電気料金を滞納しつづければ電気が止まった生活が不便に

電気が止まるのは電力会社によって異なる

東日本大震災の時に電力不足が起きて、関東地方などでは輪番停電といって一定時間電気の使えなくなる状況が生まれました。あの輪番停電を経験した人の中には、電気の使えない生活がいかに不便か思い知らされたのではないでしょうか?

電気を使用するのは有料で、どの家庭でも毎月届く電気料金の請求書に基づきお金を支払っているはずです。ところでこの電気料金を滞納して支払わなかった場合には、どのようになるのでしょうか?滞納が続くと、料金が未納になっているので支払うようにという督促が来ます。そしてそれでもお金を支払わない場合には、電気を止められてしまいます。ところでこの電気を止めるタイミングは、電力会社によって異なります

以下で紹介する送電停止日は、検診日の翌日から起算していると思ってください。短い所だと、北海道電力や東北電力、北陸電力が50日後としています。しかし一律50日ではなく、そこから1~2週間で送電停止としている所もあります。次いで関西電力では51日後から送電停止になる可能性があります。東京電力と中部電力、四国電力は約60日後あたりから電気を止められる可能性があります。沖縄電力は60~65日後、中国電力と九州電力は70日後と対応はまちまちです。

ただしいきなり上で紹介した日数を経過すると何の予告なしで、電気の供給がストップしてしまうわけではありません。通常は送電停止の通知が行われます。いつまでに電気を止めるかという内容になっていて、コンビニや銀行で払い込みのできる振込用紙が同封されています。もし期日までにお金を支払えば、送電停止という処分を受けることは免れられます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>