生命保険料未払いで滞納するとせっかくの契約も失効するかも?

生命保険料滞納から契約失効までのプロセス

もしもの場合のことを考えて、生命保険に加入している人もいるはずです。生命保険に加入している間は、保険料を支払うのが義務です。

ところが生命保険の保険料を期日までに支払わず滞納してしまうと契約が無効になる恐れがあるので、注意してください。

一般的に保険料の支払期日を過ぎて、保険料の支払いが確認されなかったとします。その場合、いきなり契約打ち切りになることはありません。一般的に翌月の1か月間は猶予期間となります。もし払込期日までに支払いがなくて滞納したとしても、翌月に関しては保障を受けられます。そして滞納している分を翌月のうちに支払えば、問題なく契約も継続されます。

もし猶予期間の1ヶ月を過ぎても、生命保険料の支払いが確認されなかった場合にはその月末に契約は打ち切られます。そしてその次の月には契約は失効してしまって、保障は一切受けられなくなります。ただし支払期日から2か月以上経過して滞納したままでも、保障を受けられる商品もあります

それはどのような保険かというと、解約返戻金のある終身保険や養老保険のようなものです。このような解約返戻金のある保険だと、滞納が確認されたら自動振替貸付制度というものが適用されます。自動振替貸付制度とは、将来支給される返戻金の範囲内で、保険会社が立て替えて保険料を支払う制度です。

しかし返戻金による立て替えは、実質保険会社が皆さんに対して貸付を行う形で行われます。ですから、以前として滞納した保険料の支払い義務は残っていると思ってください。また加入期間が短いと十分な返戻金が発生していないので、自動振替貸付制度が活用できず契約打ち切りになる可能性も考えられます。

生命保険料を支払うことが困難になってしまった場合には?

月々の支払保険料の金額を引き下げを検討

生命保険料の支払いが困難になって滞納をした場合でも、いきなり保険契約が解約されてしまうことはありません。自動振り替え貸付制度で保険料を納付することもできるのですが、やはり借金であることに変わりはありませんので、まずは根本的な解決方法を考えることが必要になります。支払えない理由が一時的なものではない人の場合には、月々の支払保険料の金額を引き下げることを検討しましょう。

例えば現在の保険料の支払額が月額2万円の人の場合には、保険契約の内容を見直して保険料を月額1万円に引き下げれば、これからも無理なく保険料を支払っていくことができるのではないでしょうか。保険内容を見直す際には、まずは死亡保険金の引き下げを検討してみてください。入院保険金を減らしてしまうと病気やケガなどの際に困ってしまうかもしれませんが、死亡保険金については配偶者や子供の年齢によっては引き下げても問題ないことが多いようです。

確かに大きな金額の補償が受けられれば安心なのですが、そのために現在の生活が困窮するのでは意味がありません。生命保険料については加入する年齢により保険料の金額が異なるため、若いうちに加入した保険の補償内容の見直しについては抵抗を感じるかもしれませんが、生命保険料を支払うことが困難になってしまった場合には、保険内容の見直しについて保険会社に相談をしてみてください。

現在の保険を解約して保険契約に加入

現在加入している保険会社で保険内容の見直しを行うことが難しいのであれば、現在の保険を解約して別の保険会社で新しい保険契約に加入することを検討しましょう。近年では保険料の安い外資系の生命保険や、インターネットから手軽に申し込める生命保険などが増加してしますので、情報を収集して生命保険各社の保険内容をしっかりと比較・検討してみてください。

保険加入から3年から5年程度が経過すると、生命保険会社の多くでは解約返戻金が発生することになります。新規の生命保険に加入する際には、解約返戻金を頭金にすることで月々の保険料の支払いを抑えることができます。あるいは生活費の支払いなどに解約返戻金を充当することもできますので、生命保険を解約する際には解約返戻金を上手に活用してみてください。

ファイナンシャルプランナーに相談

現在自分が加入している生命保険の良し悪しを自分自身では判断できない場合には、ファイナンシャルプランナーに相談するという方法があります。ファイナンシャルプランナーはお金に関する専門家なのですが、保険の内容について相談するのであれば保険会社に所属するファイナンシャルプランナーではなく、独立系のファイナンシャルプランナーを選ぶようにしてください。

独立系のファイナンシャルプランナーであれば中立な立場でアドバイスを行いますし、さらに個人が抱える様々な問題を理解した上で、収入や家計や借金などの改善や資産運用などに最適なプランを示してくれるはずです。インターネット上には無料で独立系のファイナンシャルプランナーが各種の相談に応じてくれるサイトがありますので、まずはこれらを活用してみてはいかがでしょうか。

無料の相談サイトと聞くと怪しいと感じる人が多いかもしれませんが、実際に相談が行われた場合には保険会社からファイナンシャルプランナーに対して報酬が支払われるため、無料でもファイナンシャルプランナーからはしっかりとしたアドバイスを受けることができるのです。

現在の保険料が高すぎると感じている人は、保険料が安い国民共済などへの変更を検討しましょう。総合保障や医療保障などの様々なタイプを選ぶことができますし、月額1000円~5000円程度の保険料の支払いで病気やケガなどの際には充実した補償を受けることができます。

保険契約そのものを変更すれば保険料を見直して軽減することができますので、保険料の支払いが困難になってしまった場合にはできるだけ早く具体的な対策に取り組むようにしましょう。

即日借りられる当サイトおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*