即日キャッシングで今すぐお金を借りたい方に何とかして即金で借りる方法を伝授!!

即日キャッシングできるカードローン会社を徹底比較!すぐにお金を借りたい利用者の方が不利にならずに借り入れできるように、即日キャッシング可能で安全なカードローン会社を徹底比較しています。

カードローン会社 実質年率 利用限度額 審査時間
プロミス 4.5%~17.8% 1~500万円 最短30分
アコム 4.7%~18.0% 500万円 即日
モビット※1 3.0%~18.0% 1~800万円 最短30分※2
アイフル 4.5%~18.0% 1000円~500万円 最短30分
イオン銀行カードローンBIG 3.8%~13.8% 800万円
レイク 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示
レイク レディース 4.5%~18.0% 500万円 画面に審査結果を表示
ノーローン 4.9%~18.0% 200万円 20分

※1. 14:50までの振込手続完了が必要です。審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。
※2. 申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。
※3 契約後、最短即日融資可能

消費者金融と銀行、カードローンで即日融資を受けたいならどっち?

カードローンには消費者金融系、信販系、銀行系など様々な種類がありますが、そのうち即日融資を受けるのに一番向いているのは消費者金融系のカードローンです。同じ即日融資と言っても銀行系の多くが最短で即日と表記しているのに対して、消費者金融系では最短30分で融資可能と謳われています。銀行系にも三菱東京UFJ銀行など一部で最短30分融資を宣伝しているカードローンも存在しているのですが、他の条件も考慮するとやはり銀行よりも消費者金融の方が即日融資には向いていると言えるでしょう。

即日融資のためにもっとも大事なのは審査通過率

当たり前の話ですが、たとえ審査にかかる時間がどんなに短くとも審査自体に落ちてしまったら元も子もありません。銀行系カードローンは消費者金融系よりも圧倒的に審査が厳しく、その審査通過率の差は二倍ほどにもなります。

審査通過率は信頼性の高いデータ

カードローンの審査通過率は月刊消費者信用という業界誌に毎月掲載されています。業界全体で目安となっている数字なので決していい加減な調査から出た数字ではありません。この月刊消費者信用による消費者金融系と銀行系のカードローン審査通過率を比較すると、消費者金融の通過率が40%から45%程度、銀行が20%から30%程度となっています。

あくまで平均値なのでこれだけで判断してしまうのも危険ですが、単純に見て消費者金融の方が審査落ちが少ないことだけは明らかでしょう。即日融資が必要となる状況において、もっとも重要なのは審査速度よりも審査に無事通過することですから、この差は大きいと意識しておくべきでしょう。

消費者金融ならば土日も夜20時まで申し込み可能

また即日融資を受けるには当然その日に申し込みを済ませなければなりません。銀行にもインターネット受け付けで土日対応しているところもありますが、基本的に銀行は土日祝日は休みで受け付け時間も午後15時までとなっているものがほとんどです。対して消費者金融の多くは土日祝日、年末年始を問わず20時までカードローン審査を受け付けています。

審査回答時間は21時まで、申込みは一時間前に終わらせること

少し注意が必要なのは、20時までに申し込みを終える必要があるのは消費者金融の審査回答時間が21時までと設定されているからです。審査が最短30分で終わるとしても実際にはもう少し時間がかかると考えて、余裕を持って申し込みは済ませなければいけません。もし回答時間内に審査が終わらなかった場合、翌日まで回答が先延ばしにされてしまうので即日融資は受けられなくなってしまいます。時間は重要ですが申し込みに不備があってもいけないのでよく確認しましょう。

銀行にも夜まで申し込みを受け付けているところはある

三井住友銀行はカードローンの即日融資受け付けを土日も含めて20時まで行っています。これも審査回答時間は一時間後の21までなのでギリギリにならないよう気をつけなければいけません。三菱東京UFJ銀行は平日であれば20時まで、土曜と祝日は18時まで、日曜は17時までと受け付け可能時間が細かく分かれています。楽天銀行は土日の受け付けが17時までとなっています。

