電気料金を滞納しつづければ電気が止まった生活が不便に

電気が止まるのは電力会社によって異なる

東日本大震災の時に電力不足が起きて、関東地方などでは輪番停電といって一定時間電気の使えなくなる状況が生まれました。あの輪番停電を経験した人の中には、電気の使えない生活がいかに不便か思い知らされたのではないでしょうか?

電気を使用するのは有料で、どの家庭でも毎月届く電気料金の請求書に基づきお金を支払っているはずです。ところでこの電気料金を滞納して支払わなかった場合には、どのようになるのでしょうか?滞納が続くと、料金が未納になっているので支払うようにという督促が来ます。そしてそれでもお金を支払わない場合には、電気を止められてしまいます。

電気が止められてしまいそうな場合には?

電気料金を滞納すると、最終的には電気を止められてしまうことになります。具体的な対応についてはそれぞれの電力会社で異なるのですが、実際に電気が止められてしまう前には必ず送電停止の予告が行われますので、すぐに具体的な対策を行うようにしましょう。どうしても電気料金が払えないという場合には、電力会社のカスタマーセンターに連絡をして対応策を相談してください。

まずは電力会社のカスタマーセンターに連絡してください!

電気料金の滞納が長期になった場合には、電力会社でも厳しい対応を行うことになります。最終的には電気が止められてしまうことになりますので、できるだけ早めに電力会社のカスタマーセンターに自分から電話をして、対応策を相談してください。少しずつでも支払うという意思を示せば、支払いの延期などの柔軟な対応が受けられるかもしれません。

電気料金は他の支払いに優先して支払うようにしましょう!

他の支払いに猶予があれば、電気料金の支払いをできるだけ優先するようにしましょう。電気が止まってしまうと、その後の生活に支障をきたすことになります。ガスや水道が止まったとしても何とか対応することができますし、携帯が止まったとしてもWi-Fiがあればインターネットを利用することができます。しかし電気が止められてしまうと様々な機器が使えなくなってしまいますので、他の支払いを後回しにしてでも電気料金を優先して何とか支払うことを検討してみてください。

どうしても電気料金の支払いが難しい場合には?

何度もくどいようですが、電気が止められてしまうとその後本当に困ってしまうことになります。どうしても電気料金の支払いが難しい場合には、カードローンを活用しましょう。カードローンは利用目的が限定されないフリーローンですから、借り入れた資金は自由な目的のために活用することができます。

ちなみに電力会社の電気供給約款では、「電気料金は請求された順番で支払う」ことがルールとして定められています。滞納が長期になると複数の請求が行われることになりますので、間違えて滞納していない月の電気代を支払わないようにくれぐれも注意をしてください。ところでこの電気を止めるタイミングは、電力会社によって異なります

以下で紹介する送電停止日は、検診日の翌日から起算していると思ってください。短い所だと、北海道電力や東北電力、北陸電力が50日後としています。しかし一律50日ではなく、そこから1~2週間で送電停止としている所もあります。

1か月分の電気料金を支払うようにすれば電気が止められることはありません!

電気料金を滞納したことがある人はわかると思いますが、電気料金の支払いを滞納したとしてもすぐに電気が止められてしまうわけではありません。実際に電気が止められてしまうまでには、ある程度の時間の猶予があります。ただし送電停止の予告が行わた場合にはその後確実に電気が止められてしまうことになりますので、すぐに電気料金を支払うようにしてください。

滞納した電気料金の全額を支払うことができない人の場合には、とりあえずは1カ月分だけでも支払うようにすれば電気が止められることはありません。電気が止まってしまうという緊急事態を避けるためには、とりあえずカードローンを利用して必要な資金を調達するのも仕方がないといえるでしょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*