税金滞納したら差し押さえが来るので注意が必要

税金滞納から差し押さえまでどのくらいの期間がかかる?

納税をするというのは憲法にも規定されている国民の義務です。もし納税通知書に記載されている納期限までに税金を納めないと、税金滞納が発生してしまいます。税金滞納が発生した場合、まずは督促状が来ます。

一般的には納期限が経過して20日後に督促状が送付されます。
督促状を発送してからきちんと税金を納めたのであれば、問題はありません。しかし納期限を経過しているので、延滞金も込みで納税をしないといけなくなります。もし督促状を送付しても一切納税へのアクションが見られないというのであれば、差し押さえも可能となります。

督促状送付から差押えまでの期間は、国税徴収法という法律の中に記載されています。国税徴収法の中では、督促状を発した日から10日を経過した段階で、完納されていない場合には滞納者の財産を差し押さえないといけないと明記されています。ただし10日経過したら自動的に差し押さえではなく自主的な納付をお願いするために、文書もしくは口頭で納付の促しが続けられます。

しかし最短で30日ですから、滞納をしてから1ヶ月程度で差し押さえになってしまう恐れはあります。もし督促状を見ていなかったとしても、それは差押えの停止の理由にはなりません。では差し押さえの対象になるものとして、どのようなものがあるでしょうか?預貯金があれば預貯金は差押えの対象になりますし、給与所得者の場合には給与の差し押さえもあり得ます。自営業者の場合には、売掛金を押さえられる可能性があります。

また報酬だけでなく、その人の資産も差し押さえの対象になります。不動産や自動車、貴金属を持っている人は税金充当のため差し押さえられる可能性があります。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>