大手の銀行であれば夜間は無理でも夕方までなら即日融資を受けられる可能性はあるということになります。ですが、銀行は審査に時間がかかるために受け付け時間ギリギリに申し込みをしても結局は翌日以降まで回答が先延ばしになってしまうケースの方が多いでしょう。即日融資にこだわるのであれば消費者金融の方がやはり確実性は高いと言えます。

即日融資(カード)の申込み方法比較

消費者金融

融資方法

申込み方法

来店

時間

アコム カード 店頭窓口 必要 平日17時
アイフル カード 店頭窓口 必要 平日18時
プロミス カード SMBCローン契約機 必要 21時
モビット カード ローン申込機 必要 21時*

*カードを発行する場合、申込みと必要書類の提出完了を終えて先にカード発行がされます。その後、審査通過すれば、カードの使用が可能になります。

即日融資を受けるための重要なテクニック、在籍確認回避とは

即日融資を受けるための最大の障壁となるのが在籍確認です。在籍確認とは申し込み時に記載した職場に本人が実際に勤めているのかどうかを電話で確かめることを言います。電話といっても簡単に申し込みをした人の名前を挙げて反応を見るだけですのでカードローンの審査であることがそれで職場にバレることはまずありません。

しかし、そもそも職場が機能していないとこの電話確認は成立しません。土日に申し込みをした場合、職場が休みであると在籍確認ができずに審査が終わらないという状態が発生してしまいます。そういった事態を避けるためにも、電話確認以外の方法で在籍確認をクリアできる消費者金融を選んでおくことが大切です。

銀行系では在籍確認回避は難しい

在籍確認はその人の返済能力を確認するうえで重要なポイントなので、銀行系カードローンではこれを回避することは非常に難しくなっています。

電話以外の方法で確認を取る手段は用意されていますが、そのためには別途書類を用意する必要があるなど即日融資を受けるには厳しい条件が揃っているのであまり現実的ではないでしょう。

消費者金融系でも条件を満たすには準備が必須

同じ消費者金融系であっても、アイフルやノーローンといった会社では在籍確認の回避は困難です。大手ではアコム、プロミス、モビットといった会社を選んでおくのが無難でしょう。モビットとプロミスの場合、電話での在籍確認に要望があるのであれば、申込完了後すぐにご相談するといいでしょう、電話確認以外の方法が見つかるかもしれません。

アコムの場合は、電話での在籍確認が取れないうちは限度額が10万円以下に制限されるという形で在籍確認が回避可能です。これはつまり10万円以下の利用であれば何もしなくていいわけですが、後日改めて職場に電話連絡されるのでそれが嫌であるのなら電話での在籍確認に対して、モビットかプロミスに申込完了後すぐにご相談を行うのが良いでしょう。

即日融資を受けたいなら消費者金融の方が便利であることは間違いありません。しかしある程度の準備は必要ですので、焦って申し込みをして審査落ちをしないようよく調べてから行動を起こしましょう。

在籍確認を避けて通る方法について

即日融資の在籍確認比較

カードローン

在籍確認方法

アコム 電話連絡
アイフル 電話連絡
プロミス 電話連絡
モビット Web連絡

自宅に居ながら当日中にキャッシングを行う方法

当日中のキャッシングは、家に居ながら行えるものとされており、そのため、店まで足を運ぶ必要がなく、書面を郵送することすら省くことができます。

つまり、外に一歩も出ることなく、当日中にキャッシングを行うことが可能なのです。今回は、このような自動契約機等を利用した方法以外の家に居ながら当日中にキャッシングを行う方法に関してのお話しをしていこうと思います。

銀行、消費者金融に関係なく、家に居ながらキャッシングは行える

現在は、インターネットの普及により銀行、消費者金融に関係なく、家に居ながらキャッシングを行えるところは増えてきています。

特にこれは大手の銀行、消費者金融にあてはまり、大手でなくとも電話で済ませられるというところが多く、店に足を運ばなければいけないという会社の方が少ないでしょう。

インターネットでも電話でもお申し込みができる
家に居ながら当日中にキャッシングをする際のお申し込みはインターネット、電話、いずれにおいても行うことができますが、大方はインターネットでのお申し込みとなるでしょう。電話でも悪くないのですが、混雑していてオペレーターに繋がらないことも考えられますし、インターネットの場合はすぐに入力できることも電話だとそのすべてをお話しすることになるため、どうしても時間を要してしまいます。

