生命保険料未払いで滞納するとせっかくの契約も失効するかも?

生命保険料滞納から契約失効までのプロセス

もしもの場合のことを考えて、生命保険に加入している人もいるはずです。生命保険に加入している間は、保険料を支払うのが義務です。ところが生命保険の保険料を期日までに支払わず滞納してしまうと契約が無効になる恐れがあるので、注意してください。

一般的に保険料の支払期日を過ぎて、保険料の支払いが確認されなかったとします。その場合、いきなり契約打ち切りになることはありません。一般的に翌月の1か月間は猶予期間となります。もし払込期日までに支払いがなくて滞納したとしても、翌月に関しては保障を受けられます。そして滞納している分を翌月のうちに支払えば、問題なく契約も継続されます。

もし猶予期間の1ヶ月を過ぎても、生命保険料の支払いが確認されなかった場合にはその月末に契約は打ち切られます。そしてその次の月には契約は失効してしまって、保障は一切受けられなくなります。ただし支払期日から2か月以上経過して滞納したままでも、保障を受けられる商品もあります

それはどのような保険かというと、解約返戻金のある終身保険や養老保険のようなものです。このような解約返戻金のある保険だと、滞納が確認されたら自動振替貸付制度というものが適用されます。自動振替貸付制度とは、将来支給される返戻金の範囲内で、保険会社が立て替えて保険料を支払う制度です。

しかし返戻金による立て替えは、実質保険会社が皆さんに対して貸付を行う形で行われます。ですから、以前として滞納した保険料の支払い義務は残っていると思ってください。また加入期間が短いと十分な返戻金が発生していないので、自動振替貸付制度が活用できず契約打ち切りになる可能性も考えられます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*