ちょっと問題を抱えている私でも借りられる?

身障者も健常者もキャッシングは返済能力が決め手!

パラリンピックを見ていて感動したという人は多いのではないのでしょうか。
何らかの障害を抱えていても健常者と同じように、もしくは健常者以上の力を出せるということがよくわかるからです。

そこで私はふと疑問に思ったことがあります。それは、「身障者であってもキャッシングができるのか」という疑問です。実のところ、何かのハンディを抱えているからといって、キャッシングなどのサービスが受けられないということはありません。

身障者であっても健常者であっても条件がそろっていれば、キャッシングは十分可能です。では、どんな条件が必要なのかしっかり把握しておきましょう。特に身障者がキャッシングする場合、考えなければならない点は何でしょうか。

「安定した収入があり、返済できる立場にあるか」

まずキャッシングの際、第一に重要なのは「安定した収入があり、返済できる立場にあるか」ということです。

借りたら返さなければならないので、これはキャッシング条件の基本の条件ですよね。また、身障者がキャッシングする際は障害の種類、度合いによってキャッシングができるかが決まります。

ではまず、基本条件である「安定した収入」があるというのはどういった状態のことを指すのでしょうか。この「収入」には、障害者年金での収入は含まれるのでしょうか。

「安定した収入がある」とは、障害者年金以外に収入があること

キャッシングの主な条件として一番にあげられるのが「安定した収入」があることです。
では障害者年金も「安定した収入」には含まれないのでしょうか。ちなみに、障害者年金は1級で月80,500円ほどです。

2級なら、月64,400円で、一見「安定した収入」に見えるかもしれません。しかし、これは生活で必要なお金ですので、返済にまわすことのできるお金はあまり残らないのが現実なのです。キャッシングする際は返済能力がある必要があるので、障害者年金の収入だけでは難しいのです。

それで身障者の場合、「安定した収入がある」とは、障害者年金以外に収入があることと言えます。実際のところ、身障者であっても仕事をして障害者年金以外の収入を得ることは可能です。

例えば、障害等級2級の両耳全聾などの方は、健常の人と変わらずできる仕事が多くあります。多くの場合一般事務や、軽作業などがあげられます。

また、障害等級1級の全盲などの障害を持っていても、あん摩を仕事にして、収入を得ることもできます。このように、障害者年金以外に「安定した収入」があるなら、キャッシングが基本的に可能になるのです。

障害の種類・度合いによってキャッシングが難しくなることもある

【精神的・知的な障害】
精神障害や知的障害を抱えている場合、キャッシングが難しくなることが考えられます。キャッシングに際して知るべき情報を、しっかり把握していなければならないからです。

ですからもちろん、知的な障害を持つ人の身内がその人の名義でキャッシングをすることはできません。中には、あかの他人が知的な障害を持つ人をだまして、お金を借りさせようとすることもあるのです。

それで重要な条件として、本人がしっかり理解できている状況で初めて融資が可能になります。それで、障害者年金以外の収入があったとしても、重度の精神的・知的な障害の場合は、キャッシングが難しくなるでしょう。

【全盲で契約内容を読めない】
知的な障害がなくても、物理的な理由でキャッシングができないこともあります。それは全盲で契約内容が読めない場合です。

キャッシングの条件の重要な点として第三者の助けを得ずに、契約内容を理解し、内容に同意する必要があるからです。契約内容を把握しないまま融資をするなら、のちにトラブルが生じたとき金融会社の責任が問われることになるでしょう。

解決策と言えば、点字の契約書があればよいのです。今のところ点字の契約説明書を用意している金融会社はないようですので、これからのサービス拡大に期待しましょう。

「安定した収入」と「契約内容を把握している」ことが条件

障害者年金以外の「安定した収入」があり、知的・精神的な障害がなく(もしくは軽度)、自力で「契約内容を把握している」キャッシングができるということです。

それで、下半身麻痺のため車いすのような重度の障害を持っている人でも、ほかに知的・精神的な障害がなく、仕事で収入を得ているなら、キャッシングが十分に可能だということなのです。身障者であれ健常者であれ、ある一定の条件にかなっていれば、キャッシングのサービスが受けられるのです。

0

まさかの金銭トラブル!どうやって解決?-相談できる公共機関

金銭トラブル、できれば抱えたくない問題ですね。

しかも他人には相談しにくい。実はそのようなお金に関して無料で相談できる公共機関がいくつもあるのをご存じだったでしょうか。8つご紹介しますので自分の状況にあった窓口に早めに相談しましょう

