家族が消費者金融から借金をしていたら?相続の承認・放棄が行使できる

消費者金融の負債は必ずしも家族が支払わなくてはならない、ということは無い

誰かが亡くなってしまった時、残された財産は相続人を対象に相続されます。相続の一般的なイメージとしては「価値のあるもの」「資産」が相続される、と考えられがちですが、消費者金融などで作った「借金」や「債務」もまた相続されるものです。

 
相続が開始されると被相続人の財産に属した一切の権利、義務が引き継がれることになります。しかし、必ずしも相続人が被相続人の相続をしなくてはならないのか、というと決してそのようなことはありません。借金や債務ばかり残していたような場合はこれらを相続しなくてはならない、というのは何とも理不尽な話です。

 そこで民法で相続人は被相続人の財産、もしくは債務を承認・放棄するか自由に選べるように決められています。

種類 内容 期間
限定承認 プラスとなる財産の範囲内で債務を引き継ぐ 相続が発覚してから3ヶ月以内に家庭裁判所に申告
単純承認 プラスとなる財産、マイナスとなる債務のいずれも全て引き継ぐ 相続が発覚してから3ヶ月以上特に何もしなかった場合に認められる
相続放棄 プラスとなる財産とイナスとなる債務のどちらも相続しない 相続が発覚してから3ヶ月以内に家庭裁判所に申告

 

大まかに説明すると以上の3つの中からいずれかを選択することになります。それでは内容について詳しくチェックしてみましょう。

限定承認

プラスとなる財産よりもマイナスとなる負債の方が大きい場合は相続放棄をすれば良いですが、最終的にどうなるかいまいち分かりづらいことも珍しくありません。
 
現金だけなら非常に分かりやすいのですが、むしろそのケースはほとんどありません。多くは持家などの不動産関連、自動車、そのほかにも株などが含まれてくるので実際に査定してみないと分かりづらい部分が大きいです。
 
そのようなとき、相続した債務の中から財産を弁済し、債務が超えてしまった場合はそれに関しては責任は負わない、というのが限定承認となります。もしも財産の方が多かった場合は相続人に帰属する、というものです。ですのでメリットはかなり大きい相続方法だと言えるでしょう。ちなみに、複数の相続人が存在している場合、限定承認に対して1人でも反対する人がいると認められません。ですので、反対者が出たときは相続放棄が最も丸く収まると言われています。

単純承認

単純承認は基本的に「財産から債務を差し引いてプラスになる」と判断した時に利用することが多い「承認」です。例えば、借金は100万円くらいあったけれど、トータルでの財産を見ると200万円近くになる、つまり借金100万円を返済したとしても100万円はプラスで手元に残る、といったときに選ばれます。
 
さらに、こちらは他の承認・放棄とは異なって特に手続きをしなければ自動的に「単純承認」とみなされるため手間が少ないのも特徴のひとつとなります。承認・放棄のことを知らずにいつの間にか単純承認が適用されていた、というケースも多いです。
もしもトータルがプラスになるのなら良いのですが、マイナスになってしまった場合は大きな損となってしまいます。

相続放棄

相続放棄はプラス、マイナスどちらも相続しない、何も残さない、というものです。消費者金融からの借金や多額のクレジットカードの負債がみられる場合は相続放棄を選ぶのがよいでしょう。
 
もしも3ヶ月以内に相続放棄の手続きを家庭裁判所にて行わなかった場合は「単純承認」扱いとなり、全てを相続することになってしまうので早めに行動に移すべきです。
 
もちろん相続人同士が自分たちで「これは相続放棄しようね」と約束したところで何の効力も生まれません。あくまでも家庭裁判所に申告してそれが認められて初めて相続放棄、となるものです。また、相続放棄が認められる前に勝手に財産を処分してしまう、あるいは残されていた財産を隠匿すると、たとえ相続放棄が認められた後でも単純承認した物とみなされ、無効となるので注意が必要です。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。