水道料金を滞納してから水道が止まるまでの流れを調べてみた

公共料金の中でも猶予期間は長い?

他の公共料金同様、水道料金を滞納した場合でも期間によっては水道の供給を止められてしまう恐れがあるので注意しないといけません。ただしほかのライフラインと比較すると、水道の滞納に対しては比較的寛容な所があります。

水は私たちが生きていくために欠かせないものなので、水道を止められるのはその家庭にとっては大きな問題になりうるからです。

水道料金の滞納が確認されると、料金支払いの催促状が届きます。そして自治体によっては、勧告状というものが届けられます。それでも水道料金の支払いの確認できない場合には、給水停止予告書が届きます。給水停止予告書には、いついつまでに支払いを済ませないと給水停止になるといった内容が書かれています。

では滞納をしてから給水停止してしまうまでにどのくらいの期間がかかるかというと、水道局のホームページの情報をもとにすると、納入通知書の納付期限から2か月経過しても支払いの確認できない場合に、給水停止になります。しかし納入期限ですが、引き延ばすことも可能なようです。

水道料金を支払いたいけれども経済的な問題もあって、支払えないというケースもあるはずです。その場合には、水道局に連絡をしてください。そうすると期限を2週間くらい猶予してもらえるとか、分納で料金を支払うといった解決策を提示されることがあります。

ちなみに水道料金を滞納した場合に、延滞金が発生するかどうかは自治体によって対応は異なるようです。発生する所もあれば、発生しない所もあります。ですからもし滞納してしまった場合には、延滞金が発生するかどうかも地域の水道局に問い合わせをしておいた方がいいです。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*