配偶者貸付で借りる場合におすすめなカードローン会社3選

お金を借りたいけど無収入などで借入ができない!と悩んでいる方も多いと思います。

最近では主婦層の借入の利用が増えていることから、収入の限られている主婦もカードローンを利用するようになりました。でもお金を借りるには審査に通過しなければなりません。

審査に通過するかどうか不安という方が知っておいてほしいのが、配偶者貸付で借りる場合です。

配偶者貸付けの前に

配偶者貸付で借りる場合について考える前に総量規制について調べておきましょう。

総量規制とは借入限度額を年収の3分の1と規制した法律です。つまり借入をするためには収入がなければならないというものです。

専業主婦など無収入の方が借入をすることは、総量規制の対象となっている金融機関ではできないのです。

収入があったとしても主婦であれば収入が少なく、希望する金額を借りられない!ということにもなってしまいます。

総量規制の例外

そこでもうけられたのが配偶者貸付けです。配偶者貸付けが適用されることで、収入が限られている方でも配偶者の収入と合算して借入限度額を決められるようになるのです。

たとえば夫の収入が300万円、妻の収入が60万円とします。配偶者貸付がなければ妻だけの年収の60万円の3分の1となるために、借入限度額は20万円です。

しかし配偶者貸付が適用されることで、夫婦としての収入である360万円の3分の1である120万円が借入限度額となります。

もちろんこの場合は夫妻ともにほかの借入がないケースです。もし、夫がすでに50万円の借入れをしている場合は120万円から50万円を引いた70万円が借入限度額となります。

配偶者貸付の手続き

配偶者貸付けの適用により、収入の少ない方でも多くのお金を借入できるようになります。

しかし配偶者貸付にもデメリットがあります。配偶者の同意書が必要なために、配偶者に秘密での借入はできません。

また夫婦であることを証明するために、住民票や戸籍抄本などの正式な書類が必要です。このように手続き上の面倒が多いのが配偶者貸付です。

これなら夫の名義での借入を行う!という方が多いのも事実ですが、総量規制の緩和処置として設けられているのが配偶者貸付けです。

配偶者貸付で借りれるカードローン

① バンクイック(三菱東京UFJ銀行カードローン)
無収入での配偶者の収入があるのであれば限度30万円以内で申し込みできるローンです。

しかも大手の銀行のローンでかなりの低金利(4.6%~14.6%)で借入できるのもうれしいポイントです。

提携コンビニATMが無料で使えたり、最低借入額が1000円から始まるので、何かと便利なところが多い借入先です。

②楽天銀行スーパーローン
楽天銀行スーパーローンの特徴は、配偶者の同意なしでも申込ができるところです。

配偶者に内緒で借入を行いたいという方におすすめです。WEB上ですべての手続きを完了させることができるので手続きが簡単です。金利も4.9%~14.5%とおさえられているので使いやすいです。

③ セブン銀行カードローン

本人確認書類や収入証明書などを提出せずに使えます。ただし借入の限度額が10万円、30万円、50万円と幅が広いために借入額が低くてもOKな方には使いにくいかもしれません。

ただし50万円という最高限度額をゲットしたいのであればおすすめです。

契約後2ヶ月で増額の申込などもできるためにお金が入用の時などには心強いでしょう。ATM手数料無料、借り入れ額は1000円単位なので、自分らしい借入ができます。

即日借りられるおすすめカードローンはここです。


最短30分の審査で最短1時間で借りられる。学生・パート・アルバイトでもOK!!


30日の無利息期間あり!!最短30分のスピード審査と即日融資。


来店・郵送不要。最短即日借りられる銀行カードローン!!

▼レディースローンNo.1
パート・アルバイトの方もOK!!30日の無利息期間あり!!※
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>