金融庁

金融機関と契約する前の事前相談や金融機関との間のトラブルに関するアドバイスが受けられます。ただし直接トラブルの仲介をしてもうことはでません

事前相談であれば金融機関との契約に関する注意点や違法業者の紹介など契約前に知りたいことを教えてもうことができます。相談方法は金融サービス利用者相談室へ相談することになりますが、電話、FAX、ホームページ、郵送にて受付可能です。金融庁のスタッフが相談にのってくれます。

日本クレジットカウンセリング協会(公益財団法人)

借金や多重債務の相談などに対応しており、主に多重債務に苦しむ方の生活再建を支援しています。こちらではまず多重債務ホットラインに連絡し相談するところから始まり、そこで解決する場合は対応終了。電話では解決できないときはカウンセリングの予約へと進み、実際の債務処理が必要な場合は同協会によって任意整理を進めます。

任意整理以外が望ましいと判断された場合は弁護士など対応できる方を紹介してもらえます。ちなみに任意整理とは債務者と債権者が交渉をおこない、新たな返済計画をたてることをいいます。対応は専門資格を持つ弁護士カウンセラー、消費生活アドバイザーなどですが、それでも相談は無料です。

日本司法支援センター 法テラス(独立行政法人)

借金に関することは勿論、法律に関することならどんなことでも相談できます。法律に関する総合案内所のような存在で気軽に問い合わせることができます。

相談方法はまず電話相談があります。相談内容に関する基本的な法律知識の案内、より詳しい相談先窓口の案内が受けられます。法テラスのオペレーターが対応しています。より具体的なアドバイスが必要な方は法律相談の利用も可能。こちらは法テラスと契約している司法書士や弁護士が相談にのってくれますが3回までは無料、それでも解決せずそれ以降も相談が必要な場合は費用が発生します。

また利用に条件がありますが法テラスに弁護士費用を立て替えてもらうことのできる制度として民事法律扶助というサービスもあり、これは費用が無いために弁護士に依頼することができない方を助ける制度です。

日本貸金業協会(認可法人)

全国の貸金業者が設立し加盟している自主規制機関で、相談対応や紛争解決、また苦情処理などを行っています。多重債務や、借金の返済でのトラブルなどでわからないことなど何でも相談できます。また貸金業者に対して不満がある場合は苦情の申し立ても可能です。

貸金業者との間にトラブルがある場合には解決の為に仲介をしてくれることもあります。相談方法は面談が基本ですが電話でも相談可能。各都道府県にある日本貸金業協会の本部または支部で相談することができ、貸金業や貸金業法に詳しいスタッフが対応してくれます。対応は無料。

日本司法書士会連合会(特別民間法人)

受付窓口は司法書士総合相談センターが行っており、金銭に関しては借金、債務整理に関する相談に対応しています。相談方法は面談での対応が基本ですが、電話でも簡易的なものとはなりますが対応可能です。

相談時間は一人50分で内容が同一であれば3回まで相談可能。司法書士の方が対応し、こちらも無料となります。電話相談では問題解決の為のアドバイスや、ごく一般的な法律知識を教えてもらうことができ、対応は司法書士会相談センターの職員になります。通話料はかかりますが相談は無料

警察(行政機関)

違法な取り立てやヤミ金まがいの被害にあった場合などに相談できます。ただし、まったく違法性がない場合には相談することができませんので注意が必要です。

被害にあった時には管轄の警察署に直接出向くか電話で相談してください。もし可能であれば被害の証拠となるようなものを持参する方が、解決に有利ですし相談もスムーズに進むものと思われます。できるだけ違法行為の証拠となりそうなものを集め持参してください。

国民生活センター・消費生活センター(独立行政法人)

消費者センターの中にある相談窓口が対応しており商品や各種サービスに関する相談や苦情に対応しています。借金問題、多重債務に関する相談にも対応してくれます。

最寄りの消費生活センターか多重債務相談会に問い合わせることになります。多重債務相談会で実際に対応してくれるのは弁護士や司法書士などの専門家になりますが、消費生活センターでの電話対応は相談員やアドバイザー、コンサルタントといった資格のある方が対応されます。

お金についての問題は相談しにくいことかもしれませんが対応が早ければ早いほど問題を深刻化するのを防ぐことができます。ご紹介したように無料で対応してくれる公的機関はたくさんありますので是非早めに相談してみてください。

0

任意整理後 いつから何年経てばまたお金が借りられるのか?

