
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円
アイフル 4.5%~18.0% 1000円~500万円 最短30分
レイク 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示
レイク レディース 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示
ノーローン 4.9%~18.0% 200万円 20分

※ 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。