このようなオペレーター、申込者自身、どちらも損するようなことは出来れば避けるべきで、実際、ここ何年かの間に電話を利用したお申し込みは減ってきているようです。また、モビットを利用するとなった場合、”WEB完結”を利用することで電話連絡なしに出来ますので、この意味でもインターネットを利用したお申し込みの方が良いと言えます。

全てのことがインターネットだけで済ませられるのか?
キャッシングをする際、全てのことをインターネットで済ませられるという会社は存在しません。ただ、インターネット以外とは言っても、会社側が利用者の携帯に電話をかけるだけなので、全く不安に思うことはないでしょう。

利用者の携帯に電話をかけるのは、申込書に記入した携帯番号が申込者自身のものか確認するために行うものであり、何か問題がない限り、これ以外の用事で自宅に電話がかかってくることもないので、家の人にキャッシングのことを知られるという心配に関しても無用です。

自宅で申込むメリットについて

スマートフォンを利用して当日中にキャッシングをするには?

スマートフォンを利用した場合でも当日中のキャッシングは可能です。有名な消費者金融や銀行ではスマートフォン専用アプリが用意されているので、キャッシングを希望する方はまずはそれをダウンロードしてください。ダウンロードが終わると、それ以降はアプリの説明に沿って入力していくだけなので、初心者でも簡単にお申し込みが行えるでしょう。

書面の送付もスマートフォンで行える

キャッシングの際に必要となる書面も、わざわざパソコンを使うことなく送付が行えます。やり方も簡単で、スマートフォンのカメラで書面を撮影した後、そのファイルを送信すればよいのです。

また、書面の撮影方法に関しても、アプリに説明が出てくるので、カメラを使った方がない場合でも容易に行うことができるでしょう。むしろ、パソコンを使ってお申し込みをする方が難しいくらいです。

自宅でお申し込みした場合の在籍確認の方法について

在籍確認の方法とはいっても特に通常と違った点はなく、キャッシング会社側が勤め先に電話をかけること以外ありません。今回は自宅でのお申し込みですので、当然、本人は勤め先に出社はしていていませんが、全く支障はないです。

これは、在籍確認の目的が申込み者が記入した勤め先に本当に在籍しているのかを確認するためのものですので、申込者がその場に居なくても、電話に出た人の対応でそれがわかるためであり、さらに言えば、申込者がその場に居ないことで、当人が電話に出なくてもよくなるので、勤め先の人にキャッシングのことを知られるリスクも低くなるでしょう。

かえって本人が電話が出ることで、名前や生年月日をキャッシング会社に告げることになるため、そのようなリスクも高まってしまうのです。ですから、自分が出社していないときに電話をかけてこられる方がありがたいものと言えます。

書面を送付する必要が全くない

これまでのことからもお分かりの通り、キャッシングのお申し込みはインターネットと電話のみで済ますことができます。また、書面の送付も家に居ながら行うことができますので、郵便局を利用する必要もないのです。キャッシング会社側では現在もとりあえず郵送でのお申し込みは受け付けていますが、キャッシングをする側からすれば少しでも早くお金を受け取りたいので、時間のかかる郵送は殆ど利用されていません。

よって、郵送という手段がなくなるとまでは言えないものの、郵送のお申し込みがこの先増えるということは考えにくいでしょう。自宅に居ながら当日中にキャッシングを行うことについてのお話は以上です。当日中にキャッシングは経験がない方からすると難しく思われるかもしれませんが、思っている以上に簡単なものでありますので、今回の記事を参考にご利用になってみてはいかがでしょうか?