「任意整理をしたことがあるけど、またお金が必要になった。どれくらいの期間経てばまたお金が借りられるのだろうか?」こんな人はたくさんいます。3年、5年、7年、10年といろんな年数を聞いたことがあるかもしれません。結局のところどれくらいの期間たてばまたお金が借りられますか?

任意整理のときは5年の経過が必要

任意整理という債務整理を行なったときは5年の期間が必要です。5年経てば信用情報機関に登録されている事故情報が消えるので、再びお金の借り入れを行なうことができます。3年というのは「任意整理後3年経ったら借り入れができるところが見つかった」という根拠のない世の中に溢れている経験談に基づくものです。

任意整理というのは借金の減額後の返済期間が3年に設定されることが多いので、返済完了までの期間とまたお金を借りられる期間が混同されているのかもしれません。7年というのは任意整理ではなく自己破産がなされたときに信用情報機関から事故情報が消えるのに必要な期間です。

10年というのは金融事故情報が官報に載せられる期間です。自己破産や自己再生は官報に情報が載せられますが、任意整理では官報には情報が載せられないので、関係ありません。では任意整理後5年の期間経過が必要というわけですが、厳密に言っていつを起点とし5年の経過が必要なのでしょうか?

いつを起点に5年? 5年でも借りられない場合

任意整理は金融各社との和解が成立してから5年ということになります。任意整理を始めてから5年ではありませんし、任意整理後の返済が終わってから5年でもありません。

和解が成立の時点で事故情報として信用情報機関に登録なされますが、それから5年後には事故情報は消えることになっています。しかし信用情報機関に任意整理を行なった情報が消えるだけで、金融会社が個人として持っている事故情報は永遠に消えることはありません。つまり一度借金を整理したことがある金融会社では2度と借りることはできないと思っておく必要があるでしょう。

任意整理後最も良いのはお金を借りないこと

任意整理の前に味わった苦しみを今も覚えていることでしょう。しかし喉もと過ぎれば熱さを忘れるもので、またお金を借りたくなるものです。一部の人たちは任意整理後再びお金が借りられるようになると、また借金の返済ができない状態になってしまいます。そのときの債務整理は最初のときほど簡単ではありません。最も良いのは一度任意整理を行なったなら、再びお金を借りないことなのです。

0

20日ガス料金を滞納するとガスは止まってしまう?

滞納分の支払いのタイミングに注意

毎月ガス料金の請求書が届くはずです。通常ガス料金の支払いの流れは、まず毎月1回ガスの検針が行われ1か月当たりどのくらいの量のガスを使ったかの確認をします。この検針の結果で、請求するガス料金を算出していきます。

続きを読む

0

電気料金を滞納しつづければ電気が止まった生活が不便に

電気が止まるのは電力会社によって異なる

東日本大震災の時に電力不足が起きて、関東地方などでは輪番停電といって一定時間電気の使えなくなる状況が生まれました。あの輪番停電を経験した人の中には、電気の使えない生活がいかに不便か思い知らされたのではないでしょうか?
続きを読む

0

保育園の保育料の支払いを滞納すると保育園はどのような行動に出るの?

厳しい処分を受ける可能性もあるので注意が必要

最近では夫婦共働きやシングルマザーのケースも増えているので、子どもを保育園に預けて仕事をしている人も見られます。保育園に子供を預ける場合、保育料を納める必要があります。もしこの保育料の支払いができずに滞納してしまうとどうなるのでしょうか?

続きを読む

0

生命保険料未払いで滞納するとせっかくの契約も失効するかも?

生命保険料滞納から契約失効までのプロセス

もしもの場合のことを考えて、生命保険に加入している人もいるはずです。生命保険に加入している間は、保険料を支払うのが義務です。ところが生命保険の保険料を期日までに支払わず滞納してしまうと契約が無効になる恐れがあるので、注意してください。

続きを読む

0

携帯料金を滞納すると利用停止だけでなく強制解約の可能性も

債権はどのような形であれ回収されます

現在ではほとんどの人が、携帯電話を利用しているのではないでしょうか?携帯電話を使用している人は当然のことながら、携帯電話の料金を支払う義務があります。料金の支払期限を過ぎてもなお、入金の確認がないとまずは2週間程度で未納の督促状が来ます。

続きを読む

0

税金滞納したら差し押さえが来るので注意が必要

税金滞納から差し押さえまでどのくらいの期間がかかる?

