任意整理後 いつから何年経てばまたお金が借りられるのか?

「任意整理をしたことがあるけど、またお金が必要になった。どれくらいの期間経てばまたお金が借りられるのだろうか?」こんな人はたくさんいます。3年、5年、7年、10年といろんな年数を聞いたことがあるかもしれません。結局のところどれくらいの期間たてばまたお金が借りられますか?

任意整理のときは5年の経過が必要

任意整理という債務整理を行なったときは5年の期間が必要です。5年経てば信用情報機関に登録されている事故情報が消えるので、再びお金の借り入れを行なうことができます。3年というのは「任意整理後3年経ったら借り入れができるところが見つかった」という根拠のない世の中に溢れている経験談に基づくものです。

任意整理というのは借金の減額後の返済期間が3年に設定されることが多いので、返済完了までの期間とまたお金を借りられる期間が混同されているのかもしれません。7年というのは任意整理ではなく自己破産がなされたときに信用情報機関から事故情報が消えるのに必要な期間です。

10年というのは金融事故情報が官報に載せられる期間です。自己破産や自己再生は官報に情報が載せられますが、任意整理では官報には情報が載せられないので、関係ありません。では任意整理後5年の期間経過が必要というわけですが、厳密に言っていつを起点とし5年の経過が必要なのでしょうか?

いつを起点に5年? 5年でも借りられない場合

任意整理は金融各社との和解が成立してから5年ということになります。任意整理を始めてから5年ではありませんし、任意整理後の返済が終わってから5年でもありません。

和解が成立の時点で事故情報として信用情報機関に登録なされますが、それから5年後には事故情報は消えることになっています。しかし信用情報機関に任意整理を行なった情報が消えるだけで、金融会社が個人として持っている事故情報は永遠に消えることはありません。つまり一度借金を整理したことがある金融会社では2度と借りることはできないと思っておく必要があるでしょう。

任意整理後最も良いのはお金を借りないこと

任意整理の前に味わった苦しみを今も覚えていることでしょう。しかし喉もと過ぎれば熱さを忘れるもので、またお金を借りたくなるものです。一部の人たちは任意整理後再びお金が借りられるようになると、また借金の返済ができない状態になってしまいます。そのときの債務整理は最初のときほど簡単ではありません。最も良いのは一度任意整理を行なったなら、再びお金を借りないことなのです。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*