即日融資(振込融資)の申込み方法比較

消費者金融

融資方法

申込み方法

来店

時間

アコム 振込融資 電話・公式サイト 不要 平日14時
アイフル 振込融資 電話・公式サイト 不要 平日14時
プロミス 振込融資 電話・公式サイト 不要 平日14時50分
モビット 振込融資 電話・公式サイト 不要 平日14時50分

土日に即日キャッシングを利用する方法

休日のキャッシングを急に行いたい場合、どんな手段があるでしょうか。特に土日祝日は金融機関も閉まっていることが多いですし、かと言ってどんな手段を取ったらいいのかわからない方もいるでしょう。近年は土日祝日であってもキャッシング申し込みや借入を行ってくれる金融業者は存在します。そのために必要なこととして、まずは自動契約機を使って契約し、お金を借り入れすることです。金融業者は各社ともに自動契約機と呼ばれる契約機を全国に用意してあることが多いのでその機械に行って契約すれば、発行されたカードを使ってお金を借りることができるのです。

自動契約機の便利なところは、機械に付属している電話を使ってオペレーターと話しながら契約できるところだったり、その場でカードを発行してくれるので、全国のコンビニATMですぐにお金を借りられるところなんです。ただし、何もしないで契約機の前に行ったら時間を取られます。それは契約からカード発行までの間の時間がかかるからです。これを避けるには最初からインターネットで申し込みを行い、審査結果が出てから契約機でカード発行をしてもらったほうが無難です。もし契約機に行ってから契約をすると、審査時間プラスカード発行までの時間がかかってしまいますから、その間はブース内で待っていなければいけません。余計な時間を使いたくないなら、ネット申し込みをしてしまいましょう。

これらの自動契約機はキャッシング会社が設置しているので、この機械を使って提携金融機関への即時振込を行うことができます。もしこれからあなたが自動契約機で提携金融機関へ振込したいと思ったら、自分の契約している金融機関が申し込みをしようとしているキャッシング会社と提携しているかを調べておくと便利です。提携していれば即時振込をしてくれますし、時間や日時を問いません。ネットバンキングならなおさらです。ネットバンクは時間の制約を受けませんので、自動契約機で契約終了したらすぐに振込を行ってくれます。

なお、キャッシング会社と提携している金融機関ではなかった場合、即時振込は実現できません。提携先ならまだしも、普通は午後3時で銀行は閉まってしまいますし、土日祝日に審査して借入をし、金融機関へ振り込んでもらおうと思っても、そもそも提携先ではない銀行の口座を祝日に開くことなどは不可能なので、即時振込も行えないというわけです。自動契約機の全てが24時間完全に動いているかというと、そうでもありません。実はメンテナンス時間というものが設けられており、その時間は使うことはできません。ただ、時間的には利用者が一番少ない深夜帯の1時間程度なところが多いので、それほど心配する必要はありません。

即日キャッシングにおいて大事なことは、在籍確認の電話が行われる時に職場が休みだった場合の対処です。平日なら大体の職場は営業していますから、在籍確認がされやすいのですが、休日に電話しても営業していない一般の会社の場合、確認が取れなかったらどうするんだろうと思う方もいるでしょう。そうした時のために、キャッシング会社は書類審査も行っているところが多いです。そのため、会社で加入している健康保険組合の保険証や給与明細といった書類を業者に送れば承認してもらえることがあります。しかも、送付は紙でなく画像送付という形でスマホのカメラ機能を使って送ってしまえるので、場所を選びません。

珍しいケースとしては、土日祝日にネット契約をして在籍確認をして確認できなかったら、後日あらためて確認を取るキャッシング会社もあります。そしてその間はとりあえず10万円の限度額を設定し、確認が取れたら本来の希望額まで引き上げるという方法を取ることがあります。これは会社によっても違いますので、在籍確認と限度額の関係については、ホームページなどを見てよく確認を取っておいてください。いざ在籍確認をしてもらって通ると思っていたら、しっかり確認が取れるまでは据え置かれて、限度額が10万円になってしまったということがないようにしてください。

本当にお金が必要な土日祝日にカードローンを利用する方法

自動契約機の営業時間比較

カードローン

営業時間

アコム 8時~22時
アイフル 8時~22時
プロミス 9時~22時
モビット 8時~21時

*一部店舗を除きます。

派遣社員が即日キャッシングする方法

派遣社員でも即日キャッシングは可能です。また派遣社員だけでなく、アルバイトやフリーターの人でも即日キャッシングを行うことができます。

現在では即日キャッシングは当たり前だといえます。もちろんそれには審査を通過する必要がありますが、定期的な収入がある職場に勤務していて、勤務期間もある程度あり、また他社からの借り入れがなければ、派遣社員であってもアルバイトであっても、問題なく借り入れを行うことができます。