納税をするというのは憲法にも規定されている国民の義務です。もし納税通知書に記載されている納期限までに税金を納めないと、税金滞納が発生してしまいます。税金滞納が発生した場合、まずは督促状が来ます。
続きを読む

0

家族が消費者金融から借金をしていたら?相続の承認・放棄が行使できる

消費者金融の負債は必ずしも家族が支払わなくてはならない、ということは無い

誰かが亡くなってしまった時、残された財産は相続人を対象に相続されます。相続の一般的なイメージとしては「価値のあるもの」「資産」が相続される、と考えられがちですが、消費者金融などで作った「借金」や「債務」もまた相続されるものです。
続きを読む

0

国民健康保険料を滞納していても消費者金融から借入できる?

国民健康保険料を滞納していても消費者金融にバレることは無いので基本的に融資を受けられる

国民健康保険に加入することで医療費を3割負担に抑えられます。国民は「必ず加入しなくてはならない」とされる制度のひとつです。

しかし、ほとんど病院に行く機会が無いので支払いを拒否している、あるいは金銭的な問題から国民健康保険料を支払うことができず、滞納状態になっている方もたくさんいます。中には消費者金融からお金を借りてでも支払っている方も存在しているようです。国民健康保険料の滞納があるけれど、まとまったお金が必要なため消費者金融から借入をしたい、と考えている人は「本当に審査に通るか心配」だと感じているかもしれません。

続きを読む

0

年金滞納者は消費者金融から融資を受けられない?

年金滞納者だからといってブラックリスト入りするわけではないので基本的に融資は受けられる

消費者金融の借入では必ず審査を行います。この審査の過程で「きちんと返済できるか」「十分な返済能力を持ち合わせているか」を判断しています。

そのために利用されているのが「個人信用情報機関」です。ここにはクレジットカードやキャッシング、カードローンなどの履歴が記載されており、消費者金融はすぐに個人の信用情報をチェックできるようになっています。
続きを読む

0

消費者金融契約者が死亡した場合、返済は誰?

消費者金融の契約者が死亡した場合は返済は配偶者や子供が相続することになる

消費者金融からの借入、つまり借金の額はゼロにしておきたいものです。しかし、人の死はいつ訪れるものか予想できるものではありません。もしも消費者金融の契約者本人が死亡してしまった場合、負債はどのようになるのか、誰が支払うのか気になるところです。また自分自身は消費者金融と縁は無いけれど、両親や配偶者が自分に内緒で契約している可能性もあるので適切な対処方法は身に着けておきたいものです。

続きを読む

0

障害年金受給者でも消費者金融からお金を借りられる?

障害年金受給者に融資している消費者金融は基本的には無い

障害年金とは年金の受け取り方のひとつです。通常の年金と異なる点として「障害」を持っているか否か、が挙げられます。障害年金受給のための条件として以下のものが挙げられます。

1 障害認定基準を上回る状態であること
2 保険料をきちんと納めていること

1.の障害認定基準についてですが、こちらは精神、肢体、心臓・腎臓、その他が設けられており、各障害に応じた障害者手帳が発行されます。つまり、障害者手帳を所持している人は障害年金を受け取る条件を満たしている、と判断できるわけです。2.の保険料についてですが、こちらは基本的にはきちんと納付している人でなくてはなりません。しかし例外もあるのでこのあたりは審査次第だと言えるでしょう。

続きを読む

0

生活保護を受けている人でも融資可能?各消費者金融の対応は?

消費者金融によって対応は異なるが生活保護受給者は融資可能なところはほとんど無い

何らかの理由があって生活保護を受けているけれど、まとまったお金が必要になる場面もあるでしょう。では、生活保護受給者は消費者金融からの融資は可能なのでしょうか。実は生活保護受給者は原則として消費者金融からの融資は受けられないと定められています。そのため、銀行などの金融機関はもちろんのこと、大手・中堅消費者金融、クレジットカード会社などから借入するのは難しいです。そもそもこれらから融資を受けるためには収入証明や勤務先などの証明が必要になるわけですので生活保護、という時点で審査否決となってしまいます。仮に申込み者が嘘の申告嘘の書類を提出したとしても審査の過程で「信用調査」を行うため必ずバレてしまいます。このように、生活保護受給者にとってまとまったお金が必要になる場面はなかなか厳しい状況にある、といえそうです。

続きを読む

0