フリーターや専業主婦でも借入れできるカードローンについて

派遣社員でも問題にはなりません

キャッシングの審査では、職業自体はあまり問題にはなりません。問題になるのは、むしろその職業の安定性や収入の方です。そのため派遣社員であっても、派遣先に毎日常駐して仕事をしている場合は安定性は問題になりません。これは定期的なシフトに入ってアルバイトをしているような場合も同様です。

あとは収入面ですが、これは借り入れを希望する額にもよります。総量規制という、年収の1/3を超える借り入れはできない決まりがあるため、例えば10万円の借り入れを行いたい場合は年収はその3倍の30万円が必要になります。30万円の借り入れを行いたい場合は100万円の年収は必要です。

またこれは1社からの借り入れ額だけではなく、全ての借り入れの合計額です。他社から既に借り入れを行っている場合はその分と今回借り入れを行いたい分を合わせて、年収の1/3以内である必要があります。全ての借り入れと書きましたが、これは主に消費者金融からのフリーキャッシングやクレジットカードのキャッシング枠を利用している分です。

住宅ローンや車のローンなど、目的が決まっているローン契約は対象になりません。また銀行からの借り入れは、全てこの総量規制の対象になりません。これは消費者金融と銀行では貸金業務に対して適用される法律が違うためです。消費者金融には貸金業法が、銀行には銀行法が適用されます。総量規制は貸金業法の中の規定です。

信用情報が重視されます

派遣社員でも定期的に収入があり、借り入れを希望する額が年収と比較して問題ない場合、キャッシングを行うのは決して難しくありませんが、審査ではそれらの情報より、信用情報に記録されている内容の方が重視されます。この信用情報とは、申し込みを行った人の現在、及び過去の借り入れ記録のことです。

キャッシングを行ったり、ローンを契約すると、その内容や返済状況が都度この信用情報に記録されます。審査では必ずこの信用情報をチェックします。これは派遣社員の場合に限らず、会社員でも公務員の場合でも同様です。現在他社から高額の借り入れがあるような場合はそれが問題になることがあります。これは総量規制との絡みがあるので、収入的に問題がない場合はその限りではありません。

また過去に返済の遅延をしてしまったことがあった場合、それが原因でその他の要素には問題がなくても審査で落とされてしまうことがあります。返済の遅延はキャッシングの世界では一番やってはいけない行為だからです。一度や二度の短期間の返済の遅延であればそれほど問題になることはありませんが、度々行っている場合や、長期間の遅延があったような場合は審査でかなり不利になると思ってください。

これがあまりに酷い場合はいわゆるブラック扱いになってしまい、ほとんどのキャッシング会社やクレジットカードなどのローン契約は利用できなくなると思ってください。この信用情報は基本的に直近の5年間の分が記録されています。それ以前の記録はないので、何かしらの返済のトラブルを起こしてしまった場合でも、5年以上が経過していれば問題ありません。

また債務整理を行った場合も、この信用情報にその記録が残ります。この場合は減額された残りの借り入れ分の返済中はもちろんですが、全て返済してもそこから5~10年間はその記録が残ってしまいます。この場合はブラック扱いになり、信用情報に記録されている期間が経過するまでは審査を通過するのは無理だと思ってください。

勤務期間も重要な要素です

派遣社員やアルバイトの人の場合、勤務期間も重要な審査での判断要素となります。同じ職場に長期間勤務しているほど、信用される傾向があります。派遣社員の場合、同一の派遣先にずっと勤務しているとは限りません。ですが同じ派遣会社から派遣されて色々な職場で勤務しているような場合は、その派遣会社自体にずっと勤務していることになるので、この勤務期間は問題になりません。

その派遣会社にずっと勤務しているとして判断されます。基本的に借り入れを希望する額に対して問題がない程度の収入があり、過去に返済のトラブルを起こしたことがなく、勤務期間もある程度あれば、派遣社員でもキャッシングの利用は全く問題ないといえます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。